牡蠣小屋名古屋…牡蠣小屋フィーバー?食中毒、松島の牡蠣にあたる?牡蠣が当たるまでの時間は?あたるけど症状が軽い場合【2020年最新】

スポンサードリンク




 

牡蠣小屋名古屋で食中毒なんて話題があるが、

あたった時の辛さは尋常ではない

 

 

腹痛で飲み食いはもちろん、寝ることすらできず

便器と離れられない仲になる(笑)。

 

次第に脱水症状になり、水も飲めなくなると

かなり危険な状態。

 

 

こんなことにならないためにも、自宅で牡蠣を食べるなら

正しい方法で保存と下ごしらえを。

 

おすすめはこちら。

 

↓↓↓牡蠣にあたらないために必須のクックコンテナ

 

 

安全に処理できるのはもちろん、

鮮度を保ったまま美味しく食べることができる。

 

 

毎年9月になると、あぁー牡蠣のおいしい季節が来たなぁーと

思うのは自分だけではないはず。

 

 

ただ、牡蠣は美味しい反面

食中毒のリスクが高いので、正しい知識を持っておこう。

 

この記事で紹介していく。

 

 

スポンサードリンク

牡蠣小屋名古屋!牡蠣小屋フィーバーと食中毒。食べ放題は関西や北海道が人気?東京や大阪など場所ごとに紹介

 

牡蠣を食べたい!となると思い浮かべるのは、食べ放題!

ここで人気のお店、イベントもみておきたい。

 

 

牡蠣と言えば、広島や三重が有名だが

全国どこでもあるので確認しておこう。

 

 

牡蠣食べ放題 広島 : 【八丁堀駅】瀬戸内海のきれいな海水で育った

牡蠣が自慢『かき小屋 さかなや道場 広島立町店

 

 

牡蠣小屋は東京にもある。

 

牡蠣小屋 新橋 : 【新橋駅】産地直送の旬な牡蠣!『かき小屋 新橋

 

牡蠣食べ放題 新橋 :

新橋駅】当日の朝お店に届いた牡蠣をそのまま提供『BONO

 

牡蠣食べ放題 新宿 :

西武新宿駅】スタイリッシュな牡蠣バル『ACORN 真珠軸東宝ビル店

 

 

次に、神奈川。

 

牡蠣小屋 横浜 :

八景島駅】期間限定(11月~3月)でオープンする『海の公園かき小屋

 

牡蠣食べ放題 横浜 :

関内駅】ぷりぷりの牡蠣が食べ放題

『産地直送牡蠣食べ放題 浜の牡蠣小屋 関内本店』

 

 

牡蠣の食べ放題はもちろん大阪にも。

 

牡蠣食べ放題 大阪 :

梅田駅】様々な産地の牡蠣を提供『ウメダステーション オイスターバー

 

牡蠣小屋 大阪 :

天満駅】旬の生牡蠣や焼牡蠣が食べ放題『牡蠣小屋フィーバー1111天満店

 

 

牡蠣食べ放題は愛知もたくさんある。

 

牡蠣食べ放題 名古屋 :

国際センター駅】常連さんでにぎわう立ち飲み牡蠣専門店『かき小屋名古屋

 

牡蠣食べ放題 名古屋 :

大曽根駅】一年中、生牡蠣&焼き牡蠣が食べ放題!

牡蠣小屋フィーバー名古屋大曽根駅店

 

 

牡蠣小屋といえば宮城県

もっと言えば、牡蠣小屋食べ放題と言えば仙台。

 

牡蠣小屋は、広島にも負けない。

牡蠣小屋も食べ放題も、三重にも負けない。

 

 

牡蠣小屋 松島  :

仙石仙松島海岸駅

松島さかな市場の駐車場に併設された『焼がきハウス

 

牡蠣小屋 食べ放題 松島 :

山形駅】三陸直送の牡蠣を食べ放題『三陸直送 松島かき小屋 山形店

 

 

牡蠣小屋のといえば、福岡の糸島も有名。

港ごとに魅力いっぱいの牡蠣小屋食べ放題が数多くある。

 

牡蠣小屋 糸島 :

バス:昭和バス岐志バス停】期間限定牡蠣小屋『みるくがき豊久丸

 

 

その他。

 

牡蠣食べ放題 千葉 :

浜金谷駅】千葉の牡蠣がおいしいお店『海鮮浜焼まるはま

 

牡蠣食べ放題 札幌 :

すすきの駅】牡蠣ガンガン焼きが有名!『なごみや一夜

 

牡蠣小屋 寿都 :

【路線バス美谷漁港下車】元祖かき小屋吉野商店『吉野かき小屋

 

 

松島でも?牡蠣にあたると症状は?移るって本当?軽い頭痛の治療や検査について。栄養(栄養成分表)はどれくらい?食べ過ぎに注意

 

牡蠣は濃厚な旨味から「海のミルク」と言われるが、

実は牡蠣の豊富な栄養成分からも「ミルク」と例えられているのだ。

 

 

その牡蠣、栄養の効能は驚くほどたくさんある。

 

元気の元となる「タウリン」。

タウリンは、牡蠣の栄養の代表格で効果としては、

 

体内の殺菌・消息・解毒の作用をする白血球の働きを手伝うもの。

健康の基本となるものだ。

 

 

また、牡蠣は栄養素の一つとして「グリコーゲン」をたっぷり持っている。

 

体を動かすエネルギーとして欠かせない糖質。

その糖を蓄え、筋肉や臓器に働く。

 

 

医師として有名な野口英世は、

この牡蠣に含まれるグリコーゲンの栄養価を高く評価していた。

 

牡蠣は栄養の中には亜鉛も多く含まれる。

亜鉛は不足すると骨粗しょう症や味覚障害、男性機能の低下があるが、

 

この亜鉛、摂取し過ぎるとめまいや頭痛、発熱や嘔吐も起こしてしまうので、

牡蠣の食べ過ぎには注意しよう。

 

 

さて、牡蠣と心配なのはノロウイルス

牡蠣を始とする二枚貝はどうしても避けられない。

 

このノロウイルスの症状は急性胃腸炎の一種で、

突然始まり激しい腹痛や吐き気に襲われ、

それに伴いおう吐と下痢を繰り返してしまう。

 

熱は、インフルエンザほどの高温ではなく37~38℃

人によっては頭痛もある。

 

 

また、ウイルスであることから、感染者の吐しゃ物や排泄物、

空気を介して他者に移る恐れがあるので気を付けたい。

 

ノロウイルスの治療に特効薬はないが、

それでもノロウイルスが疑われる場合は

二次感染に備えて、またおう吐による脱水症状や誤飲性肺炎などへの

重症化を防ぐためにも、病院でしっかり検査を受けてほしい。

 

 

牡蠣の旬はRのつく月?関西なら5月?

 

牡蠣の旬の時期はいつか?

 

牡蠣の旬はSeptember(9月)からMarch(3月)の

Rのつく月と言われるが…

 

せっかくなので牡蠣は旬の時期のモノで栄養もしっかりとりたい。

牡蠣も旬であればお取り寄せが出来る店も多いからうれしい。

 

 

そういえば…

日本は北から南に長いから、

牡蠣も旬の時期お地域によって違うのではないか?

 

 

では、北から…

 

牡蠣が有名な厚岸の旬は、6月~8月

釜石の牡蠣の旬は、その他の岩手 大槌と一緒で1月、2月と6月~8月

 

牡蠣の旬、松島では釜石の方と同じ1月、2月と6月~8月

牡蠣の旬は宮城県全体で12月~2月頃と6月~8月の2シーズンある。

 

牡蠣の旬、岡山では、主に11月~5月だ。

牡蠣の旬、広島は12月~3月

 

 

全体に見ると、牡蠣の旬は主に秋から冬にかけて多いが、

夏に食べられる地域もあるようだ。

 

大きく分けて真牡蠣は秋から冬

地域によって夏前までおいしく食べられる。

 

岩牡蠣は夏から秋にかけておいしい時期になるといえるだろう。

 

どちらも楽しみたい場合は5月あたりが狙い目か。

 

 

牡蠣(牡蠣鍋)のレシピが人気!1位(クックパッドやためしてガッテン)はソテー?

 

牡蠣好きはもちろん、家でも牡蠣を食べる

ただ、家で食べるときはやっぱり食中毒が心配になる…

 

以前、ためしてガッテンで“安全で、

かつうまみも栄養も最大限に引き出すレシピ”を紹介していた。

 

 

牡蠣を安全に食べるには、

「牡蠣の中心部を85~90℃で90秒以上加熱」すること。

 

そして加熱してもおいしい牡蠣を選ぶこと。

これは黄色っぽい牡蠣を選ぶのが正解。

 

栄養をため込んでいる牡蠣は色が濁って黄ばみがかるんだとか

そしておすすめのレシピは牡蠣鍋。冬なんか特にいい。

 

 

その他にも、人気No.1レシピをクックパッドで見てみる。

牡蠣、レシピと検索したら人気のレシピが出てくる、出てくる。

 

 

牡蠣のレシピ:ホイル焼き

 

ホイルに牡蠣とオリーブオイルと塩・胡椒、おろしにんにくと白ワインを包み、

オーブンで10分弱プリッと焼くだけの速攻レシピ!おつまみに最高。

 

 

牡蠣のレシピ:牡蠣の味噌焼き

 

ホイルに牡蠣と味噌、マヨネーズ、みりんを混ぜたものを入れ包み

オーブンで15分ほど焼く。ネギやキノコ類を一緒に入れてもおいしい!

 

 

牡蠣の人気レシピにはパスタも多く、

オイルパスタやクリームパスタなど

いろいろ合うので色んな食べ方で楽しみたい

 

 

ちなみに自分の一番のおすすめは、牡蠣のソテー

たっぷりのニンニクで香りづけたオリーブオイルに、

片栗粉をかけた牡蠣をカリッとするまでじっくり焼いて出来上がり。

 

これは本当におすすめ。

 

 

まとめ

 

牡蠣好きは自分の周りにも多くいて、おいしいお店を探しては行き、

港の方まで車を走らせては食べる。港に行ったらもちろん食べ放題を。

 

そして毎年誰かが牡蠣にあたったーとか食中毒になったー

とか嘆いている。

 

 

“お腹痛い。もぅ…もぅ

あんなつらい思いはしたくない…

 

牡蠣なんて食べない…無理…”と思うのもつかの間。

なぜかいつの間にか、あぁー牡蠣食べたい…と思ってしまうのが

牡蠣好きの性。

 

おいしいけどリスクのある食べ物、牡蠣

リスクがあるから余計に食べたくなるのか・・・

 

牡蠣が食べたい。

ぷりぷりでジューシーでクリーミーな生牡蠣が食べたい。

 

 

牡蠣好きは一年中牡蠣が食べたい。

 

旬の情報、おいしいお店の情報や食中毒の情報も

いろいろ調べてから万全の状態で食べに行きたいものである。

 

 

PS.

くどいようだが、自宅で牡蠣を食べるなら

正しい方法で下ごしらえを

 

自己流ではなく、こうしたグッズは必須だ。

 

↓↓↓牡蠣にあたらないために必須のクックコンテナ

コメント