mriとctとmraの違いは?コンタクトしたままは?銀歯は大丈夫か?音の原因は?

スポンサードリンク
 





体内の状態を見る画像検査には様々なものをがあります。

その中にはmriとctがあり、

 

どちらも大きな筒の中に寝た状態で入るので、

 

閉所恐怖症の人にとっては

 

怖い思いをするかもしれません。

 

見た目は同じようなものですが、

 

今回はその2つの違いや

 

その他の検査との違いについて

 

わかりやすく説明していきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク
 





mriとctの違いは?

 

 

mriとctの違いは?

mriとは簡単に言えば、

 

磁場を利用して

 

 

診断のための画像を撮影する方法です。

 

人の体は様々な元素から成り立っています。

 

元素には原子核が存在し、

 

その原子核が磁石の作用を受けます。

 

磁石の作用を受けると

 

 

それぞれ違う反応を示しますので、

 

 

その違いをコンピュータで解析し、

 

写真にするのがmriです。

 

メリットは、

 

造影剤なしで

 

血管の写真を得られたり、

 

組織間コントラストに優れています。

 

デメリットとしては、

 

 

時間が長かったり、

 

音がうるさかったりします。

 

mriは人体の水分から情報を読み取り、

 

その情報を何回も重ね合わせ、

 

写真にします。

 

 

検査が長いのは、

 

 

人体は70パーセントの水分で構成されており、

 

 

70パーセントの水分から得る

 

情報量が多いためです。

 

 

さらに、撮影する場所により

 

撮影方向や条件を変え、

 

何種類も撮影を行い、

 

 

精度の高いものにするため

 

余計時間がかかってしまうのです。

 

 

音の原因は、

 

 

磁力が発生した時に

 

 

装置に巻いてある

 

コイルを伸ばしたり

 

縮めたりして

 

振動が発生してしまうからです。

 

さらに、磁場を発生させるための

 

スイッチのオンとオフを

 

何回も高速で

 

繰り返すため

 

連続で大きい音が発生するのです。

 

 

 

ctとは別名ctスキャンとも言い、

 

磁場の代わりにx線を利用します。

 

x線管がx線を出しながら体を一周し、

 

 

それを検出器で解析し

 

 

立体画像や断面画像を

 

撮影することができます。

 

メリットは、撮影時間が短く、

 

 

簡単に断層像を得ることができます。

 

 

 

デメリットは、

 

放射線被ばくやmriで

 

脳梗塞がわかることが

 

ctでははっきりわからないなんてこともあります。

 

 

費用は造影か非造影か。

 

脳、整形外科によって異なりますが、

 

どちらも費用​は

 

2万円から5万円台くらいの料金です。

 

 

 

 

mriとctの色のみかた​

 

 

mriとctの違いは色の見方​にもあります。

 

色のみかた​は、

 

mriの場合だと骨のように

 

水素が少ないほど黒色に表示され、

 

 

水や脂肪などのように

 

 

水素が多いほど白色の表示されます。

 

ctの場合だと、

 

 

肺や脂肪などのように

 

柔らかいほど

 

 

黒色に表示され、

 

 

骨のように固いほど

 

 

白色に表示されます。

 

 

 

ctとmriの使い分け​

 

 

 

ctとmriの使い分け​は

 

ctは広い範囲の検査を

 

短時間で行うことができ、

 

どんなに小さい病変でも

 

映し出すことができます。

 

 

つまり、早く撮影ができ、

 

 

胸部ctや頭部外傷などの

 

 

細かい病変を映し出すときに適しています。

 

 

 

mriとは組織分解能が非常に高いです。

 

骨の影響を受けにくく、

 

 

正常組織の濃度差がわかりやすく、

 

 

造影剤なしで

 

 

血管を映し出すときに適しています。

 

 

とはいっても場合によっては

 

使い分けをせずに、

 

両方とも行うところも多いです。

 

 

 

 

mriやct検査時にコンタクトや銀歯は大丈夫か?

 

 

コンタクトしたままで

 

 

検査を受けるのは

 

必ずダメというわけではありませんが、

 

 

お勧めはしません。

 

なぜかというと、

 

 

mriの場合だと

 

 

長時間目を閉じることになりますので、

 

 

水分不足や酸素不足に陥り、

 

 

目のトラブルを引き起こしてしまう

 

可能性があるからです。

 

 

ちなみに、カラコンは

 

酸化鉄や酸化チタンが含まれており、

 

 

mriの磁力が反応して

 

 

正確な診断結果を得られなかったり、

 

最悪事故につながる

 

可能性もあるので絶対NGです。

 

 

 

銀歯は大丈夫かですが、

 

銀歯の場合は、mriを撮るときに

 

金属によって

 

画像が乱れたり

 

磁場によって

 

金属が引き寄せられたり

 

発熱したりすることが起こります。

 

銀歯には磁力のある

 

銀歯と磁力のない銀歯があります。

 

磁力のある銀歯であればだめですが、

 

磁力がない銀歯であれば

 

 

問題はありません。

 

 

 

 

mriとmraの違い

 

 

mriとmraの違いは

 

mriとmraはどちらも

 

脳ドックに含まれており、

 

磁気を利用しますが、

 

少し違うところがあります。

 

mriは脳全体を鮮明で

 

 

かなり細かく撮影し、

 

 

脳梗塞や脳しゅようの大きさや

 

有無、

 

発生場所を検査します。

 

 

それに対し、

 

 

mraは脳の血管を撮影し、

 

くも膜下出血の原因となる

 

脳動脈瘤などが

 

 

あるかないかを調べます。

 

 

 

レントゲンとctの違い

 

 

 

レントゲンとctの違いは

 

両方とも放射線を利用するという点では

 

同じですが、

 

 

ctは撮影部位に対して

 

 

いろいろな方向から

 

 

放射線を放つのに対して、

 

レントゲンは一方向に

 

放射線を放ち、

 

フィルムに画像を焼き付ける検査です。

 

 

今回は、mriやctの違いやその他の検査との違いについて説明しましたが、

 

検査を受ける際は

 

これらのことを頭に入れ、

 

医師の指示やルールに従って

 

検査を行ってください。

 

 

コメント

  1. けい より:

    さんこうになります

テキストのコピーはできません。