マレーシアに移住、仕事は50歳以上でもある?仕事をする50代や40代、30代の看護師…家族(子連れ)での移住に必要な条件(移住条件)は?仕事は日本語だけでも求人はある?費用(初期費用)や海外移住(マレーシア向け)のサポート、メリットやデメリット、税金や老後の病院、コンドミニアムなど物件やビザなど失敗したと後悔しないための情報をブログで紹介!

スポンサードリンク


 

マレーシアへ移住する人が若い世代でも増えている。

 

しかし、仕事は何があるのか、日本語だけでも大丈夫なのか、

移住する際に必要な書類をどのように準備するのかなどを

どのくらい知っているだろうか。それらをここでみていこう。

 

 

スポンサードリンク

マレーシアに移住して仕事…40代で日本語のみも可能?30代なら?

 

 

マレーシアへの移住はテレビでも時折取り上げられている。

もともとマレーシアへの移住は仕事を定年退職した日本人に人気があったのだが、

現在では定年後の世代だけでなく、40代や30代にも移住者が多くなっている。

 

マレーシアへの移住と仕事について特集したボンビーガールという

バラエティ番組があるが、この番組では若い出演者が実際に

マレーシアへ移住するところが特集された。

 

しかし、ボンビーガールでの海外移住ではデメリット

あまり取り上げられていないため、本当に番組で取り上げられたような

生活が自分もできるのかと不安になる。

 

 

実際にマレーシアへ移住すると仕事家族はどうなるのか

日本語のみで仕事に就けるのか。これらの答えというとマレーシアでは英語不問

日本語のみで仕事することは可能だ。

 

日本語のみでは当然ながら仕事内容は限定されてしまうものの、

英語ができなくても仕事に就くことができるため、

選り好みしなければマレーシアで仕事することができる。

 

このため、マレーシア移住で仕事探しに資格はなくても大丈夫である。

ただ、英語ができたり看護師などの医療系の資格を持つなど、

 

何かひとつでも仕事に活かせる能力があるほうが

移住後の仕事探しの幅が広がるので、英語ができるほうがいい。

そのほうが経験上より多くの人と交流できるのだ。

 

また、マレーシアは仮想通貨への課税が日本よりも低いことで知られている。

仮想通貨の取引をしている人の中には、

 

マレーシアへ移住し税金を納めることで仮想通貨取引で

利益を上げるという選択をしている人も一定数いるのだ。

 

特にマレーシアの東に位置するラブアン島で法人を作る

毎年一定額しか課税されないため、とても有効な節税方法になる。

 

もちろんクリアしなければいけない条件はあるが、

マレーシアは仮想通貨取引をしている人にとって魅力的な移住先のひとつなのだ。

 

 

海外移住したい…マレーシアへの移住のサポートはどこへお願いする?

 

 

実際にマレーシアへ移住する際にビザの発行代行業者

サポートを頼むこともある。

自分で取得するよりも代行業者へ頼むほうが楽なのだ。

 

代行業者に依頼するとかかる費用はだいたい15~20万円くらいなのだが、

代行業者を選ぶときに気を付けなければいけない点がある。

それはマレーシア政府からの許認可を受けた代行業者かどうかということだ。

 

許認可を受けた業者かどうかは英語表記だが

マレーシア政府観光局のホームページに記載されているので、

利用する際にはしっかりと確認することをおすすめする。

 

業者の中には現地にスタッフがいる「トラベルイノベーションジャパン」や

「Tropical Resort Lifestyle」という業者があり、

ビザの発行代行だけでなく現地でのサポートもしてくれるほか、

 

家族での移住にも対応してくれるので、

代行業者を選択する際に検討するといい。

 

なお、ビザの申請をする際には50代未満と50代以上では

条件が異なってくるので、申請前にしっかりと調べ準備しておかないといけない。

 

 

ビザの申請が通り家族で移住した場合、

現地で代行業者によるサポートを受けることも可能だが、

実際にどのような生活をするのか。

 

せっかくマレーシアへ移住しても楽しくなければ移住する意味はない。

自分の家族構成や将来設計に一致する地域や住居を

十分にリサーチしてから移住しなければ後悔する。

 

また、子供がいる場合は学校に通わせないといけないが、

現地の学校へはマレーシア国籍を持っていないと入学できない。

 

国籍を取得すれば入学できるが、

日本から移住した場合は基本的に日本人学校か

インターナショナルスクールのどちらかに通学することになる。

 

ただし、年度が固定されている日本と異なり

年度の開始や学期が2学期制か3学期制かが、学校により異なっているので、

資料を取り寄せるなどして事前に確認することが必要である。

 

その他、子連れでどのようにマレーシアで生活しているのかは

実際にマレーシアへ子連れで移住した人のブログ

 

「40代セミリタイアしてマレーシア移住ブログ」で

どのように生活しているのかを参考にするといい。

(トラベルイノベーションジャパン http://ti-j.co.jp/business/mm2h.html

 

(Tropical Resort Lifestyle http://www.tpcl.jp/index.html

(40代セミリタイアしてマレーシア移住ブログ https://masaki.noarika.com/

 

 

まとめ

 

 

マレーシアでは日本語しかできなくても仕事をすることができる。

しかし、何かしらの資格を持っているほうが幅が広がるうえ、

家族で移住する際にはより稼ぐことができる。

 

ビザの申請も含め移住してどのように生活するのかを準備してから移住しよう。

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント