勝山左義長!ブログからうかがえる祭りの息遣い

スポンサードリンク






 

奇祭勝山左義長を扱ったブログは、

まだ数としては多くない。

 

 

今回は、この人気の祭りについて

語りつくすブログを始め勝山左義長を取り巻く、

個性的な面々について語ってみる。

 

 

勝山左義長を語るブログの達人たち

 

スポンサードリンク

 

勝山左義長福井県勝山市で行われている、

左義長であり火祭り

 

毎年、2月最終土日に行われており、

2008年に福井県の無形民族文化財に選ばれている。

 

多くの旅行会社が、

勝山左義長観覧のツアーを組んでおり、

全国各地から祭りを見にくるギャラリーで埋め尽くされる。

 

 

勝山左義長を語るブロガーは、

旅行を知り尽くしている。

 

勝山左義長だけではなく、

九州から順番に四国中国地方

 

近畿地方の祭りを丁寧に解説しており、

勝山左義長を取材している。

 

 

勝山左義長以外のお祭りで、

よく取り上げられているものといえば、

 

長浜曳山まつり高山祭京都祇園祭などの、

地理的に近い場所の祭りである。

 

 

勝山左義長の取材の仕方といえば、

写真丁寧な解説である。

 

踊っている女性たち、勇敢に太鼓をたたく男たち、

そして子供たちが写真と共に、掲載されており、

見るものを決して飽きさせない。

 

全国各地の祭りを知り尽くしたブロガーたちは、

勝山左義長のすばらしさを、

独特の視線から表現することができる。

 

 

例えば、祭りの最後に行われる、どんど焼きだけでも、

豊かな写真とその場にいるようにさせてくれる、

臨場感あふれる解説により、読者をとりこにしてしまう。

 

 

戯れ唄と浮かれ太鼓を楽しむ 勝山左義長ばやし

 

 

戯れ唄浮かれ太鼓に、

勇敢躍動的な女性の存在は必須である。

 

躍動感満載の浮かれは、

見ていて非常にエキサイティングなものとなっている。

 

中でも、左義長ガールズパワーと、

子供たちの活躍には目を見張るものがある。

 

カメラを構える観光客も、

シャッターチャンスを逃すまいと、

必死に祭りを追っている。

 

 

左義長太鼓の始まりは、

何と200年以上前

スポンサードリンク

 

 

太鼓に紛れ込みながら、

左義長太鼓が打ち鳴らされる。

 

一人一人が独特のスタイルで、

演技をこなしながら、

観客たちを魅了していく。

 

太鼓の音が響かないように、

子供や若者に腰を下ろさせ、

3人が一体となって太鼓をたたく。

 

戯れ唄は、

勝山のガールズが、唄う。

 

ふれ太鼓では、

現在では12個ある太鼓を、

順番に叩いていく。

 

 

伝承と振興に一役 勝山左義長保存会

 

 

勝山左義長保存会は、

昭和25年にできた。

 

保存会では、

お囃子についてきっちり書かれており、

祭りを振興していくことに余念がない。

 

演目の紹介、

勝山左義長まつりで演じられる曲目、だいづるなど、

祭りで披露されるコンテンツが満載である。

 

太鼓の特徴はもちろん、

バチに関しても、

詳細かつ丁寧に語られている。

 

大阪万博で、

勝山左義長が出演した際の資料なども、

閲覧することができる。

 

勝山左義長保存会では、

変わった太鼓の打ち方なども紹介されている。

 

座り方地打ち方浮き方呼ばれる打ち方で、

この3つが組み合わさって浮かれ太鼓ができている。

 

それは非常に特徴的である。

 

 

打ち手は昔では、男性の役であったが、

最近になってくると、

女性や子供の打ち手も増えてきている。

 

浮き太鼓とは、

 

基礎となる地太鼓が鳴り始めると、

すぐに祭りに入り込めるエキサイティングさ、

 

そして参加している一人ひとりが

特徴のある演技をすることである。

 

 

同じことの繰り返しになる祭りにも、

 

参加している人が、一瞬の主役になること

を求められているために、

非常に情緒あふれる祭りの内容に仕上がっている。

 

 

まとめ

 

 

福井県きっての奇祭勝山左義長ではあるが、

情報は少なく、ブログで扱われている数自体も、

まだまだ少ないのが現状である。

 

もし、ブログを開設するのであれば、

勝山左義長狙い目

 

数が少ないために、

情報を求めている訪問者は多くなると推測される。

 

俺自身も現地で楽しんだイベントだが、

歴史の長さから言っても書けることは満載

 

一緒に参加した博則は、

さっそく自分のアメブロに書いていた(笑)。

 

ブログの開設を検討されている方は、

ぜひ注目しておきたい祭りである。

 

スポンサードリンク

国内
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)