東南アジアでの就職は新卒や高卒、未経験やニートでも可能?日本人におすすめはSE?就職率や給料は?

 

東南アジアで就職するなら、むしろ新卒がおすすめ

 

日本の労働環境のオワコン化は、コロナをきっかけに

一気に加速しているからだ。

 

 

ただ、転職エージェントを間違えると

変な案件をつかまされる。

 

間違いがないのは、このエージェント。

 

↓↓↓東南アジアに強い転職サポート

 

 

案件数はもとより、現地の事情に詳しい

優秀なエージェントがあなたを

スムーズな就労に導いてくれる。

 

 

■東南アジアを含め圧倒的な求人数(20,000件以上)

■その8割がリクナビ限定求人、9割が正社員案件

■強み診断や企業からのスカウトメールなど厚いサポート

転職成功率No.1

 

すぐに無料登録の上、職歴書のアップロードまで

さっさと済ませてしまおう。行動の早い人しか

結果は出せない。

 

 

経済成長が著しい東南アジアに惹かれ、息苦しい日本を離れて

現地で就職しようとする日本人が増えているが・・・

 

実際に住んだことのない人が情報発信していて

情報が適当なケースも。

 

 

そこでこの記事では、現地在住者が

東南アジア就職について紹介する。

 

 

東南アジアでの就職に必要なスキル。新卒、高卒、未経験、ニートは?

 

結論から言えば、大学の新卒は良いとして

高卒は東南アジア就職に不利。

 

実は海外には、日本以上の学歴社会が多かったりする。

 

逆に言えば、ニートや未経験でも

大卒なら就職の余地は十分にある。

 

 

東南アジア就職状況の特徴としては、特に責任のある

ポジションに人材不足の傾向が見られること。

 

従ってあなたが真剣に取り組めば、若いうちから

重要なポジションで仕事をすることも可能になる。

 

 

海外での就職というと、英語を始めとする

語学力が注目されがちだが・・・

 

日本人の卓越したビジネスマナーを日本にいる時と

同じように維持し、活かすことのほうが重要だと

東南アジア就職のプロ・アツミが言い切る。

 

 

仕事の探し方としては、サイト「ジョブストリート」など

オンラインで探すのが一般的。現地に行けるなら求人誌で探すことも。

 

個人的におすすめしたいのは、信頼できる現地人の

コネクションを活用することだ。

 

 

いずれにしても海外では、安定した収入がなければ

不安で仕方がなくなり、楽しむこともできず日本を

離れた意味がなくなる。

 

そこでおすすめとしては、ブログなどの情報発信

ビジネスで本業以外からの収入を日本にいる間に

構築しておくこと。

 

これによって、精神的な安心感が全く違ってくる。

 

 

東南アジアでの就職。おすすめは?給料はどれくらい?就職率は?場所によっては就職難?

 

全体的に経済が伸びているベトナム・マレーシア・

インドネシア・タイの日本人に対する求人は好調な様子。

 

 

一方で、シンガポールでは日本人の就職率は低い。

狭い国土に世界中から働きたい人や優秀な人材が集うからだろう。

 

東南アジアにありながら、シンガポールは欧米や香港のように

洗練された市場であるため、日本人であっても

就職した仕事ではそれなりの能力が要求される。

 

 

高崎の渡辺社長の話もいろいろ聞くことができたが・・・

 

東南アジアの就職の中でもインドネシアやベトナムでは

IT系のスキルに対するニーズが高く、日本人で

SEをしていた人も現地でたくさん働いている。

 

 

俺が移住してきたフィリピンでは、英語圏という

ことで日本人も活躍できそうだが・・・

 

日本人向けのコールセンターといった仕事以外は、実際

自営で生きている人のほうが周りに多い。

 

現地人ですらOFWとして海外で就労している現実なので、

フィリピンで良い条件で安定した仕事を見つけるのは

難しいと考えておきたい。

 

 

いずれにしても、現地採用では現地水準の給与が

基本になるため、最も良いのは日本採用で現地に駐在することだ。

 

選択肢が狭いこと、自分の実力だけでどうにも

ならない部分が多いのがもどかしいが・・・

 

まとめ

 

あなたは、東南アジアでの就職を

真剣に考えたことはあっただろうか?

 

俺の場合は個人事業主としてオンラインビジネスで

生計を立て、東南アジアのフィリピンに単身移住。

就職というものは経験していないが・・・

 

ホーチミンからカンボジアに移ったアツミから、

東南アジア就職の現状をかなり細かく聞くことができた。

 

 

東南アジアでの仕事でコミュニケーション能力と

抑揚のある話し方を身につけようと、マレーシアに移住。

 

その後は就職した会社を辞めてマニラのマカティに移り、

フィリピンの永住権も獲得した小金井。

 

彼のアクティブな動きに刺激される(笑)。

 

 

そんな彼も、最初に仕事を紹介されたのは

この頼りになるエージェントだった。

 

↓↓↓東南アジアに強い転職サポート

 

コメント