筋トレの効果はいつから?女性は?

スポンサードリンク
 





デブを改善するべくダイエットをするために始めた筋トレ、

成果が出ないとモチベーションは下がっていく一方。

 

しかし、筋トレを始めても、

 

一日や二日では筋トレの効果は出ません。

 

また、いくら筋トレをしているとはいえ、

正しいやり方、

 

食事等に気を使わないと

 

効果が出るまでの期間が

さらに伸びてしまいます。

 

そういった背景から、

 

 

筋トレの効果が出始めるのはいつ頃か

 

筋トレの効果を出すための正しい知識

 

 

にわけて、

 

 

筋トレに関する知識を身につけ、

 

頑張って脂肪を燃焼していきましょう。

 

 

 

スポンサードリンク
 





筋トレの効果が出始めるのはいつ頃か

 

 

基本的に3ヶ月。見た目の変化は6ヶ月。

 

筋トレを始めて

 

正しいフォームで行うことができた場合、

 

筋肉ができるまでの期間は

 

およそ3か月と言われています。

 

 

 

すぐには、筋トレの効果がでません。

 

 

もし筋トレを初めてする場合は、

 

 

体を慣らす必要があります。

 

 

筋トレを始めるまで

 

全く使ってこなかった

 

腹筋や背筋、

 

 

腕の筋肉を

 

いきなり使うのですから、

 

体も当然ビックリします。

 

 

筋肉痛も当然起きます。

 

 

しかし別に問題があるわけではありません。

 

 

まだ体が慣れていない状態なのですから。

 

 

そして、徐々に

 

体が筋トレの種目に慣れていき、

 

 

筋肉が付き始めるのです。

 

 

そのサイクルが3か月かかるというわけなのです。

 

 

また、見た目に変化が出てくるのは

 

 

筋トレを始めてから

 

およそ6か月後です。

 

 

3か月を過ぎてくると、

 

徐々に筋肉が肥大化し、

 

お腹が割れたり、

 

腕が太くなったりしていきます。

 

 

筋トレをすると筋肉に負荷がかかり、

 

刺激を受けた箇所は損傷します。

 

 

それを体は修復していくのですが、

 

修復後は以前よりも

 

強い状態で修復される状態になります。

 

 

 

ちなみにそうして

 

 

強くなっていくのに対して、

 

 

体重は減るかというと

 

そういうわけではありません。

 

 

同じ体積で見たときに、

 

筋肉は脂肪よりも重く、

 

 

体重はむしろ増えます。

 

 

なので、体重が逆に

 

増えてしまったからといって

 

落ち込む必要はありません。

 

 

しっかりと行っている証です。

 

 

 

減量を目的にやっている人からは、

 

 

悲しい事実のように

 

見えるかもしれませんが、

 

 

健康的には

 

むしろ改善しているので

 

このまま続けていきましょう。

 

 

 

筋トレの効果は性別(女性・男性)、年代ごとに異なる

 

 

筋トレを始めてからどのくらいでつくのか、

 

どこの筋肉が強化されるかは、

 

 

男性、女性、若い人、高齢者で

 

 

それぞれ異なります。

 

 

まず、男性と女性での

 

違いについてです。

 

 

実を言うと、

 

そこまで期間に大差はありません。

 

 

同じ3か月で

 

男性も女性も

 

筋トレの効果は出てきます。

 

 

 

しかし、見た目を変えるとなると

 

女性は男性の

 

1.5倍は努力を重ねる必要が出てきます。

 

 

 

男性は、女性に比べて

 

上半身の筋肉が付きやすいです。

 

 

なので、腕立て伏せをやっていると

 

男性の方が、

 

効果は早く見られます。

 

 

女性は男性に比べて、

 

 

テストステロンという

 

筋肉発達に欠かせない物質の量が劣るので、

 

 

見た目に関しては差が生じてきます。

 

 

ただ、見えないところで

 

 

筋トレの効果はしっかりと出ていますし、

 

 

むしろ体重の変化に関しては

 

女性の方が分かりやすいので、

 

 

女性の方が

 

筋トレの効果はわかりやすいです。

 

 

 

 

次に年代別についてです。

 

年代別の筋トレの効果で

 

一番大きくかかわってくるのは、

 

骨密度という骨の丈夫さです。

 

 

筋トレをすると、

 

骨が丈夫になり骨密度が増加し、

 

 

その比率に伴って

 

筋トレの効果の出やすさも

 

変わっていきます。

 

 

 

 

一般的に20代がピークと言われ、

 

40代、50代につれ

 

減少していきます。

 

 

 

また、テストステロン値も

 

同時に減っていきます。

 

 

そのため、

 

効果に関しては

 

年代を重ねていくにつれて

 

伸びていきますが、

 

骨の強度を維持するためにも、

 

筋トレの継続は欠かせません。

 

 

 

 

筋トレの効果を出すための正しい知識

 

 

 

筋トレを初めて効果が出るのは基本的に3か月です。

 

 

しかし、もし1年間やって効果を

 

感じない場合、

 

筋トレのやり方、

 

 

筋トレに追随する

 

日常生活に問題があると考えられます。

 

 

 

以下の原因を見て改善していきましょう。

 

 

 

 

しっかりとしたフォームで行うこと

 

 

 

適当なフォームで行ってしまうと、

 

 

筋トレの効果はあまり出ません。

 

 

正しいフォームで行うからこそ効果が出てきます。

 

 

腕立てを100回やったけれど

 

体が沈んでなかったり、

 

 

手の位置がおかしかったりすると効果は出ません。

 

 

 

正しいやり方で10回やった方が、

 

筋トレの効果は倍出ます。

 

 

 

鏡で自分を映し出してみるなりして、

 

 

自分のフォームが正しいか

 

今一度確認すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

なによりまず食事

 

 

健康を維持するために始めた筋トレ。

 

その効果を発揮するためにも、

 

トレのフォームと

 

同じくらい食事のコントロールが重要です。

 

 

 

筋トレを発揮するのに、

 

 

たんぱく質を中心とした

 

 

バランスのよい食事は欠かせません。

 

 

 

せっかく筋トレをしたところで、

 

 

その後の食事がラーメンといった

 

 

脂肪分が多く含まれているものや、

 

 

糖質や炭水化物が多量に含まれている

 

 

スイーツが中心となってしまうと、

 

 

効果はかなり減ります。

 

 

筋肉に負荷をかけた分、

 

 

それを補うための

 

 

栄養素は食事からでしか

 

 

摂り入れることができません。

 

 

 

また、偏った食事をしてしまうと、

 

 

体重が減るどころか太ります。

 

 

 

筋トレの効果が出ないと感じたら、

 

フォームと同時に食事も見直しましょう。

 

 

 

 

睡眠は7~8時間を心がける

 

 

あまり意識したことはないのかもしれないが、

 

睡眠もかなり重要な役割を果たします。

 

 

筋トレした後の体はものすごく疲れています。

 

 

傷ついた体を

 

修復するのに食事は活躍しますが、

 

 

疲れた体を修復するのに

 

睡眠は大きな役割を果たします。

 

 

 

ここで56時間しか寝ていないと、

 

 

疲れを完全に修復ができない状態で

 

次の日を迎えてしまい、

 

 

余計に体を傷つけてしまいます。

 

 

78時間のしっかりとした睡眠で、

 

疲れた体を休め、

 

 

栄養を吸収することができるので、

 

 

しっかりとした睡眠も心掛けましょう。

 

 

 

筋トレの効果

 

 

今回は、筋トレをしてからの効果と、

 

 

筋トレの効果を出していくうえでの

 

基礎知識を身に着けました。

 

 

筋トレには正しい知識と、

 

生活習慣がなによりも重要です。

 

 

ネットとかでも筋トレや

 

痩せることについて

 

正しい知識は載っているものもありますが、

 

 

知恵袋などは信憑性が薄いです。

 

 

しっかりとしたトレーナーに

 

聞くのが一番いいので、

 

筋トレに自信がない人、

 

今よりもさらにレベルアップしたい人は

 

是非とも訪ねてみてはいかがでしょう

 

 

テキストのコピーはできません。