鏡開きで酒樽を割る時の乾杯の掛け声は?正式な作法を英語でも!

スポンサードリンク






 

結婚式や会社の式典、お店の開店祝いなど

様々な祝い事の席で見られる「鏡開き」

大きな酒樽を紅白のリボンが結ばれた木槌・・・

 

これを割って祝っている様子は

日本人が見ても珍しく、なんだか

ワクワクしてしまう光景だ。

 

 

外国から来ている来賓などにすれば、

これはかなりインパクトの

ある初体験になること間違いなしだろう。

 

 

しかし、外国人にとっては

もちろん珍しい体験かもしれないが、

日本人にとっても日常ではない。

 

これは何?あれはどういう意味?と質問されたところで

100%即答できるわけではない。

 

いつどこで日本の伝統的な儀式について、

質問されるかわからないインターナショナルな世の中。

 

 

そこで、今回は

この日本の伝統「鏡開き」について、

大切なポイントごとに紹介してみたい。

 

 

鏡開きで酒樽を割る時の掛け声で縁起の良いのは?乾杯までの流れも説明

 

スポンサードリンク

 

まずは「鏡開き」という名前の由来をご存知だろうか?

 

酒樽の蓋は平たく丸い形をしている。

 

昔は酒樽の蓋に限らず、

平らで丸い形をしているものを称して「鏡」と呼んでおり、

その鏡を木槌で割ることから「鏡割り」と言われていた。

 

「割る」という言葉が結婚式などのお祝いの席では縁起が悪く、

ふさわしくない響きのため、

「開く」という言葉を使うようになったらしいのだ。

 

鏡餅の「鏡開き」と同じで紛らわしいのだが、

そういう理由でこの酒樽の儀式「鏡開き」というのである。

 

 

では、鏡開きから乾杯までの流れを、

簡単に説明しよう。

 

 

鏡開きで蓋を割る前に、

口上というお祝いの言葉があり、

それが済むと進行役の掛け声と共に勢いよく樽の蓋が割られる。

 

開かれた酒樽の神酒をしゃくで桝に汲み分け、

来客にも振舞いここで初めて乾杯の音頭が取られる。

 

そして最後に皆で乾杯という流れになるのだ。

 

酒樽の蓋を縁起良く割るには、

大きな声で掛け声をかけなければならない。

 

一般的な掛け声としては、

「せーのっ!よいしょ!」が多いようである。

 

「よいしょ!」の回数は1回の場合もあれば、

2回、3回のときもある。

 

タイミングが合わせやすいように、

事前に打ち合わせをしておくと、

スムーズに蓋を割ることができるだろう。

 

また、この掛け声は大きければ大きいほど、

幸運が舞い込んでくるそうだ。

 

威勢のいい掛け声で、

新年の幸運を迎え入れよう。

 

 

鏡開き後の酒・・・持ち帰りはOK?さりげなく取り分ける方法

 

 

鏡開きの後

その神酒を飲み切ってしまえば何も問題はないのだが、

 

参加者がそれほどガブガブ浴びるほど飲むわけもなく、

余ってしまうことも十分考えられる。

 

そういった場合、

どうすればよいか紹介しておこう。

 

この鏡開きをした樽酒、

御神酒の意味もあるわけなので、

捨ててしまうわけにはいくまい。

 

やはりここは来賓の方々に、

お土産として持ち帰って頂くのがよいだろう。

 

酒樽には吞口という注ぎ口を

取り付けられるようになっているので、

 

そこから空き瓶に残った神酒を取り分け、

来賓の方々に用意することができる。

 

鏡開きをする際には、このようなことも想定して、

酒屋に空き瓶も頼んで、

人数分用意しておくのがよいと思う。

 

 

鏡開きや酒を英語で説明するなら?外国人にスマートに伝える

 

 

鏡開きや日本酒、神酒など、

実は日本人でもよく知らないような事柄かもしれない。

 

だが、外国から来た人からみればもっと物珍しく

一体これは何?どういった意味なの?

と質問の一つもしたくなるだろう。

 

ここはやはり日本人として誇りを持って、

スマートに日本の文化を伝えたいところだ。

 

 

日本酒についてなら、

Japanese sake is the national liquor/

日本酒は、日本を代表するお酒です。

 

Japanese sake is brewed rice grains/

日本酒は米を発酵させて作ります。

 

など、そこまで詳しく説明せずとも、

何となくわかってくれるだろう。

 

鏡開きなら、

Kagami biraki is the practice of drinking the japanse sake  that were offered to gods/

鏡開きとは、神様に供えられていた神酒を飲む儀式です。

 

kagami biraki is the ceremony to get the power

from the gods to drink the ceremonial sake to live happily.

 

鏡開きは神酒を飲むことで、

神さまの力を頂いて幸せに過ごせるよう祝う行事です。

 

のように簡単な説明でも、

日本の文化に触れられて喜んでもらえるだろう。

 

 

鏡開きでの乾杯までの流れを知りたい 正しい儀式の進め方

 

 

普通のパーティなどでも乾杯の音頭を

取ったりする機会はあるかもしれないが、

 

鏡開きとなると、そうそうチャンスはやってこないし、

経験がなくても仕方がないだろう。

 

幹事を任されたりすると、

色々と段取りも大変である。

 

まずは大まかな流れだけでも、

知っておくと助かるだろう。

 

最初に準備しなければならないのは、

樽酒の蓋を事前に開けて置くこと。

 

簡単に割れていうるように見える樽の蓋、

実は先にバールで開けて、

元の位置にかぶせてあるだけなのだ。

 

まず、蓋を開けて下準備をしておこう。

 

木槌や桝、しゃくも必須。

 

次に、口上をやってくれる方がいれば

その縁起のいい挨拶の文を朗読し

 

それが終わると鏡開きの掛け声だ。

 

事前に掛け声を決めて練習しておくか、

その場で一度掛け声の練習をして

掛け声に合わせておけばスムーズに割ることが出来る。

 

やっとここで鏡開きだ、

木槌で勢いよく蓋を割る。

 

さて、ここまでくれば、

後は酒を汲み分け乾杯の挨拶という流れである。

 

これでバッチリではないだろうか?

 

鏡開きの進め方も頭に入ったことだろう。

 

 

お祝いの席なので、儀式やルールに堅苦しくこだわるよりも、

会場を楽しくおめでたいムードに仕上げることが、

一番大事なのではないかと思う。

 

鏡開きの幹事や進行役に抜擢されることは

なかなかないチャンスだろうから、

 

下準備をしっかりしたら後は楽しく場を盛り上げつつ、

自分も美味しい酒を頂くといいだろう。

 

個人的に、日本の文化で好きなものの一つが、

この鏡開き。

 

おばあちゃん子だった俺。

 

彼女を思い出させる、

いかにも和な感じがするからか(笑)。

 

 

どこの家でも正月三が日

鏡餅は飾るだろう。

 

この鏡餅、

飾るのはいいがその後どうしたらいいものか、

最近の若い人は知らなかったりするのでは?

 

クリスマスツリーのように期間が過ぎたら片付ける?

 

それはちょっと待ってほしい。

 

よくわからない人の為に、

正月後の鏡餅をどうするか、

その取り扱い方についてお伝えしてみよう。

 

 

 

鏡開きの仕方は地方によって違う?一般的な作法を知りたい!

 

正月の間は、目に付く場所で、

しっかりと正月の雰囲気を醸し出している鏡餅だが、

三が日も終わる頃には「さて、どうすれば?」と思ってしまう。

 

または鏡開きという言葉は知ってはいるが、

実際見たこともないし、よく作法もわからない。

 

最近では鏡開きをする家庭も、

年々少なくなってきているようだし、

そんな人が多いだろう。

 

 

もともと歳神様を奉る為の鏡餅は、

飾るにも縁起のよい日にちがあるのを、

ご存知だろうか?

 

同じく鏡開きにも縁起のよい日にちがあり、

これは地方によっても微妙に違うのだ。

 

この鏡開き、関東地方は1月11日

関西地方は1月20日となっている。

 

もともと全国的に1月20日だったのだが、

この20日というのが当時の江戸幕府の将軍、

徳川家光が亡くなった日であったため、

 

月命日にお祝い事はよろしくなかろうということで

1月11日になったらしい。

 

そうゆう理由から、

関東と関西では鏡開きの日にちが違うのだ。

 

鏡開きとは、その年にお迎えした歳神さまの力を分けてもらい、

ご利益を頂こうという儀式だ。

 

一般的な作法としては、

その家の家長が正月の間お供えされていた鏡餅から、

歳神様の力を頂くために鏡餅を胸に抱き抱える

 

次に鏡餅の上の段と下の段を開き、

家や家族みんなにもご利益を与える。

 

この儀式が終わると、

「開く」意味で木槌で鏡餅を割っていくのである。

 

 

実は鏡開きでやってはいけないことって?知らないと赤っ恥かも!?

 

 

先に書いたように、

鏡餅には歳神様の力が宿っているので、

餅は「切る」のではなく「開く」というのが正解だ。

 

木槌で割るのはそういう意味が込められている。

 

神様が宿っている餅であるのはもちろん、

鏡餅の白くて丸い形を昔の人は

 

人間の心臓になぞらえていたという説もあり、

切るというのは縁起が悪いと考えられていたのだ。

 

またもうひとつの説として、

刃物で切るというのは、武士の切腹を連想させるため、

お正月のめでたい鏡開きにはふさわしくないということらしい。

 

 

 

鏡開きのお餅はどうやって焼く?包丁で切っても大丈夫?

 

さて、鏡開きの意味や作法

ここまででわかって頂けたと思うのだが、

 

とにかく刃物を使ってはいけないのであるから、

いきなり包丁などを持ってこないように注意してほしい。

 

そんなことをすれば、

常識のない人だと思われてしまうだろう。

 

しかし、あなたも経験があるかもしれないが、

ずっとお供えしてあった鏡餅は乾燥していて結構硬いのだ。

 

日本で近頃よく見るのは、

小サイズの餅がパックで売られているもの。

 

もちろんこれなら割る必要がないのだが(笑)

もし割らなくてはならない場合は、お湯に入れてふやかしたり、

レンジでチンして少し柔らかくすることをオススメする。

 

もちろんその後、包丁なんかで切ってはいけない。

 

 

次はその割った鏡餅をどうするかだ。

 

スポンサードリンク

 

せっかく歳神様の力を宿した鏡餅を、

食べなければ意味をなさない。

 

鏡開きをした鏡餅は食べることで、

邪気を払い、神さまのご利益も頂ける

ということを忘れずに。

 

食べ方としては、松の内の最終日に、

春の七粥として頂くのが一般的だろう。

 

また、ぜんざいにして頂く地域もあるようである。

 

 

「鏡開き」とは元来、

新年の事始めの儀式の一つである。

 

正月に鏡餅を供え、

良き日に割って頂く儀式を、

昔から「鏡開き」と呼んている。

 

 

また、記念式典や結婚式などのお祝いの席で、

酒樽の蓋を開く神事も「鏡開き」

と呼ぶことをご存知だろうか?

 

こちらは「鏡割り」とも呼ばれるが、

祝いの席で「割る」と言う言葉は縁起がよろしくないため、

こちらも同様に「鏡開き」と言うらしい。

 

こういった行事はあちこちで見かけるけれども、

いざ自分が進行役や幹事など頼まれてしまったら、

全く段取りがわからないなんてことになるかもしれない。

 

 

以下では祝いの席での「鏡開き」についてお伝えしよう。

 

 

鏡開きを割る人は?喜びの席を盛り上げるにふさわしい方を選ぶ

 

 

昔から、神事の際には、

神酒として日本酒が供えられている。

 

神社で行われる結婚式などでも、

神酒を酌み交わすのはよく見るであろう。

 

会社などの記念式典では酒樽が供えられ、

樽を威勢よくあける「鏡開き」が行われる。

 

祝いの席を大いに盛り上げる抜群によい演出である。

 

新たな出発や区切りを祝い、

新しい門出の成就を願う鏡開きは、

喜びの席にふさわしいおめでたい行事と言える。

 

 

この鏡開き、酒樽の蓋を割る人は、

その行事の主役にあたる人物であることがほとんどであろう。

 

結婚式なら新郎新婦だし、

会社の式典であれば会社のお偉いさんやお客様など、

お祝いの中心となる人が割るのである。

 

決して進行役の司会者が割ったりしてはならない

ということは覚えておいてほしい。

 

 

鏡開きは何を準備すれば大丈夫?段取りさえしておけば失敗なし

 

 

古くは戦国時代には、甕(かめ)などの焼き物が使われており、

現代のような大型の樽が普及したのは江戸時代になってからだが、

 

この大樽を上手く割るにはいくつか

準備しておかなければならないものがある。

 

式典がスムーズに進行するために、

事前に用意しておこう。

 

 

タオル・カッター・バール・ほうき・ビニールシート・金槌、

これらを使って、セレモニーの前の下準備を行う。

 

まず最初に樽の蓋を、

バールで外しておかなければならない。

 

蓋は意外としっかりと閉まっており、

実は木槌なんかで簡単には割れないのである。

 

外した後は、樽や蓋を掃除し、

また水平に蓋を乗せ、

ゴミが入らないようにビニールをかけておく。

 

こうして初めて鏡開きができる状態になるのだ。

 

式典で使うものは、

紅白のリボンがついた木槌、杓(しゃく)、桝。

 

段取りとしては、

蓋の中央にリボンのついた木槌を置き、

杓と桝も蓋の上に用意する。

 

鏡開きの際、司会者が掛け声をかけるのだが、

その際は「割る」という言葉は使わないこと

 

必ず「開く」ということを忘れずに。

 

 

鏡開きのタイミングはいつが最適?口上はいつどの順番で行う?

 

 

司会役を引き受けた際、

意外に悩むのが挨拶や乾杯など、

鏡開きの順番ではなかろうか。

 

来賓に失礼の無い形で、

常識に沿ったベストな順番を知っておきたいところだ。

 

 

まず始めは、司会者が開宴を告げる軽い挨拶を行い、

会社のお偉いさんなど一番役職の高い人物の挨拶になる。

 

次に来賓のお偉いさんの挨拶と続く。

 

ここでやっと「鏡割り発声」という儀式があり、

数人で鏡割りをするしぐさをし、

司会の音頭に合わせて鏡を開ける「鏡開き」だ。

 

これが滞りなく済むと、

やっと乾杯の挨拶があり、

神酒を来賓に振舞うことになる。

 

ざっとこのような流れを念頭にうまく取り仕切ってほしい。

 

 

海外生活が長くなると、

日本の行事からも遠ざかってしまうよな…

と最近よく思う。

 

日本にいれば、否応なしに、

色んな日本的な行事に参加することになるが、

そういう事もない海外だと、だんだんと日本の常識にも疎くなる。

 

会社の記念式典で鏡開きを任されたという友人もいたし、

常識として知っておくのもいいだろう。

 

 

そもそもだが、「鏡開き」の由来をご存じだろうか?

 

昔、徳川幕府の時代

戦へ向かう武士たちの士気を高めるために、

 

振舞酒として酒樽を

割ったことから始まったと言われているそうだ。

 

樽の蓋の平で丸い形からそれを「鏡」と呼んでいたこともあり、

「鏡割り」と言われるようになり、

 

現代では、お祝いの席で「割る」という言葉は忌み嫌われるので、

代わりに「開く」という言葉になり「鏡開き」となったらしい。

 

こんな鏡開きだが、

会社の新年式で幹事役を頼まれたという俺の友人が、

 

正式な方法や作法がわからず困っていると言っていたので、

 

恥をかかないための基本的なマナーだけでも

知りたいというので調べてみた。

 

 

 

鏡開きの立ち位置はこの並びで!恥をかかないためのマナー

 

日本の行事や伝統的な儀式には

いろいろなマナーや作法があるものだが、

 

会社組織にいるとそれとは別に、

職場での地位やなんやらで、

席順だったり挨拶の順番だったり、

 

なかなか難しいなと思うことが

たくさん出てくると思うのだがどうだろう。

 

おめでたい席で、

しかも新年からやらかしてしまいたくないので、

しっかりとマナーを身につけておきたい。

 

 

鏡開きでの立ち位置というのも決まっているようなので、

気を付けたいポイントである。まず、

 

樽に対して来賓の正面が、

主役である一番偉い方になる。

 

あとはその中心となる偉い方の、

左右といった具合に振り分ける。

 

左上右下という考え方は、

古くから日本では言われていることであるが、

 

「日は左の東から昇り、右の西に沈む、

日が昇る東は沈む西よりも尊い」

 

という思想のもと左側の方が右より上位とされている。

 

会社組織にいる人間や一般的な社会人であれば、

 

そういったことを考慮して、真ん中の人の次に偉い人を左側に、

次に偉い人を右側にといったように

立ち位置を決めると問題にならずによいだろう。

 

また蓋を取る際、樽をあまりたくさんの人で囲んでしまうと、

 

混みあって来賓の方へお尻を向ける形に

なってしまうこともあるので、

そこは気を付けてほしいところだ。

 

 

鏡開きで大事な上席はどこに?来賓を心地よくもてなす方法

 

 

タクシーや車、エレベーターの中や小さなレストランや会議室、

大きな会場まで様々な場所があるが、

 

どこに行ってもお客様をもてなすのに

よい位置というものが存在する。

 

これを「上席」というのだが、

なかなかわかりにくく新入社員などは、

よくこれで失敗してしまうこともあるのではなかろうか。

 

大雑把に言ってしまえば、

メイン席に一番近い場所が上席になり、

メインの席から一番離れた場所が下席ということになる。

 

鏡開きの場合なら、

たぶん会場の一番目立つ場所にステージなどがあり、

 

そこで鏡開きの儀式を行うのであるから、

そこに一番近い席が上席で、

一番偉い方や主賓などがそのあたりの席に座ることになるだろう。

 

 

鏡開きに参加する人の並び順は?失礼のない席次を決めよう!

 

 

会社関係の場合は、

特に席順は気をつけなくてはならないポイントだろう。

 

まず基本としては役職順に上席から配置するのが、

一般的な方法である。

 

年齢や学歴、お世話になった度合いなんかも

考慮したいこともあるかもしれないが、

 

会社組織の基本的なマナーとしては、

役職順に配置するのが一番安全で問題にならないと思う。

 

そうは言っても例外はどこにでもあるので、

そういう事前のリサーチも必要な場合もあるかもしれない。

 

例えば、次席通りに配置したら、

隣同士は犬猿の仲の関係だったなんてこともあるだろう。

 

そういうことがないように、

細心の注意を払いたいところである。

 

また、先に述べた通り、

鏡開きのようにステージがある場合は、

 

来賓席からみて、ステージ上の席は左側が主催者、

右側が来賓席となる。

 

ステージの上の席で、左側の席でも、

一番偉い方はセンターに近い場所に座って頂き、

 

中央から外れステージの端の方へいくほど、

役職が低い人になると覚えておくとよいだろう。

 

 

まとめ

 

 

鏡開きに限らず、日本の会社組織の中にいると、

何かと細かいルールが潜んでいて、

大変だなとしみじみ思ってしまった。

 

はっきり言ってお祝いの席なのだし、

どこに座ろうがどこで

飲もうが勝手に楽しめばいいような気もするが、

 

そうもいかないのが日本の社会人なのかもしれない。

 

伝統的な行事を大切にしていく姿は素晴らしいと思うが、

会社も時代の流れに乗って

 

もう少し臨機応変オープンエアな式典を、

してみてもよいのになと思ったりするのである。

 

 

最近の家では鏡開きめったに見ることはなくなったが、

田舎の方にいけば、

まだそういう行事もしっかりと受け継がれている家もあるだろう。

 

地域によっても微妙に異なるだろうし、

結婚して嫁いだ家のしきたりもあるかもしれない。

 

とりあえずこの記事を読んで。

 

常識がない嫁などと言われないように、

知識を仕入れておいてほしいものだ。

 

スポンサードリンク

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)