コロン島の行き方とアクティビティのおすすめ情報まとめ!1日をフルで楽しむ方法!

スポンサードリンク






 

コロン島は、フィリピンのパラワン州北部カラミアン諸島の島の一つで

アジア最後の秘境とも言われる美しい島。

 

日本ではまだあまり知られていないため、正確な行き方の情報が少ない。

そこで現地在住者が詳細をお届けする。

 

 

コロン島への行き方!空港名は?現地のバスやホテルも紹介

スポンサードリンク

 

コロン島に来るときに降り立つのは、

ブスアンガ島のブスアンガ空港だ。

 

正式名称は、フランシスコ・B・レイエス空港という。

 

実はコロン島は人が滞在するところではなく

すぐ北のブスアンガ島に滞在し、

コロン島を訪れる形になっている。

 

ブスアンガ島のブスアンガ空港から南側をコロン

その中心街をコロンタウンとも言うのでちょっとまぎらわしい。

 

 

マニラまたはセブ島から

ブスアンガ島のブスアンガ空港まで1時間ほど。

マニラのほうが乗り入れている航空会社が多い。

 

マニラからはフェリーもあるので、

時間に余裕があればフェリーを使うのもいいだろう。

 

マニラ、セブでの乗り継ぎをスムーズにしたいときは、

ツアーで予約するといい。

 

 

ブスアンガ空港からホテルへ行くには、

乗り合いバスを利用する。

ホテルの名前を言えばそこまで連れて行ってくれる。

 

 

中心街コロンタウンにはリーズナブルなホテルが多いが、

おすすめしたいのは

 

EI Rio Y Mar Island Resort(http://www.elrioymar.com/)と

クラブパラダイス(https://www.clubparadisepalawan.com/)だ。

 

EI Rio Y Mar Island Resortはブスアンガ島北の海沿い

クラブパラダイスは、ブスアンガ島近くの島にあって

 

どちらもコロンタウンにはないが、

清潔でサービスがよく、空港とホテルの送迎があるので安心だ。

 

 

コロン島のアクティビティならアイランドホッピングかダイビングがおすすめ!

 

アイランドホッピングは、

さまざまな箇所を回りながら

シュノーケリングやダイビングなどが一緒に楽しめるツアーだ。

 

 

アイランドホッピングにはいろいろな種類があるが、

だいたい1日単位になっていて一人で参加可能なものもある。

 

シュノーケリングスポットをまわった後湖でカヌーをしたり、

昼食にバーベキューを楽しめるコースもある。

 

 

マリンスポーツが好きな友人は、

2日続けて違うアイランドホッピングツアーに申し込んだが

十分楽しめたと言っていた。

 

どのツアーも英語のガイドがある。

 

 

インターネットなどで探すと、

パラワン在住の日本人がツアー案内をしてくれるサービスも。

英語ができない人は利用するのも手だ。

 

 

ダイビングでは、第2次世界大戦中に使用された日本軍の沈没船

ラグーンが見られるところに連れて行ってくれるツアーが人気がある。

 

色鮮やかな魚たちや美しいサンゴなども見ることができる。

 

 

コロン島観光の穴場や人気スポットの情報まとめ

 

ブスアンガ島、コロン島周辺には

ジュゴン保護区があり、約20頭のジュゴンが生息している。

このジュゴンに会いに行くジュゴンダイブがお勧めだ。

 

ここのジュゴンは警戒心は強くないため、

かなり近くまで行って見ることができる。

 

 

パラワン島北端の島エルニドもコロン島から近く、

ダイビングやサーフィンにおすすめのところだ。

 

エルニド周辺は海洋保護区に指定されているため、

シュノーケリングでなくても

スポンサードリンク

魚が泳ぐ様子が見えるほど海が透明でサンゴも美しい。

 

 

パラワン島中部の州都プエルトプリンセサには、

世界自然遺産に登録されているところがある。

 

プエルトプリンセサから80kmほどのサバンにある、

アンダーグラウンドリバーだ。

 

全長8.2kmの地下河川のうち

4.3kmをボートで航行することができる。

 

海と地下河川、そして山がつながって

独特の生態系が作られている。

 

 

そこにできた鍾乳洞も、

ボートで移動しながら見ることができる。

 

鍾乳洞内では、音声ガイドで

日本語でも説明を聞くことができる。

 

 

もう一つの世界自然遺産は、

プエルトプリンセサから180kmほど南の

スールー海にあるトゥバタハリーフだ。

 

季節風の影響を受けるため、

3~6月しかダイビングができないが、

ジンベイザメやウミガメなどを見ることができる。

 

 

どの観光もツアーに申し込んでいけるから、

一人旅の人でも安心して参加できる。

 

 

コロン島の天気に注意!計画の立て方

 

フィリピンは6月~11月が雨季、

12月~5月が乾季だ。

 

雨季には晴れる日もあるが、

強い雨による洪水の危険もあるし台風の上陸も増えるから、

コロン島を訪れるなら乾季がいい。

 

3月~5月は真夏で日差しが強いが、

ビーチで過ごすにはちょうどいいくらい。

 

 

アイランドホッピングやダイビングは、

天候や風などの影響を受けて、

予約してもツアーがキャンセルになることもある。

 

友人は乾季の5月にコロン島へ出かけたが、

マニラからブスアンガに行くときに

大雨になり便が欠航になってしまった。

 

1日遅れてブスアンガに入ることになったが、

日程に余裕をもって来ていたから

予定していたツアーに行けたと言っていた。

 

 

1,2日の余裕を持って旅行の計画を立ててもらいたい。

 

 

コロン島のホテル情報(格安~高級ホテル)と予約方法

 

ブスアンガ島とその周辺の島にホテルがあるが、

格安ホテルや中流のホテルなら

ブスアンガ島の中心街コロンタウンに多い。

 

アイランドホッピングを申し込む旅行代理店や土産物店、

レストランが徒歩で行けるくらい近く便利だ。

 

1室2,000円前後~1万ほどで泊まれる。

 

 

1万円以上の高級ホテルは、

コロンタウンから離れたビーチ沿いか離島に多い。

 

食事などに出かけるには時間がかかるが、

部屋から見える海の美しさや波の音に癒される

 

 

さきほどのEI Rio Y Mar Island Resortやクラブパラダイス、

ブスアンガホテルもパラワンを代表する高級ホテルだ。

 

高級ホテルは、スタッフの対応もよく、

アクティビティの手配なども

問題なくしてくれるので安心して過ごせる。

 

 

予約はインターネットのサイトがおすすめだ。

料金の比較もできるし割引があるサイトも多い。

 

アゴダ(Agoda)、エクスペディア、

トリップアドバイザーなど多くのサイトがある。

 

ホテルや予約できるサイトのくわしい情報が、

https://pare-ko.com/coron-hotelsのブログに載せられている。

 

 

まとめ

 

コロン島は海やビーチの美しさはもちろん、

海に生息する生き物や周辺の世界遺産など

雄大な自然が満喫できるすばらしいところ。

 

世界に残るわずかなありのままの自然が体験できるコロン島

行ってみればきっと、アジアの秘境と呼ばれ

フィリピン人がフィリピンで一番美しいと言う理由がわかるはずだ。

 

スポンサードリンク

フィリピン
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)