南海トラフ地震はいつ起こるのか?最新予言は?前兆は?津波予想は?確率はいつもはずれ!?

スポンサードリンク






最近、地震の回数が増えてきているのではないかと

 

感じている人もいるかと思います。

 

 

実際に2020年の4月1日から6月30日までに

 

発生した地震の回数は前年度の

 

同じ時期に比べて1.57倍となっています。

 

 

このことについて報じられるとき、

 

 

しばしば南海トラフ地震という

 

 

言葉を耳にすると思います。

 

 

その南海トラフ地震がいつ起きるのか、

 

 

その被害について現在予想されている情報を紹介します。

 

 

 

 

スポンサードリンク






南海トラフ地震とは?いつ来るか?

 

 

 

そもそも南海トラフ地震とは何なのでしょうか。

 

 

それは、これから30年以内に起こるとされている

 

巨大地震のことです。

 

 

 

ちなみにいつから言われているのかというと、

 

2011年の12月末頃からです。

 

いつ来るかいわれてもう

 

10年近く言われ続けています。

 

 

 

気象庁によると、

 

南海トラフというのは

 

 

「駿河湾から遠州灘、熊野灘、

 

紀伊半島の南側の海域及び

 

 

土佐湾を経て日向灘沖までの

 

 

フィリピン海プレート及び

 

ユーラシアプレートが接する

 

海底の溝状の地形を形成する区域」

 

と定義されていました。

 

 

 

 

南海トラフ地震はいつ起きる?

 

 

 

 

政府の地震調査委員会によれば

 

南海トラフ地震が起きる確率は

 

30年以内に70〜80%と言われています。

 

 

 

これは、

 

最新の会議でも変わっていません。

 

 

 

さらに、南海トラフ地震がいつ来るかについては

 

2035±5年に起こると言われています。

 

 

 

これによると、具体的にいつごろ、

 

いつ何時に起こるのかなどは

 

はっきりしていませんが

 

2022年に富士山周辺や駿河湾沿い、

 

 

 

房総半島などに

 

巨大地震が訪れる

 

可能性が高いと予測しました。

 

 

 

以上、紹介したこれらは

 

あくまで予想であり、

 

毎回外れていますから

 

 

 

あてにはできません。

 

いつ起きてもいいように

 

備えておくことか1番です。

 

 

 

 

予想される被害が一番危ない県

 

 

 

 

南海トラフ地震が起きると、

 

静岡県から宮崎県にかけての

 

一帯に大きい震度の地震が発生します。

 

 

 

 

大きいところでは震度7、

 

 

そのほかの広い地域では

 

 

震度6強から6弱程度が予測されています。

 

 

 

津波は、関東地方から

 

 

九州地方にかけての

 

 

太平洋沿いの地域で

 

10m超が予測されています。

 

 

 

 

この南海トラフ地震で

 

 

一番危ない県は想定される

 

死者数では静岡県です。

 

 

 

 

しかし、その他にも

 

和歌山県や高知県、

 

 

宮崎県なども

 

 

大きな被害が想定されています。

 

 

 

しかし当然ながらあたりませんからうのみにはできません。

 

 

 

 

 

予言や未来人について

 

 

 

 

スピリチュアリストの江原啓之さんという方は、

 

2020年のキーワードとして

 

 

破綻と崩壊を掲げ、

 

 

江原さんは、

 

地震についても発言されています。

 

東日本大震災が起こる前の年に

 

地震に注意するよう

 

呼びかけていました。

 

 

 

そして、2020年からも

 

地震に注意するようにと発言されています。

 

 

 

 

しかし、2022年に

 

南海トラフ地震が確実に起こる

 

という予言はされていません。

 

さらに2022年以降も南海トラフ地震がいつ頃、

 

いつどこで何時頃といった

 

具体的な情報も出されていません。

 

 

 

 

 

ただし、東日本大震災を的中させた

 

江原さんが

 

注意するべきだと言われているので

 

 

地震への備えは大切です。

 

 

次に未来人についてです。

 

 

それは、2016年に話題となった

 

2062年から来たという未来人です。

 

 

 

 

この未来人は東日本大震災や

 

熊本大地震を的中させたと言われています。

 

 

 

 

また、2062年未来人は

 

南海トラフ地震の起きる日を

 

「IQが150ほどあれば数ヶ月程度で解ける」

 

 

 

という難解な暗号とともに予言した。

 

 

 

そして、ネットショッピングで

 

この暗号が解読された結果

 

2022年7月4日 南海トラフ 逃げてくれ という内容だった。

 

 

 

これは、南海トラフ地震がいつ起きたのか、

 

 

いつ来るのか?いつ起こるのか?を

 

示している予言でした

 

 

 

 

南海トラフ地震がいつ起きてもおかしくない

 

 

 

 

今やいつ南海トラフ地震が起きてもおかしくありません。

 

 

首都直下型地震もです。

 

 

 

そのため、

 

いつ起きてもおかしくないように

 

 

準備しておくといざ来た時に慌てずに行動できます。

 

 

 

 

・避難経路を確認しておく

 

 

地震の時に最も大切と言っても

 

過言ではないのが速やかな避難です。

 

 

 

特に巨大地震となると

 

津波の高さも高くなるので、

 

 

 

標高の高いところに

 

逃げることが重要になってきます。

 

 

 

そのため、日頃から

 

標高が高い場所への

 

最短経路を確保しておくことが大切です。

 

 

 

 

・食料や飲料を貯蓄しておく

 

 

家の中に置いておくものとして、

 

1週間分の食料や飲料が望ましいとされています。

 

 

 

その他にも

 

日常で使うティッシュや

 

ろうそくなども

 

用意しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

・非常用持ち出し袋またはバッグの準備

 

 

非常時に持っていくものを

 

決めていると

 

避難が遅れてしまいます。

 

なので、事前に持っていくものをバッグにつめ、

 

 

いつでも持ち出せる状態にしておきましょう。

 

 

 

 

 

・家具の置き方を工夫する

 

 

 

地震時の死因として多いのが

 

家具などによる圧死です。

 

 

そうならないためにも

 

 

倒れやすいものの

 

配置や転倒防止のための

 

 

 

処置を施しておくと災害時でも安全です。