マスクを手作りしたい!作り方と手作りマスクの効果は?大人用、子供用、不織布など、型紙は必要?簡単に立体マスクを作りたいし、生地やプリーツ、キッチンペーパーなど、作り方を大公開

スポンサードリンク
 





 

風邪予防や花粉症対策など、

 

マスクを利用する時って一年でたくさんありますよね。

 

だけどもマスクは1回ぽっきりの使いきりで、

 

なんだかもったいない‥と思う人もいるはずです。

 

また、マスクが品薄で購入できない場合もあります。

 

 

 

そんな時は、マスクを手作りしてしまいましょう!

 

 

 

スポンサードリンク
 





マスクの手作りって作り方が分からない!効果や型紙など、簡単な作り方と立体、大人用、子供用、ワイヤー入りなど手作りマスクを全て知る

 

 

 

 

手作りマスクの効果は、保湿効果と飛沫や接触感染の防止などです。

 

花粉が飛んできた場合は、

 

 

手作りマスクを通り越して

 

花粉が体に入ってくる可能性があります。

 

 

 

また、手作りマスクをしているから

 

安心とは言えず、

 

ある程度は予防できると考えるのが良しです。

 

 

そして型紙はなしでも

 

簡単に作れるマスクはありますが、

 

 

立体的なマスクを作るためには型紙は必要です。

 

 

 

また、型紙があってもなくても、

 

 

大人用マスクと子供用マスクは作り方が一緒なので、

 

 

大きさを変えれば作れます。

 

 

また、鼻の位置にワイヤーを入れる事もできます。

 

 

 

 

 

マスクを手作りする作り方と、大人用や子供、不織布を簡単に作る!生地、プリーツ、ワイヤー入りも作る

 

 

 

それでは手作りマスクの作り方を、マスク別に説明していきます。

 

 

 

 

〈大人用と子供用の大きさ〉

 

 

まずは大きさです。

 

市販のマスクでも大きさは商品によって異なります。

Advertisements

 

 

なので絶対にこの大きさ!とは言い切れませんが、

 

 

参考までにある

 

 

一般的なマスク商品の大きさを調べたら、

 

大きさは幅185mm×高さ111mmでした。

 

 

 

また、平面マスク(立体的ではないマスク)を手作りした人の情報だと、

 

大人用マスクは横14cm×縦9cmです。

 

 

 

なので、だいたいこのぐらいが

 

 

Advertisements

完成サイズだとイメージして大きさを決めましょう。

 

 

 

子供用マスクだと、

 

 

一般的なマスクが横11cm×縦18cmです。

 

 

また、手作り情報だと

 

横12cm×縦9cmが完成サイズとの事です。

 

 

縦の大きさが違うのは、

 

 

鼻まですっぽり入るか、

 

 

子供でも幼い子か、

 

 

小学生かなどで大きさが違うからです。

 

 

 

うちの子はどのぐらいが良いかな?となれば、

 

 

定規で測って大きさを決めましょう。

 

 

 

 

 

〈生地はどうする?〉

 

 

マスクの生地はWガーゼを使います。ガーゼは通気性が良く、

 

 

柔軟でつけ心地が良いからです。

 

 

市販のガーゼは100均で売っているものでも

 

 

Wガーゼが多いのですが、

 

 

Wかな?と不安なら店員さんに聞いてみましょう。

 

 

 

あとは耳にかけるゴム紐があれば、マスクは作れます。

 

 

 

 

〈不織布のマスクの作り方〉

 

 

不織布は複数の原料を組み合わせて作った布で、

 

 

粒子を通さないメリットがあります。

 

 

使い捨てマスクに利用されるため、

 

 

手作り使い捨てマスクを作るなら

 

 

不織布からマスクを作ります。‥が。

 

 

不織布のマスクの作り方はインターネットで見つかりませんでした。

 

使い捨てマスクを毎日、

 

 

大量に作るのって労力がいるので、

 

手作りマスクはほとんどがガーゼです。

 

 

ただ、不織布バッグなどもあり、

 

 

糸は通るとの事なので、

 

ガーゼマスクと同じように作れるでしょう。

 

 

 

 

 

〈プリーツマスクの作り方〉

 

 

1.布を切ったら、

 

3.5センチ~4センチづつのところで山折にして、

 

プリーツを3~4つ作る

 

 

 

 

2.山折したところの半分ないぐらい(4センチなら1.5センチ)の所で、

 

両端を2センチ縫う

 

 

 

3.プリーツにアイロンをかける

 

 

4.両端にゴム遠し穴を作り、ゴムを入れたら完成

 

 

 

1枚の布でマスクを作る時は布の両端を折り畳み、

 

 

マスクに厚みを持たせます。

 

 

2枚の布をくっ付けてマスクを作る場合は、

 

 

布が厚いので折り畳む必要はなく、

 

ゴム通し口を作るだけでオッケーです。

 

 

 

 

〈ワイヤー入りマスクの作り方〉

 

 

ワイヤー入りは、

 

プリーツマスクの上部に通し穴を作って

 

ワイヤーを入れるだけです。

 

 

プリーツを作ってから

 

ワイヤーを入れても良いですし、

 

 

ワイヤーを入れてからプリーツを作っても良しです。

 

 

 

ワイヤーは使い捨てマスクのワイヤーを利用すれば良く、

 

 

使った後のワイヤー入りマスクがあれば

 

 

それを抜き取って洗い、

 

 

手作りマスクに利用しましょう。

 

 

 

 

マスクを手作り!キッチンペーパーで手作りできる?

 

 

キッチンペーパー、

 

輪ゴム4つ、ホチキスだけでもマスクは作れます。

 

 

 

1.キッチンペーパーを蛇腹に折っていき、細長くする

 

 

2.輪ゴムを2つづつ結ぶ

 

 

3.キッチンペーパーの端を少し折り、輪ゴムを引っかける

 

 

4.引っかけた輪ゴムを折った部分で包み、

 

Advertisements

ホチキスで止める(輪ゴムにホッチキスざ当たると、輪ゴムが切れるので注意!

 

ホッチキスの先が肌に当たると痛いので、

 

先が外側に来るように止める)

 

 

 

 

キッチンペーパーマスクは見た目が悪いですし、

 

 

保湿性や機能面では

 

一般的なマスクより質は下がります。

 

 

ただ、自分の咳からの

 

 

飛沫感染を防ぐ効果は期待できるとの事です。

 

 

コメント

  1. よsえそ より:

    ありがとうございます

テキストのコピーはできません。