内定式はいつから?ネイル、メール、髪色、服装などポイントの紹介

スポンサードリンク






内定式は社会人に向けた第一歩です。

就職活動が終わって一段落した頃開催されます。

内定式の内容や開催時期などを紹介していきます。

また内定式の流れや

事前ポイントも紹介します。

 

スポンサードリンク






内定式はいつから?何をするの?

企業から内々定をもらい就活を終えた後に

「内定式」の案内が

届く人も多いのでしょうか。

 

内定式とはどんなことをするのでしょうか。

開催はいつなのでしょうか。

 

 

<内定式とは>

企業が内々定を出した学生に対して、

正式に内定を通知する為に行う式典です。

 

 

学生が企業から

 

「採用通知」を受け取り、

 

「入社承諾書」

を提出することで

お互いの意思を確認し、

 

労働契約が成立した状態を

 

『内定』と言います。

 

「採用通知」には、

 

労働条件や内定を取り消す場合の

 

取り消し事由などが

 

記載されており、

 

多くの企業が

内定式で学生に交付しています。

 

 

<内定式の開催はいつから?>

いつ頃なのかはほとんどの企業が

 

10月1日以降に内定式を行います。

本来内定式は企業が自由に決められます。

 

一般的には

 

経団連が倫理憲章で定められた

内定解禁日である

10月1日以降に行われることが多いです。

 

採用枠が埋まっていない場合や

 

準備をしていないなどの理由で

 

もっと遅い時期に内定式が行われる

場合が有ります。

 

※コスト削減などの理由で内定式をしない企業もあります。

 

 

 

<内定式の内容>

 

企業の内定式には3つの目的があります。

目的を理解しておきましょう。

 

 

①会社のことを知ってもらう

 

内定者が会社の情報を知る方法は、

ホームページや、

会社案内、

試験や面接など限られています。

 

その為

実際に働くまで

不安な方は多いはずです。

この内定式は内定者に、

 

より会社を知って貰うことが目的です。

 

中には内定者の中でも

 

内定式の内容で

内定を辞退する人もいるので

企業にとっても

重要なイベントとなります。

 

 

 

②入社意志の確認をする

 

会社は、採用計画を作成し、

 

採用活動を行っています。

 

これは決められている計画ではなく

 

会社のために必要な人材を

採用する計画です。

 

会社側が内定を出しても

 

突然の辞退が続くと

 

人員計画が狂い、

 

最悪の場合

 

その人員計画が破綻してしまいます。

 

その為に内定式では

 

本当に入社してくれるかの

 

意志の最終確認をする

 

重大な目的があります。

 

 

③社員同士の顔合わせ

 

内定式では採用された方と

 

対面する場になります。

 

新入社員同士だけでなく

 

先輩社員の方との顔合わせの

場でもあります。

 

内定式に参加している先輩社員の方は、

 

同じ部署の方とは

限りませんが

 

会社のことなど

 

気になることがあれば、

 

この機会に聞いてみることが出来ます。

 

 

内定式の流れ。何時まで?

 

内定式では、どんなことをするのでしょうか。

 

式の流れについて紹介します。

 

 

①社長や会社役員の挨拶

 

ここでは会社の目標やビジョンや

経営理念だけでなく、

 

どの様な社員になって欲しいか

 

具体的な話を聞くことが出来ます。

 

会社の目的をきちんと理解し、

 

社員全員が同じ方向に向かっていく事で

 

会社は強くなっていきます。

 

また入社後に上司から

 

内定式での話について

 

指摘されない様に

しっかりと聞いておきましょう。

 

 

②内定証書授与

 

内定証書とは、

採用試験に合格した証明書のことです。

 

会社によって異なりますが、

 

ほとんどの場合、

 

内定式で授与されます。

 

一人一人に

 

社長自ら渡すことが多いですが

内定者が多い場合、

 

代表者いまとめて

 

渡す場合が有ります。

 

 

③内定者紹介

 

会社によって異なりますが、

 

内定者一人一人自己紹介してもらう会社があるようです。

 

自己紹介は、

自分の名前と出身地、

出身大学を伝え、

 

入社後の

 

豊富と熱意を

一言で伝えましょう。

 

自己紹介する時は

緊張するかもしれませんが

 

ハキハキと話しましょう。

 

 

 

④内定者の懇親会

 

懇親会の目的は

・内定者同士や既存の社員の方と親睦を深めるため

・企業理解を深める

・内定者同士や既存の社員とコミュニケーションを図る

 

主にこの3つが目的で、

 

懇親会をすることで

 

内定辞退の防止を図っています。

 

 

以上が流れになります。

何時までかですが

内定式は上記の①~③までで時間は、

 

1~2時間程度です。

 

その後懇親会となります。

 

 

服装や髪型・髪色など内定式の事前に準備しておく事

 

内定式の内容や流れが分かったところで

 

事前準備について紹介します。

 

 

①服装や髪形・髪色・ネイルなど身だしなみを整える

 

面接時はいつもきちんと

身だしなみを整えていても、

 

内定式できちんとしておかないと

意味がありません。

 

会社側の印象がダウンしますので

 

マナーと身だしなみを整えて

式に参加しましょう。

 

服装は、

 

会社側から指定が無くても

スーツで行くようにしましょう。

 

髪型についても

 

派手な髪型はやめましょう。

髪の色も同様です。

 

 

②ビジネス用語やビジネスマナーを学習しておこう

 

社会に出ると

これまで使わなかった言葉が飛び交います。

 

基本的なビジネス用語は覚えておきましょう。

 

また食事会などで

お酒の席もあります。

 

「お酒の注ぎ方」など覚えておいた方が良いでしょう。

 

ビジネス用語やビジネスマナーなどは

ネット動画などで

学習できるので

内定式まで学んでおきましょう。

 

 

③会社の事業だけでなく他社の情報も知っておく

 

面接時に情報収集はしていると思いますが

再度入社する会社の情報は

 

確認しておきましょう。

 

更に他社の

 

競合会社も調べておくと良いでしょう。

 

この様に情報収集しておくと

 

懇親会や食事会の時など

 

自然とスラスラ言えたりすると

 

周りからの評価も

違ったものになるでしょう。

 

 

内定式は、

 

就職活動が終わりひと段落して始まります。

 

ほとんどの会社では

10月1以降に開催されますが、

 

場合によっては

 

もっと遅く開催される場合が有ります。

 

最近ではコスト削減で

 

内定しない会社もあるようです。

 

内定式の内容は、

 

社長や会社役員の挨拶から始まり、

 

内定者の自己紹介で

 

終わることがほとんどです。

 

式の時間は1~2時間程度です。

 

会社によっては内定式の後に

 

懇親会を開催する会社があるようです。

 

 

懇親会での酒の席では

 

振る舞いには注意しましょう。

 

振る舞いがひどいと

最悪の場合内定取り消しとなります。

 

 

 

内定式について分かったら、

 

事前準備が必要です。

何時までにいけばいいのかを確かめる。

服装や髪形など身だしなみを整えておきましょう。

髪の色も派手な色は控えましょう。

 

面接時に会社の情報や競合他社の情報など知っておくと、

 

懇親会や食事会の時に

 

スラスラいえると

 

周りの評価が違ってきます。

 

後はビジネス用語と

 

ビジネスマナーを

 

事前に学習し

 

懇親会などで

 

恥をかかないようにしましょう。