カリマンタン島(ボルネオ島)の地図を紹介!インドネシアの島カリマンタン、赤道の下でトレッキングや観光…ケマラビーチやマングローブ、水上集落を楽しむ!カリマンタン島中部のパランカラヤや工業団地、ビーチリゾート、電力についても紹介

スポンサードリンク






 

カリマンタン島と言えば、インドネシア・マレーシア・

ブルネイ王国という3つの国が所有するユニークな土地・・・

 

実際は7割がインドネシアの所有地であり、

インドネシアのものであるという印象が強いが。

 

意外なことにこのボルネオ島(インドネシア側からの呼び名が

カリマンタン島)は、島という定義でいえば世界で3番目の大きさ。

 

 

今回は、このカリマンタン島について紹介しよう。

 

 

カリマンタン島で、ストレスと無縁の南国生活

スポンサードリンク

 

カリマンタン島の魅力

 

あまり知られていないがカリマンタンは

中東ほどではもちろんないものの、石油の産地となっている島。

ジャングルから採取される木材も、貴重な資源として活用されている。

 

このカリマンタンへのアクセスだが、

やはり日本人に人気のバリ島まで行き

そこから国内線に乗り換える。

 

 

まずカリマンタンには森が多く、自然が豊かなだけで

ネイチャーラバーの俺にとっては楽しい島。

 

ガジュ族を始め、島の原住民が数百種類

そして、人間以外でここに多いのはオランウータン

 

同じサルでも、俺が移住したフィリピンのボホール、

チョコレートヒルズとともに有名なメガネザル

ターシャのほうが見た目はタイプだが(笑)。

 

 

カリマンタン島の東にあるバリクパパンという都市では

ビーチ遊びが楽しめるし、ダイビングならサンガラキ島に行けばいい。

 

リバークルーズを楽しみたいなら、

二階建てのユニークな船が現地に用意されている。

 

緑の中の散策など、命の洗濯をしたい

あなたにこの島はおすすめできる。

 

 

ただし注意点としては、やはり熱帯雨林のジャングルには

俺達の日常生活では想像できないような危険な昆虫や野生動物がウヨウヨ。

当然、現地人もしくは日本人で信頼できるガイドを雇うのをおすすめする。

 

 

ちなみに、イスラム国のようなムスリムの過激派組織による

テロが世界各地で問題になり、イスラム教に対して

イメージの悪い日本人も多いが・・・

 

イスラム教徒のほとんどはもともと、穏やかで平和を愛する人々。

過激派がやたら目立っているが、これは実際はかなり特殊な輩。

 

世界最大のイスラム教徒の国インドネシアに来てみれば、

このことがよく分かる。

 

 

カリマンタン島の地図を紹介!見どころは?

 

カリマンタン島での見どころを紹介していく。

 

まず紹介するのは、バリクパパンから車で約1時間半。

 

熱帯雨林が美しい「バンキライの丘」は、

東カリマンタンの熱帯雨林自然保護区。

人気の理由は、熱帯雨林を見渡せる吊り橋にある。

 

吊り橋まではなかなかの階段を登らなくてはいけないが、

その景色は絶景で、行ってよかったと思える。

 

 

ケマラビーチは、バリクパパン中心地からほど近い場所にあるビーチ。

アクセスの良さから、観光客のみでなく地元の人びとにも愛されている。

 

周辺にはリーズナブルな飲食店などもあり、

バーベキューなどできるスポットがある。

浅瀬で穏やかなビーチで、子供連れも楽しめる

 

 

見たことがある人も多いであろう、水上集落

スポンサードリンク

長い橋に沿って水上に家々が連なっている光景は、とてもユニーク。

 

この水上集落は、バリクパパンの都市管理賞を受賞したことから、

今では外せない人気のスポットだ。

 

 

クランダサンマーケットは、その名の通り市場。

地元の人々が愛用する、伝統的なマーケットだ。

 

海外の市場というと不衛生なイメージが多いと思うのだが、

ここは他と比べると清潔感があり、気になる人でも立ち寄りやすいだろう。

 

現地のローカルな生活をのぞけるので、歩くだけでも楽しめる。

食品だけでなく、雑貨や衣料なども置いていて

お土産などにも良いかもしれない。

 

 

マルゴムリオ・マングローブ林に行ける、

マングローブ林ツアーというのが、人気がある。

インドネシアらしいツアーで、思いっきり自然を感じることができる。

 

歩きながらの森林浴、ゆったりとした時間が流れる。

また、鮮やかな鳥類など知らない自然の生物も

見ることができるのも楽しみのひとつ。

 

 

サンボジャ・レスタリは、オランウータンマレーグマの大規模な保護施設だ。

カリマンタン島のイメージのひとつにオランウータンがついているように、

観光客が訪れることが多いスポット。

 

バリクパパンからは車で2時間ほどだ。

サンボジャ・ロッジという宿泊施設もあるため、泊まることもできる。

 

 

カリマンタン島(ボルネオ島)、赤道の下の観光はレア?楽しめるアクティビティ

 

カリマンタン島ではトレッキング(山歩き)しながら自然を感じるのがおすすめ。

キナバル山という標高4095.2mのふもとにキナバル公園という場所がある。

 

公園本部にはトレッキングを楽しめるような散策ルートがあり、

ここではカリマンタン固有種の植物を集められた植物園があったりと、

散策しながら楽しむことができる。

 

 

陸孤島、ムルにある巨大洞窟郡(グヌンムル国立公園)も魅力だ。

洞窟入口まではトラッキングにて向かう。迫力のある洞窟郡には圧倒される。

 

またカリマンタン島には赤道直下の観光ができる。

アジアの中では、赤道をまたげるのはインドネシアだけ。

カリマンタン島のポンティアナックに赤道のモニュメントがある。

 

ここでは大変レアなのだが、

年に2回、太陽が天頂について、影のない日光ができる。

 

地方住民はホットスポットとされていて

ものの5分間ほどしかない影のない瞬間を楽しむという。

 

 

まとめ

 

インドネシアはいくつも島があり、カリマンタンもそのひとつ。

バリ島などの有名な場所も多くあるが、カリマンタンもこれだけの魅力がある。

 

野性味あふれるような、

ありのままの大自然を大いに感じられるアクティビティがたくさんあるため、

ぜひ観光にはおすすめだ。

 

そういえば、健がカリマンタン島から連絡をくれたのは、

望まない現地への赴任から3週間経った頃だった。

 

スポンサードリンク

海外
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)