海外の生活保護制度って?生活費のランキングや生活のブログ(ヨーロッパ)、必需品や本、仕事について…安いおすすめの国は?

スポンサードリンク






 

海外生活は、身近に経験者がいなければ

想像の外でしかない。

 

 

海外に住むことで、日本では考えられないような様々な

トラブルを生活の中で経験する。

 

それを自分または他人の力を借りながら乗り越えることで、

自信と対処能力が身についてくる。生きていくために

必要なサバイバル能力を習得できるチャンスとも言える。

 

 

この記事では、

海外生活のイメージングを手助けする情報を提供する。

 

 

海外で生活するには仕事やお金?生活費の比較と安いおすすめの国…生活保護や生活保護制度は?

スポンサードリンク

 

当たり前のことだが、海外で生活していくためには、

現地で仕事をしてお金を稼がなければならない

 

 

お金が無いからという理由で海外生活を

最初から諦めてしまう人もいるがそれは勿体ない

 

貯金がゼロでも海外での生活はできると自分は思っている。

 

 

もちろん、全く資金がない状態では飛行機だって乗れないし、

当面の生活費の問題だってある。

 

 

まず、海外で生活するための費用には、飛行機代、居住費、

食費、交通費、通信費、雑費などがある。

 

ここでポイントになるのが、いかに生活費の安い国

選ぶかということ。

 

 

中国やフィリピン、マレーシアなどは物価も安く

生活費が安く抑えられる。

 

海外には生活保護クーポンというものがあり、例えばアメリカでは

低所得者向けの支援サービス「フードスタンプ」が存在する。

 

フードスタンプは、4人家族で月収入が2,500ドル

下回る場合に支給されて、食品購入時に電子カードとして使用できる。

 

 

海外の生活保護の金額を日本と比べた場合、

所得保障水準が日本よりも少ないことが分かる。

 

日本の生活保護の場合、生活扶助費だけで基礎年金額と

同じくらいなのが驚き。

 

日本の生活保護では、外人でも海外ではなく日本にいる限り

同額の金額が支払われる。

 

 

生活保護の不正受給の問題が、海外や日本でもよく取り上げられるが、

全ての問題を把握するのはなかなか難しい

 

以前には、外国人の生活保護者が海外資産を申告せず

隠していたというケースもあった。

 

そこまで日本の役所が調査をするのは困難なのが現状

 

 

海外では生活保護の言葉を英語でwelfareやBenefitsなどと言い、

アメリカでは前者を、イギリスでは後者を使用する。

 

生活保護を受けていても修学旅行で海外に行くことは可能。

小・中学生の場合は、就学援助制度から支給、

高校生の場合は、勤労控除の対象となる。

 

 

日本の生活保護の捕捉率は、

海外と比べると非常に低いことが分かる。

 

これにはいくつか理由があるが、

日本人は生活保護を受けることを

恥として捉えている人が多いことと、制度自体をよく理解していないため。

 

生活保護制度を比較した本について書かれている

ブログを紹介する。下記のURLを参照してほしい。

https://blog.goo.ne.jp/good-tasty/e/1f5128c724ef12c4a239d51515821ddd

 

 

生活保護を受けている人が海外での結婚式に参加する場合、

渡航を認められるのは難しい

 

親族の冠婚葬祭、危篤の場合や墓参りの場合は

2週間以内なら認められる。

 

 

海外で生活…生活必需品をプレゼントするなら食品?アメリカで役立つ便利グッズのリストも紹介。海外留学、生活費の送金はどうやって?

 

海外で生活している人におすすめのプレゼントは、

日本の食品や生活用品、便利グッズなど。

 

日本茶や麦茶、ランチョンマットに和食器など、

現地ではなかなか手に入らないものが喜ばれる。

特に、現地の人には日本の甘味が喜ばれる。

 

 

海外で生活水準の高い国は、フランスやノルウェー、スイスなど。

日本も海外の中では生活水準が高い方で、

他の国から見たら、何でも物が揃っているというイメージがある。

 

 

海外では生活必需品の一部に消費税軽減税率を適用している。

例えば、フランスでは世界三大珍味のフォアグラやトリュフが、

軽減税率の適用になる。

 

消費税軽減税率とは異なるが、アメリカでは同じ商品でも

州ごとに値段が違うなどといった、小売売上税というシステムがある。

 

 

海外で生活費指数が高い国は、シンガポールやパリ、香港など。

 

海外で暮らしている家族に生活費を送金したい場合、

銀行で複数の手続きを済ませる必要がある。

 

 

銀行で海外送金を行うと、その都度5,000円の手数料がかかるのだが、

最近始まったドコモの海外送金サービスでは、一律1,000円で可能に。

スマホやパソコンからでも可能なのがうれしい。

 

 

海外では、生活費などお金の管理の仕方

日本とは異なり、夫婦真逆の国もある。

例えばアメリカでは、夫婦の財布を夫が握っている家庭が多い。

 

 

一方、海外には日本以上に男女平等の意識を持ち、

生活費などの支払いは折半という国もある。

 

ヨーロッパでは共稼ぎが一般的で、

専業主婦という役割はほとんどない

スポンサードリンク

 

 

アメリカなど海外での生活費は日本と比べると高いが、

ホームステイやルームシェアをすれば、英語能力を

身につけながらお金を節約できるメリットもある。

 

 

仕事をリタイアしてから、海外で生活費を抑えながら

暮らしていく方法に人気がある。

 

セミリタイアなどと呼ばれるのだが、マレーシアの国

生活コストが安いため、移住先として人気がある。

 

 

海外に移住した後の年金での生活についてはブログをチェック。ブログ村のランキングではドイツやアメリカが人気?

 

海外に移住した後は、ブログ村の海外生活情報ブログを活用しよう。

 

海外生活での豆知識や覚えておきたいこと、年金での生活についてなど、

様々な役立つ情報が揃っている。

 

 

海外生活のブログは需要があり、

ネット上でライター募集をしているのをよく見かける。

 

海外生活ブログ村にトルコの様子と、

変なおばさんたちとの海外生活について書かれた

ブログが掲載されていておもしろい。

 

 

現時点で、トルコ情報ランキング

OUTポイント順で2位を獲得している。

 

 

海外生活のブログには文章以外にマンガもある。

 

視覚的に海外の様子が分かるのでとてもおすすめ。

 

 

海外生活ブログ村のカリフォルニアランキング1位のブログを紹介。

アバウトな情報科学博士のアメリカ(indigogalさんのブログ)

https://indigogal.exblog.jp/

 

スーパーの様子やファッション店など、現地のお店について

分かりやすく書かれている。

 

 

海外生活ブログ村のイタリアランキング1位を紹介。

 

ローマより愛をこめて (mayumiさんのブログ)

https://romamayumi.exblog.jp/

 

ローマ在住35年の、海外生活のベテラン先輩による

分かりやすいブログ記事。

特に、現地の美術や音楽に関することが書かれている。

 

 

海外生活ブログ村の西部アメリカランキング1位を紹介。

 

Boiのねばネバダ (boi-boiさんのブログ)

https://ameblo.jp/sei-boiboi/

 

子持ちのブログ主による、賑やかな記事となっている。

海外生活の楽しさが伝わってくるおもしろい内容。

 

 

海外生活ブログ村のベトナムランキング1位を紹介。

 

イナカでロックンジュエリー@ベトナムドウカシラ (hanoilifeさんのブログ)

https://hanoilife.exblog.jp/

 

ベトナムの灼熱気候が伝わってくるおもしろいブログ記事。

 

 

海外生活ブログ村のドイツランキング1位を紹介。

 

怠慢主婦 ドイツで同居 (りすさんのブログ)

https://blog.goo.ne.jp/risu-usagi

 

生活や医療のことなど、ドイツの生活レベルを

知ることができるブログとなっている。

 

 

海外生活ブログ村のスイスランキング1位。

 

スイスの街角から (Apfelさんのブログ)

http://blog.livedoor.jp/erdbeere0712/

 

スイスの綺麗な景色を堪能できるブログ。

現地の天気についても書かれているのでとても役立つ。

 

 

海外生活ブログ村のマレーシアランキング1位を紹介。

 

マレーシアの田舎キッチンからこんにちは (emiemiさんのブログ)

https://ameblo.jp/emiismahani/

 

マンガが挿入されているので、飽きずに楽しめるブログ。

マレーシアと日本を行き来する様子も丁寧に書かれている。

 

 

海外生活における料理のブログは、毎日の料理の

参考になるので便利。

 

また、海外生活をこれから始める人にとっても、

現地の食文化を知ることができる有意義なもの。

 

 

シラチャ在住の日本人のブログが、

海外生活の参考になるので読むことをおすすめする。

 

シラチャでは急激に日本人が増えており、日本人居住区の

住宅環境が問題となっている。

 

 

シラチャに限らず、自分が移住したい国の

住宅環境を事前に知っておくことはとても大事。

 

 

海外移住した場合でも、年金は受け取ることは可能。

 

ただし、加入義務や受け取り方法など、

日本とは異なる点があるので注意が必要。

 

年金の加入記録や、ねんきん定期便の転送届の提出など、

色々と下準備をする必要がある。

 

詳しくは、日本年金機構のホームページを参考にするとよい。

 

海外移住した人のブログで、年金に関する情報を得るのもおすすめ。

https://ijuusya.com/ijuu-nenkin.html (伊田武蔵さんのブログ)

 

 

まとめ

 

まずは海外であなたが興味のある国に実際に足を運び、街を歩き、

そこで生活する人と話し、空気感を体で感じる

その旅自体を自然体で楽しむ。

 

その中で心地良さ、違和感、(不思議なことに)懐かしさなど、

あなただけが感じるものがあるはず。

 

 

海外生活そのもの以上に、それを目指す過程で得られる

ものの価値が大きいことに気づくはず。

 

まずは積極的に行動を起こしてみよう

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)