子犬がごはんを食べない。4ヶ月?仔犬の原因と対処法

スポンサードリンク
 





新しく家族になった子犬にごはんを与える瞬間は、

 

ドキドキとワクワクで一杯になりますよね。

 

2~3ヶ月くらいの元気な子犬であれば食べ盛りですから、

 

一日三回の食事で十分に栄養を摂る必要があります。

 

ところが、なかなかごはんを食べてくれなかったら・・・・・・。

 

体調不良?

 

新しい環境で緊張しているから?

 

等色々と心配ですよね。

 

ここでは、飼ったばかりの子犬が

 

ごはんを食べない代表的な理由を解説していきます。

 

 

スポンサードリンク
 





子犬が病気の場合

 

 

やってきたばかりの子犬がごはんを食べないからといって、

 

 

すぐに病気であると決め付けることはできません。

 

 

初めての環境で

 

 

緊張していては食欲も出ませんし、

 

 

逆にはしゃぎすぎて

 

 

疲れていて

 

 

食べないのかもしれません。

 

 

家に迎えた初日は

 

 

特にだっこしたり

 

可愛がってしまいたくなりますが、

 

 

ぐっと堪えて構いすぎないようにし、

 

 

リラックスさせてあげることに

 

努めたほうがいいですね。

 

 

たくさん残すが一応食べてはいたり、

 

匂いだけは嗅いでいるので

 

 

あれば数日様子を見ても大丈夫でしょう。

 

 

しかし、例えばご飯だけでなく

 

 

水も飲まない・ぐったりしている・

 

下痢をしている、等の

 

 

症状が見られたら

 

 

すぐに病院に行ったほうがいいでしょう。

 

 

2ヶ月くらいの子犬は

 

 

特に体調を崩しやすく、

 

 

飼い主の細かい

 

 

観察やケアが大切です。

 

 

 

子犬のご飯がペットショップで食べていたものと違うから

 

 

こちらも初めての環境で

 

戸惑っているのが原因です。

 

 

無理に家で用意した

 

フードを食べさせるのではなく、

 

 

仔犬を購入したペットショップに

 

 

どんな餌を食べていたかを確認してみましょう。

 

 

しばらくショップと同じ

 

フードを与え続け、

 

 

 

仔犬が新しい環境に慣れてくれば

 

 

飼い主が選んだフードに

 

 

切り替えても大丈夫でしょう。

 

 

また、お腹は空いていても

 

 

餌の匂いや歯ざわり・大きさに

 

 

違和感があると

 

 

戸惑ってしまい食べない子犬もいますので、

 

お湯でふやかして

 

 

食べやすくしてあげるのがおすすめです。

 

 

香りや食感が良くなりますし、

 

 

消化にも優しくなります。

 

 

また、5ヶ月、6ヶ月くらいの

 

 

子犬だと身体が

 

成犬に近づき、

 

 

食事を一日三回から

 

 

二回にして

 

 

一回当たりの量を増やす時期ですが、

 

 

一時的に量を以前のように

 

 

減らしてみてもいいかもしれません。

 

 

フードも成犬用に切り替える時期ですが、

 

いきなり変えなくても

 

 

徐々に新しい

 

 

フードに慣らしていけば大丈夫です。

 

 

子犬のご飯が好き嫌い・美味しくないから

 

 

 

子犬でも、フードの味が気に入らない

 

・ずっと同じ味で

 

飽きたなどの理由で

 

食べなくなることがあります。

 

 

その場合はフードの種類を変えたり、

 

 

何かトッピングをしてあげるのも良いでしょう。

 

ただし、犬種によりますが、

 

 

大体4ヶ月くらいだと

 

 

反抗期に入ってきます。

 

 

その時わざとご飯を食べずに

 

 

飼い主の反応を見ている場合もあります。

 

しばらく放置していれば

 

 

食べることもあるのですが、

 

 

むやみにフードを変えたりすると

 

 

ワガママな犬に育ってしまう

 

可能性があります。

 

毅然とした態度を崩さずに、

 

 

食べなかったら30分ほどで

 

餌を下げて処分する、

 

 

といった方法を試してみましょう。

 

 

「決められた時間にごはんを食べないとなくなっちゃうよ」

 

 

と教えるために、

 

次の食事の時間までは

 

餌を与えないようにします。

 

4ヶ月くらいの子犬だと

 

体重も成犬の半分くらいまで育ち、

 

反抗期も8ヶ月くらいまで

 

続くこともありますが、

 

 

 

根気良くしつけましょう。

 

 

また、おやつのあげすぎや

 

人間の食べ物を与えるなどの行為は、

 

いつものごはんを食べなくなってしまったり

 

食欲不振・体調不良の

 

原因にもなるのでNGです

 

 

 

子犬のご飯の環境が落ち着かない

 

 

餌を食べている部屋で

 

 

騒音などがあるため

 

落ち着いて食べられない、

 

 

使っている食器の感触や

 

見た目が気持ち悪い等の理由で

 

 

食欲不振になっている場合もあります。

 

 

餌を与える環境を

 

変えてみるのも一つの手かもしれません。

 

 

また、寝る時間は十分に取れているか、

 

 

遊ぶ時間は多すぎず少なすぎないか、

 

糞の状態を見て、

 

 

きちんと消化ができているかなど

 

 

よく気を配ってあげるのも大切です。

 

いずれにせよ、

 

 

ごはんを食べない状況が長く続けば、

 

 

特に子犬の場合は簡単に

 

 

低血糖に陥ってしまいますので

 

 

早めに獣医さんに相談しましょう。

 

 

テキストのコピーはできません。