海外逃亡、捕まらない国はある?国外逃亡で捕まらないおすすめは…殺人の犯罪者が海外逃亡して捕まらない?芸能人のやり方(方法)とは

スポンサードリンク
 




 

 

海外逃亡と聞いて、

「本当に捕まらない国なんてない」と

思った人必見です。検証してみました。

 

 

海外逃亡(国外逃亡)捕まらない国でおすすめはフィリピン?逃亡しても捕まらない?海外逃亡のすすめ

 

「海外逃亡のすすめ」と聞くと

胡散臭いですが、

 

実際、犯罪や借金を理由に

海外逃亡する日本人は少なくありません。

 

日本からの海外逃亡先として多いのが、

フィリピンです。

 

「おすすめ」はしませんが、

理由としては3つあります。

 

1.海外に逃げるルートが入手しやすい 

2.物価が安い 

3.警察組織の腐敗

 

1.のルートとは

手助けしてくれる人のことです。

 

日本在住のフィリピン人は多く、

比較的裏ルートが

入手しやすい傾向があります。

 

パブで働く女性に、

フィリピンへ入国した際に頼れる人を

紹介してもらうなどのルートです。

 

2.海外へ逃げると、

始めは仕事ができないので、

手持ちのお金で生活しなければなりません。

 

物価の安い国を選択する人が

多いのはこのためです。

 

3.フィリピン警察には、

賄賂で犯罪をもみ消すことができる

イメージがあります。

 

そこからフィリピンは捕まらない国の

イメージが付き、

 

海外逃亡したい日本人が

初めに思い浮かべる国と

なっているのでしょう。

 

 

ただし、この3つの理由は、

ひと昔前のものです。

 

日本在住のフィリピン人は

2000年代中旬より減少傾向にありますし、

 

フィリピンの物価も居住エリアによっては

日本と変わらない場所もあります。

 

また、警察腐敗についても、

2016年より就任したドゥテルテ大統領は

 

汚職撲滅と麻薬の取り締まり強化を

重点課題としており、

 

発足から約3年間で約9,000人の

警官を逮捕しました。

 

 

フィリピンに限らず、国外に逃げる、

海外に逃げたいと思うことは

大きなリスクを伴います。

 

海外に逃げることを考える前に、

まずは自分の抱えている問題と

しっかい向き合うことをおすすめします。

 

 

犯罪者、殺人でも海外逃亡すれば捕まらない?国外逃亡のやり方と逃亡生活の方法、海外に逃げると時効は…借金の海外逃亡の時効

 

 

国外逃亡と聞いて日本脱出するために

箱に入るという方法、

 

まるでスパイ映画のようなやり方で逃亡した

カルロス・ゴーンを思い浮かべた人も

多いのではないでしょうか。

 

日本と犯罪者の引渡し条約を

結んでいる国は

 

2国(アメリカ、韓国)しかないという事を

この逃亡劇で知ったという方は

少なくないでしょう。

 

2021年現在彼は

まだレバノンで無罪を主張しています。

 

 

ゴーン氏が犯罪者かどうは、

現在法廷で争われていますが、

 

犯罪者が海外逃亡した場合、

時効になったら、

捕まらないのでしょうか。

 

刑事訴訟法 第255条では、「犯人が国外にいる場合又は犯人が逃げ隠れているため有効に起訴状の謄本の送達若しくは略式命令の告知ができなかつた場合には、時効は、その国外にいる期間又は逃げ隠れている期間その進行を停止する」

引用元:NPO消費者サポートセンター

 

となっており、刑事事件に関して、

国外逃亡期間は時効を停止すると

法律で定められています。

 

例えば、殺人を犯し海外逃亡し、

逃亡生活を続けても、

 

その間時効は停止していますので、

帰国すれば捕まります。

 

また、借金などの民事訴訟を

受けている場合は、時効は成立せず、

海外逃亡した期間は含まれます。

 

ただし、高額の借金には担保や

連帯保証人を付けているので、

海外逃亡で丸儲けとはいかないでしょう。

 

海外に逃亡することは、

容易なことではありません。

 

 

海外逃亡!海外に逃げた芸能人、日本人では

 

実際に、日本脱出有名人や、

芸能人で海外逃亡した人は誰でしょうか。

逃亡犯の中で日本人を取り上げました。

 

 

グラビアアイドルだった、小向美奈子は

2011年2月覚せい剤所持で

逮捕状が出ていたましたが

 

フィリピンへ逃亡、

マニラに潜伏していましたが

同月帰国し逮捕され、

 

不起訴となりました。

短期間の逃亡で薬を抜いていたのでしょうか。

 

また、「薬」での逃亡犯としては、

沢尻エリカに薬を勧めたと言われている

 

日本人俳優がヨーロッパへ海外逃亡したと

ネットニュースになりました。

 

余談ですが、この記事では、

俳優を特定していなかったため、

沢尻の遊び仲間だった

 

窪塚洋介ではないかと

噂されていましたが、

 

事実無根の別人だったことが

分かりました。

 

逃亡は思わぬ人にまで、

迷惑をかけてしまう行為と

いえるでしょう。

 

 

海外逃亡で捕まらない国について

 

海外逃亡で捕まらない国が

フィリピンという話は、

ひと昔前の話といえます。

 

ほとんどの国が日本と犯罪者の

引き渡し条約が締結されていないとしても、

 

逃亡先で生活していくには

かなりの蓄えが必要です。

 

カルロス・ゴーンのように豊富な

資金があれば別ですが……。

 

海外逃亡する前に、

自分の抱えている問題と

向き合うことをお勧めします。

 

コメント