ハワイに移住する方法は?条件や現実を直視…失敗したと後悔しないために!

スポンサードリンク






 

日本人の大好きなハワイ。移住する方法を

真剣に模索する人は後を絶たないが、ほとんどの人が挫折する。

 

それには当然、理由がある。

この記事で紹介しよう。

 

 

ハワイに移住する方法。実現には多くの壁が…条件をチェック

スポンサードリンク

 

どんなにハワイが大好きで移住したいと言っても、

その国に長期滞在するためのビザがなければ

住む方法がないのは同じ。

 

日本人のパスポートは世界一たくさんの国に

ビザなしで行ける強力なものだが、ロングステイや

移住となると話は別。

 

 

アメリカは移住が簡単ではない国の一つであり、

様々条件はあるものの、基本的にグリーンカードは抽選で取得。

 

このハワイもアメリカの一部である以上、

条件は同じだ。

 

 

そしてこのビザの問題をクリアして大きな壁になるのが、

現地で続ける仕事。

 

やはり外国人である日本人が、現地のアメリカ人ほど

簡単に良い条件で就職できるはずがない。

 

 

ここは自分のスモールビジネスを持ち、

安定的な日本円の収入を得るのがいい。

 

そのために活用したいのが、インフラの良いハワイでの

オンラインビジネス。物を扱う物販よりも、

ブログやメルマガを使った情報発信ビジネスを勧める。

 

 

ハワイの魅力。移住方法が難しくても住みたい?失敗したと後悔しないために現実も知っておこう

スポンサードリンク

 

ハワイと言えば、最近行く日本人が減ったサイパンや

グアムと異なり、今でも人気の観光地。芸能人が好きなのは

有名だし、一般人にももちろんファンが多い。

 

そしてやはり、観光で行ってこの魅力的な南国の島に惹かれ

ハワイ移住のための具体的な方法を真剣に考える人も。

 

 

このハワイが良いのは、単なる南の島ではなく

都会的な部分もあり、ショッピングやナイトライフが

楽しめるのところ。

 

山と海はとにかく美しいし、

アクティビティも豊富。

 

 

そして英語が不得意な日本人にとって良いのが、

お金をよく使ってくれる日本人観光客が多いこともあり

日本語で対応してくれるお店も少なくない点。

 

英語に自信がないあなたも、

言葉であまり困ることがない。

 

 

俺の身近で最近現地に住み始めたのは、

元仕事仲間の横ちゃん。

 

バックパッカーとしてあちこち周った彼だが、

結局ハワイが一番良かったと言い切る。

 

ただハワイに移住するなら、その現実も

しっかり把握しておく必要がある。

 

 

とにかく、全てが観光地価格で高い。例えば、

本国アメリカ同様タバコは1箱1,000円以上する。

 

現地で働くなら、通勤の際の渋滞のひどさは

アメリカの中でもロサンゼルスの次。

 

日本にはない交通ルール違反で罰金が取られたり、

また銃やドラッグの問題も根深い。

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)