蒙古襞がある人?ない?芸能人は?

スポンサードリンク






スポンサードリンク






蒙古襞(モウコヒダ)とは、目頭から目じりにかけて

かぶさっている

ひだになった

皮膚のことで、

日本人で蒙古襞がある割合は約8割です。

目を閉じたときに

目頭のところにかぶさって

見える部分ですね。

ヨーロッパ人やアメリカ人には

この蒙古襞のある人は少ないようです。

この蒙古襞があると、

ヨーロッパの人のような

くっきりとした

平行二重になりにくいという

特徴があります。

ですが、蒙古襞があるけど

二重という人は多くいます。

その場合は

末広型二重、

奥二重になります。

今回は蒙古襞があるのとないのとでどう違うのか、

メリット・デメリットも含めて

わかりやすく解説していきます。

 

 

スポンサードリンク






蒙古襞がある芸能人

日本の芸能人でも、

男女共に蒙古襞がある人が多いです。

 

特徴としては、

 

親しみやすくて

 

やや童顔気味の

 

印象を持った方が多いですね。

実際日本人の8割は

 

蒙古襞がある人なので、

 

芸能人に多いのも

 

不思議な事ではないです。

 

 

女性では、

 

 

広瀬すずさん、

新垣結衣さん、

蒼井優さん、

木村多江さん、

芦田愛菜さん、

伊藤沙莉さん、

松たか子さん、

石原さとみさん、

有村架純さん、

橋本環奈さん、

 

 

と名前を上げると

切りがないですが、

 

みなさん日本人らしくて

かわいらしい顔、

 

 

という印象がありますよね。

 

 

また男性では

 

 

高橋一生さん、

向井理さん、

坂口健太郎さん、

西島秀俊さん、

岩田剛典さん、

増田貴久さん、

伊藤健太郎さん、

横浜流星さん、

 

多数のイケメン俳優がいますね。

 

 

蒙古襞がある人とない人で目元がどう違うのか

 

古襞があっても二重の人が多くいると紹介しましたが、

では蒙古襞がある人とない人でどう違うのか、

説明していきます。

 

蒙古襞がある人は

 

日本を含むアジア系、

 

特にモンゴル系の人種に多いのですが、

 

蒙古襞の無い人と比べると

 

やや目が小さく見えがちです。

 

二重の人でも

 

蒙古襞があることで

 

目頭の皮膚が

 

二重の部分にかぶってしまうためです。

 

 

ただ、蒙古襞があるのに

 

パッチリ二重という人もいます。

 

その場合は「末広型」と呼ばれます。

 

他に日本人に多い二重は

 

奥二重です。

蒙古襞がないから

 

くっきり二重の美人、

 

蒙古襞があるからそうでない、

 

ということではありません。

 

自分の目には

 

蒙古襞があるのかないのか

 

分からないという人もいます。

 

もちろん他の部分と同じように

 

個人差があるものなので、

 

人によってそのサイズや

 

形もまちまちです。

 

あるかわからないけど

 

どうしても気になるという方は

 

眼科や整形外科で

 

聞いてみても良いでしょう。

 

 

 

日本人の顔立ちのルーツ

 

日本人のルーツは縄文人と弥生人がほとんどです。

体の色々な部分の特徴によって

 

そのルーツが

 

縄文人か弥生人かを

 

調べることが出来ますが、

蒙古襞があるかないかによっても分かります。

蒙古襞がある人のルーツは縄文人です。

 

逆にない人は弥生人ということです。

 

生まれつき蒙古襞の無い日本人は

 

約2割ほどだそうです。

 

あるかないかわからないかたもいらっしゃるでしょう。

 

 

蒙古襞がある理由。あることのメリット

 

アジア系の特にモンゴル系の民族には

 

蒙古襞がある理由がちゃんとあります。

 

大昔のアジア系の民族の祖先は

 

寒冷地や乾燥地帯に住んでいたため、

 

冷気や乾燥、

 

砂から目を保護するために

 

目の周辺の皮膚を

 

発達させたということが判明しています。

 

それが遺伝情報として

 

現代まで伝わっているんですね。

 

 

そんな蒙古襞ですが、

 

見た目にも

 

得をすることがあります。

それは顔全体の

 

印象が若く見えるということです。

 

蒙古襞がある女優さんも、

 

年齢より若く見える人が多いですよね。

 

もちろん女優さんが若く見えるのは

 

蒙古襞のあるなしだけが

 

理由ではないでしょうけど。

 

 

蒙古襞がない目と比べると

 

蒙古襞がある目は丸く、

 

かわいらしく見えます。

 

また、蒙古襞がない人は、

 

目じりに目やにが付いているのが

 

すぐに人から見えてしまう、

 

目じりが乾いて目がいたい、

 

という悩みもあるようです。

 

一重を二重にするには

日本人の内、

 

一重の人と二重の人の割合は

 

一重の人7割、

 

二重の人が3割程です。

 

また蒙古襞がある方がいいのかない方がいいのか、

あるとないかは

 

見た目は個人の好みももちろんありますし

 

それぞれに悩みもあります。

 

今の自分の見た目が嫌なので

 

自分の理想の顔に近づけて、

 

生き方を変えたい、

 

新しいことに挑戦したい、

 

という方は多くいます。

 

一重を二重にするには

 

美容整形するしか方法はありません。

 

昔と違って

 

最近は美容整形も一般的になってきました。

韓国アイドルの多くは

 

整形しているという話もよく聞きますね。

 

一重を二重にする手術には、

 

大きくは切開と埋没という方法があります。

切開は部分切開、

 

全切開とありますが、

 

まぶたの一部を切除するため、

 

手術自体も術後の腫れに対する

 

ケア(ダウンタイム)も時間がかかります。

 

蒙古襞がある人が

 

埋没法で手術を行った場合と

 

切開による手術を行った場合の違いについて紹介します。

 

 

 

費用

ダウンタイム

埋没

50,000300,000

5日~1週間

小切開

200,000500,000

10日~2週間

全切開

200,000500,000

10日~2週間

 

 

手術にかかる金額はかなり幅がありますが、

 

やはりどこのクリニックも金額は大きいです。

手術方法、

金額、

術後の注意等について、

 

自分の理想とする

 

二重の形と合わせて

 

しっかりと時間をかけて

 

よく相談して依頼しましょう。

埋没法は「プチ整形」とも呼ばれており、

 

時間経過によって元に戻すことも可能です。

 

切開法はその名の通り

 

まぶたを切開するため

 

元に戻すことは不可能です。

 

そのため半永久的に

 

二重にすることが可能です。

 

 

まとめ

 

蒙古襞について解説してきました。

蒙古襞とは元々は

 

大昔に私たちの祖先の目を

 

保護するためにあったものでした。

それが遺伝によって

 

現代まで伝わっているんですね。

 

蒙古襞のあるなしによって

 

目元の見た目は

 

二重の形に影響するものですが、

日本人らしいかわいらしく

 

丸みを帯びた

 

見た目にもなるものでもあります。

また日本人の8割は

 

生まれつき蒙古襞があります。

蒙古襞のない日本人もいます。

私は蒙古襞のあるなしは

 

そこまで気にするものでは無いと思います。

それが理由で付き合いに影響があるのなら

それまでの相手です。

恋人、結婚相手、婚約者、

いい出会いはどこにでもあります。

 

とは言え現在では

 

美容整形も一般的になってきました。

 

理想の見た目を手に入れられる反面、

 

違和感が残ったり、

その後のケアに手間がかかってしまう

 

リスクがある場合もあります。

 

美容整形を行う際には

 

しっかりと情報を集めて、

 

よく相談を行った上で行いましょう。