フランスに移住した日本人が後悔する理由をブログで公開。移住条件や仕事を探す方法は?

スポンサードリンク






 

憧れのフランスに移住したが

「後悔している」という声を耳にした。

 

多くの日本人が住みたがるフランスだけに

意外に感じる人もいるが・・・個人的には

予想通りだった(笑)。

 

 

ではなぜ、彼らは

フランスに住んで後悔するのか?

 

 

フランスに移住した日本人が後悔する現実。住むデメリットは?移住条件やビザがネック?

 

スポンサードリンク

 

観光地としての人気から、移住希望者も多いフランス。

 

ただし当然、たまに旅行で行くのと

現地で長期間生活するのは全く別物だ。

 

移住者が後悔する理由は、大きく分けると

フランス生活になじめないこと、また現地での仕事の点。

 

 

まず前者だが、ご存じの通り

現地では「フランス語は話せて当然」という人が多い。

 

英語以外に日常会話レベルのフランス語が

できたほうが、現地生活はずっと快適になる。

 

 

優雅なイメージの強いフランス。

 

特にパリは憧れの街だが、現地に住むなら

先入観であまり期待しすぎないこと。

 

治安面でも、テロが起きたことは記録に新しい。

 

 

またパリの街が意外と汚いことは

行ったあなたなら知っている。

 

南部出身のジュリーもそうだったが、

アンチパリも意外と多い。

 

彼女はむしろ南仏などの田舎を勧めたいと話していた。

いわゆるパリ症候群にならないように心の準備を。

 

 

多くのヨーロッパの国にもれず、税金が高い

フランスは消費税が20%以上。

 

それ以外にも、収入の半分は

他の税金で持っていかれる。

 

 

また主張したいことをうやむやにしない国であり、

ストライキが頻繁に起きることでも知られる。

 

 

何より移住者が後悔しているのが、

現地で収入を得るための仕事の点。

 

 

フランスでの就職を難しくする3つの要素

 

■ビザの問題

 

まずフランスでは、ビザが最長で1年

(ワーキングホリデーの場合)。学生ビザでも2年。

 

現地の企業が就業ビザを出してくれれば

それ以上滞在できるが。

 

ただでさえ現地人でも

就職が厳しいと言われる時代。

 

ビザに限定がある日本人を雇う

積極的な理由が見当たらない。

 

 

■言葉のハンデ

 

さっきも触れたように、

フランスは自国の言葉を優先する国。

 

英語が話せる日本人でも、

フランス語が分からないと厳しい。

 

ましてフランス語を学んでいる日本人でも、

仕事で使えるレベルとなると当然

それ以上を要求される。

 

 

■文化の違い

 

「何か不測の事態が起きるのでは?」

 

そう危惧される遠い国の東洋人である日本人よりも、

やはりフランスの文化を知りつくしている現地の人が

就職で優遇されるのは自然。

 

このフィリピンでもそうだが、現地企業への就職は

現地人を競争相手にすることになり、自ら激しい戦いに

身を投じることになる。

 

 

そして覚えておきたいのは、フランスは

日本以上に学歴社会であるという事実。

 

そう、学歴と職歴がかなり重視されるのだ。

 

 

フランスに移住して仕事を探す方法とは?

 

パリなら、直接掲示板を見に行くことができる。

在仏日本人会の掲示板は有名。

 

またovniと呼ばれるフリーペーパーでも探せる。

 

 

現地企業には、日本と同様に履歴書を郵送するか、

直接手渡し。

 

後者については日本では一般的ではないが、

意外と効果がある方法として知られている。

 

ちょうど人材を探しているオーナーであれば、

目の前にいるあなたを直接雇ってみようかな

と思うこともあるはず。

 

そうなればラッキーだが

もちろん熱意が大切だ。

 

 

ネット上のウェブサイトで探すのも一つ。

 

POLE EMPLOIは、日本でいうハローワークのようなものが

運営しているHP。あと人気なのはmonster。

 

日系の仕事なら、先の在仏日本人会のサイトやハヤクー、

またfacebookのフランス関係のグループでも

就職先の情報交換がされている。

 

今だったら、SNSで現地のフランス人と交流して
仕事を探すのも非現実的な方法ではない。実際
マコちゃんがそれで、パリのラーメン屋の仕事を見つけた(笑)。

 

 

フランス語に自信がないなら、観光客の多いフランスで

日本人を相手にする仕事を選ぶのも一つ。

 

HISなど、日本の旅行代理店も選択肢になる。

 

 

一方、フランスにも和食のレストランは多くあるし、

特にパリだったら料理人の就職は難しくはない。

スポンサードリンク
寿司職人と言うとビザが取りやすいと知り、
現地で仕事に就きながら一度も寿司を握ったことがない
有山のような男もいるが(笑)。

 

フランスには日本人パティシエも多いし、

ジュンも現地でバリバリがんばっている。

 

料理の基礎を知っていて

日本で働いていたことがあれば、就職は可能だ。

 

 

またあなたが美容師や理容師さんなら、

パリでの就職はしやすい。これは

いとこの雄太もそうだった。

 

 

こうした日系以外で働きたいと就職活動を続けていると

現地のイラン人や、イスラム国で揺れているシリア人、

アルジェリア人などのオーナーと接することがある。

 

 

何かと映画などで悪者のように演出されている彼ら(笑)。

なぜ現地のフランス人ではなく日本人を雇うのか?

 

それは言葉や文化の違いがあり、日本人を低賃金で

長時間酷使しても訴えられる危険性が少なく、労働局に

駆け込む日本人はいないだろうと踏んでいるから。

 

 

日本人をいいように使えれば、オーナーにとっては

都合が良い。こうした事実も知っておきたい。

 

 

フランス人と結婚して現地に住む日本人…ブログで後悔をつづる

 

現地人と結婚してフランスに移住したが、

やはり残念な思いをしている日本人も。

 

彼女らがよく、ブログで愚痴を発信している(笑)。

 

 

日本にいた頃、目黒や代官山でよくパーティを開いていた

フランス人仲間。アレックスのようにアフリカ系で

フランス語を話すのは、やはりまだ馴染めなかったが(笑)。

 

彼らを見ていると、やはり特徴が分かる。

 

 

フランス人は当然、日本人ほど時間を守ったりしない。

細かい心配りという点でも、日本人レベルの人は稀。

 

 

現地では、駐車スペースで邪魔な車があると

自分の車の鼻っ面を当てて強引に動かす・・・

 

そんな乱暴な扱いをするというのが都市伝説か事実か、

いまだ確認できていないが(笑)。

 

 

フランス人は、他人はもちろん

結婚相手にも期待しすぎず、やたら干渉しない。

 

フランス人は結婚しても個人主義なので、

パートナーであるあなたに

家計を一切任せるようなことはしない。

 

 

約束よりあえて遅れてくるのは、相手を焦らせたくない

という彼らなりの思いやり(笑)。

 

言い訳が多いところは

フィリピン人と似ている。

 

ただフィリピン人と違うのは、謝らない人が多いところ。

フランス人にとって、謝ることは「負け」を意味する。

 

もし結婚するなら、ケンカが長引かないためにも

これは覚えておきたい(笑)。

 

 

「水の使い方でモメることが多い」とは、

フランス人のオリビエと一緒に住み始めた香ちゃん。

 

彼女は、オリビエはもちろん、フランス人男性に

俺と同じマザコンが多いことを指摘する(笑)。

これも結婚前に知っておこう。

 

 

愛が覚めたら離婚に向かう・・・

 

これは、旦那の経済力にしがみついて

離婚しないケースも多い日本とは違うところだ。

 

 

そもそもフランス人との結婚で問題なのは、

現地で提出する書類や手続きの煩雑さ。

 

 

俺にとってフランス人のイメージと言えば、

大好きだったF1でフェラーリにいたアラン・プロストや

俳優のジャン・レノなど。

 

やはり、アメリカ人とは違う

独特の空気を放っている。

 

 

フランスに移住する条件。快適に暮らすには?

 

まずはフランス人の友達をSNSでつくり、

彼らの気質を知ることから始めよう。

 

日本に滞在しているフランス人も多いので、

都市部なら国際交流会で出会うのは難しくない。

 

 

そして、現地の就職状況に振り回されない安定収入。

これには場所を問わないオンラインでの収入を持つことを

すすめたい。

 

リモートワークやクラウドソーシング、

ブログといった情報発信ビジネスを移住前に準備しよう。

 

 

移住の問題を解決できれば、

現地生活はストレスなく楽しいものになる。

 

 

フランスが良いのは、一カ月以上休みを取るのが普通で

快適な気候の中で夏の長期休暇を楽しむことができる点。

 

現地で働くにしても「週35時間以内の労働」というルール、

最長5週間のバケーションは魅力だ。

 

 

また個人主義の分、日本と比較しないスタンスでいれば

かえって気楽で、人間関係の悩みは増幅しない。

 

 

さらに日本と違い、税金が高い分

社会保障がしっかりしている点はいい。

 

教育や医療が無料だったり、失業保険や家族手当も

日本よりずっと高額だ。

 

 

まとめ。フランスに移住するなら、就職も結婚も準備が全て

 

フランス移住を後悔する日本人が多い理由、

そしてその解決策について語ってきたが、いかがだろう。

 

 

フィリピンに移住する前、なぜか

フランス人と結婚した日本人が俺の周りに多かった。

 

彼らもそうだし、フランス料理の修行のために

現地で就職したジュンからも、かなりリアルに

フランス移住生活の実情を聞くことができた。

 

 

皆が口をそろえて言うのは、

完全移住前にしばらくフランスに滞在してみること。

 

合う合わないをしっかり確かめてから日本を離れるのは、

海外移住生活の鉄則と言える。

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)