ライアーライアーのあらすじ、ネタバレ、主題歌、結末、映画の感想、漫画

スポンサードリンク
 





金田一蓮十郎先生による少女漫画作品であり、

地味系女子大生と

学校でもかなりモテる

義理の弟が織りなす恋愛物語。

爽やかで

イケメンな

義理の弟を松村北斗が、

JKに変装した

地味系女子大生を

森七菜が演じることによって

実写化もしました。

 

そこで今回は、その実写化した映画を

 

• ライアーライアーのあらすじ
• ライアーライアーの結末
• ライアーライアー・映画の見どころ
• ライアーライアー・映画のまとめ

 

に分けて紹介していきます。

 

 

ネタバレになるので注意してください。

ちなみに、同じタイトルで

久追遥希先生のラノベもありますが、

それとは全然違います。

 

 

スポンサードリンク
 





ライアーライアーのあらすじ

 

両親の再婚により、

義理の弟ができた

地味な

女子大生 高槻湊。

 

中学生のころからかなりモテていた

義理の弟 高槻透と

同居することになり、

Advertisements

周りの女の子からは

嫉妬の目を向けられる毎日を過ごす。

その義理の弟 透は女癖がとても悪く、

自分の気に入った女の子には

とにかく手を出すほどだった。

 

 

ある日、

湊の友達である

真樹の誘いにより、

 

高校の制服を着て街に出る。

 

そこで湊は透に遭遇してしまい、

 

女子高生に変貌した

湊であると気づかず、

 

猛烈なアプローチを繰り返します。

 

少々困惑した湊は、

ここで透の女癖の悪さを

矯正させるため、

自らを

「野口みな」

という名前を偽り、

 

透からの告白を受け入れる羽目に。

 

 

その後も、

 

みなが湊であると

気づかないまま

デートを重ね、

 

透からの愛は

 

段々と強くなってくる。

最終的に

 

キスまで行きそうになるもみなは

 

必死に抵抗。

 

そこで透は

一人暮らしをし始めると

 

突拍子もないことを言い出し、

 

みなを部屋へと連れていく。

何故か

部屋にいた

 

透の友人 桂を追い出し、

みなを招きます。

 

部屋に入ってからも

素直な愛情表現に、

 

透との関係に段々前向きになってくるも、

 

後日烏丸にも告白される。

 

烏丸に告白されたことで

 

透との別れを切り出したみなは、

 

親がエクアドルに

転勤することになったと

嘘をつき、

透と別れることになる。

 

晴れて

烏丸との交際関係が

スタートかと思いきや、

 

自分の気持ちの整理が追いつかないのと、

 

モヤモヤ感がすごいせいか、

透のことが忘れられない様子。

そのようすに烏丸は気づき、

話を聞こうとします。

しかし、

自分の気持ちに正直になったみなは、

 

烏丸に別れを切り出し、

再びJKの姿に変装し、

透を追うことに。

 

透を追うべく、

 

透のアパートに到着したみなが見たのは、

 

かなり落ち込んでいた透。

 

Advertisements

真実を語り始めるかのように

会話の舵を切った透は、

 

実はみなにそっくりな好きな人がいて、

 

その人は過去に

この世を去ってしまったとのこと。

 

さらにみなの心は複雑になる。

後日、

 

湊、湊の母親、烏丸で

 

食事に行ったときも、

 

湊は烏丸にみなは

湊が変装していたものであると告白するも、

「気持ち悪い」

と告げられ、

去っていく。

 

 

ライアーライアーの結末

 

最終的に、湊(みな)と透は結ばれます。

自分がついてしまった嘘に

反省した湊は、

 

その後、

透にすべてJKみなと

演じてきたのは

湊であったと告白します。

 

それと同時に、

 

透への気持ちも同時に明かします。

 

また、透もみなへの思いを告白します。

 

両想いとなった

 

湊と透は両親に恐る恐る、

 

自分たちの関係を報告する。

 

二人が付き合っていることに、

 

驚きととまどいを隠せないものの、

 

あっさりと二人の関係を認めてしまいます。

 

そして紆余曲折な関係の末、

 

二人は晴れて結婚し、

 

幸せな関係になるのです。

 

 

 

ライアーライアー・映画の見どころ

 

 

湊(みな)が透と付き合ったり別れたり、

烏丸と付き合ったり別れたりと、

関係の相関図が

一瞬ゴチャゴチャしましたが、

 

結果的に

ハッピーエンドを迎えて

見ていて幸せな気分になりました。

 

それと、

 

個人的に烏丸とみなとの別れが

一番印象的だったと思います。

この場面は、

原作では6巻に値します。

同じ趣味で

仲の良かった二人なのに、

 

烏丸の悪いところを

見せるところで

みなと距離を置いていくというのがなんとも切ない。

実写版でも

それがかなり再現されているなと思い、

 

見ていて泣きそうにもなります。

 

さらに漫画では

多数あったキスシーン、

実写版の出演者においても

 

松村北斗と森七菜が

キスをしてしまうのかといったところも

見どころのうちの一つです。

 

 

ライアーライアー・映画のまとめ

 

姉と弟といった、

 

かなり近い関係での

禁断の恋愛物語。

 

現実でも、

周りではあまり見かけない光景。

だからこそ面白い。

仲違いしていた関係が

紆余曲折を重ねながらも、

 

映画の主題歌では、

 

松村北斗が所属するSixRONESの

『僕が僕じゃないみたいだ』

が使われています。

上映会場ではグッズも販売しており、

 

Liar-Liarの文字が入った

ライアーライアーのかわいいデザインの

クリアファイルやボールペン、

トートバッグやキーホルダーも

Advertisements

手に入れることができます。

 

いつまで上映されるかは未定ですが、

色んな人が絡みながらも、

まっすぐな2人の恋愛ストーリーを

どうぞお楽しみください。

 

また、映画では

 

結婚するところで終わってしまったのですが、

漫画だとその先を少しながら

垣間見ることができます。

そこが本当の最終回になるのですが、

試し読みもできるので

気になる人は

覗いてみてはいかがでしょう。

 

テキストのコピーはできません。