結婚しない男の責任!情けない?ずるい?賢い?そんな男性の増加と特徴…ドラマ「結婚しない男たち」など

スポンサードリンク


 

結婚しない男はずるい。責任を取らせたい・・・

そう思っているのでは?

 

付き合いも長いし、

子どものことを考えると早く結婚したいのに

全然そんな気配がない…自分の周りでもよく聞く話である。

 

 

晩婚化が叫ばれて久しい。

 

結婚しない男が増えているのは事実だし、

自分の周りにも結婚に夢を持てない男がたくさんいる。

 

そういった男たちは果たして

単にずるいのか?それとも賢いのか?

 

この記事では、

そんな結婚しない男について詳しく書いていこう。

 

 

結婚しない男は責任を負いたくない?振り回された女の悲しいエピソード

スポンサードリンク

 

結婚しない男には責任感がない

ということになるのだろうか。

 

自分の周りで聞いた話を1つご紹介しよう。

 

 

学生時代から10年も付き合い、

結婚の話は出るものの彼氏は転職を繰り返していた。

 

 

失業している間も献身的に支えている彼女だったのだが、

ぐだぐだしている間に月日は流れ、

彼女の方が愛想を尽かせ、別れ話を切り出したのだった。

 

その話を聞いた時には

そんな男とは別れて正解だと思ったものだ。

 

実際に彼女はこの男性と別れた後すぐに素敵な男性と出会い、

結婚することが出来たのだ。

 

確かにこの男性の話を聞くと結婚しない男性は、

責任感がないように思えてしまう。

 

 

しかし、逆に責任感が強すぎるあまり

結婚に踏み切れない男性が一定数いることも確かである。

 

結婚すれば彼女を幸せにしなければならなくなる、

子どもが生まれれば、

大黒柱として家族を養っていく大きな責任を背負う。

 

こう考えると、

結婚しない男が一概に責任感がないとも言い切れないだろう。

 

 

しかし、そのような男性にいつまでもしがみついていても

結婚の夢は叶うのだろうか。

 

前述した彼女のようにすっぱりとその彼のことは諦めて、

新しい彼を探すのも一手である。

 

実際に自分の周りにはそのように別れた後、

あっさりと結婚出来た女性が何人もいるのである。

 

 

結婚しない男は情けないと思う?アラフォー男性の心理…その本音とは?

 

結婚しない男は情けないと思われているのだろうか。

 

実際そう思う女性もいるだろう。

 

 

将来が不安だから、

まだ若いからなど…そんな理由で結婚しないなんて

情けない男だと語る女性の話も実際に聞いたことがある。

 

 

だが、男性側はどう思っているのだろう。

 

結婚しないアラフォー男性の本音を聞いてみると、

ただ単に結婚に魅力を感じなかったり、

仕事に目標を持っているために結婚が視野にない男性が多くいた。

 

 

結婚しない男性のことを「情けない!」と

一刀両断してしまう女性も確かに実在するのだが、

 

夢や目標を持ち頑張っている男性のことは

情けないとは言い難いものである。

 

いつか結婚したいと願っている女性は、

 

そういう男性をしっかり見極めて、

結婚する意志のありそうな男性を探すのが賢明である。

 

 

結婚しない男は賢い?それともずるい?「賢い人(男に限らず男女)は結婚しない」について2chでも話題に

 

結婚しない男は賢いという風潮がある。

 

これはどういったものだろうか。

 

現代は誰でも簡単にネットが見れる環境になっているが、

その中で結婚のデメリットというものが広まり、

結婚しない男は賢いという風潮が広まってきているのである。

 

 

結婚をしたところで男には何のメリットもないと

考える男性が増えているということだ。

 

近年は若者の年収も減っており、

その少ない賃金の中で家族を養っていくことは

コストパフォーマンスが悪く、

 

リスクを負うことだと

考えてしまうようになったのではないだろうか。

 

 

結婚の話をうまく避けつつ、

結婚する気もないのに結婚したいと願う彼女と

付き合うようなずるい男性もいる。

 

リスクを避けること自体は

ずるいことだとは思わない。

 

低賃金で結婚することに不安を感じるのも

もっともである。

 

 

ただ、結婚して家族を持ち、

子どもに恵まれ日々を過ごす人生も

決して馬鹿にできないものである。

 

結婚なんて無駄!と思っている男性も今は多くいるのだが、

家族と暮らす幸せというものにも目を向けてほしいものである。

 

 

30代半ばを過ぎると「そろそろ身を固めたら?」という、

周りからの圧力が強くなる。

 

だからこそ、結婚しない男性を見ると、

「どういうつもりなんだろう」なんて思ってしまう。

 

それとも、彼らはむしろ賢い選択をしているのだろうか?

 

結婚しない男については2chでも話題になっていたので、

時間があればスレッドを探してみよう。

 

 

結婚しない男が急増?ずるい男性の特徴は、もっともな理由を並べること

 

それでは、実際に結婚しなかった男性が、

どんな言い訳で結婚を回避してきたかを見てみよう。

 

と言っても、結婚しない男性の中にも、

結婚願望を持ち合わせている人といない人、

両方いる

 

まず、

結婚願望のある男性」の、

「結婚しない理由」を見てみたい。

 

 

1.仕事が忙しいから

 

今の社会、どの業界も人手不足。

 

新しい働き手がいないので、

もともと働いている人、

一人ひとりの仕事の量は増える一方。

 

中には法外な残業時間や給料で、

社員を働かせる企業も。

 

そんな過酷な労働環境では、

結婚しても、家族の時間どころか、

自分の時間も取れない

 

そんなことになるなら、

最初から結婚しない、

という選択肢を選ぶ男性は多い。

 

 

2.経済的な余裕がないから

 

ちょっと昔なら、一度会社に入ってしまえば一生安泰、

家族を養えるだけのお給料も貰えるのが普通。

 

しかし、今やそんな安定の時代は終わりを迎え、

一度会社に入っても、

明日どうなるかはわからない社会となってしまった。

 

さらに、若い人だと、貰える給料も少なく、

自分の生活を安定させるだけで手一杯!

なんて人も多くなってきた。

 

そんな経済状態では、

とても結婚して家族を養うなんてできない

 

 

…「結婚願望はあるが結婚しない男性」

から挙がった理由は、

多くが仕事や金銭関係の問題

 

 

では、次は、「結婚願望のない人男性」から、

挙がった理由を見てみよう。

 

 

1.結婚にメリットを感じないから

 

前述したとおり、今の社会は、

結婚以外の幸せを探すという人も増えているし、

 

経済的な問題や仕事の忙しさなども、

社会問題クラスで社会人にのしかかってきている。

 

さらに、インターネットやSNSの発達により、

独身の人間でも既婚者の苦労話や愚痴を、

間近で聞くことができるようになった。

 

かくゆう自分も、Twitterで知り合った人から、

結婚生活の愚痴を聞かされ、

 

(パートナーを奴隷扱いとか、

義両親との不仲とか、

いざというときに頼りにならないパートナーとか)

 

結婚への憧れが冷めたことが。

 

そんな環境で、

結婚に憧れや夢を持つのは難しい

 

 

2.一人の時間が好きだから

 

要するに、「自分のためにお金を使いたいから」。

 

確かに、お金がかかる趣味とかを持っていると、

家族を養うために必要なお金が、

もったいなく感じてしまう

 

趣味に生きるのも一つの人生だと、

認められるようになった現代だからこその理由。

 

また、ただ単に一人でいる方が性に合っている

という人も一定数いるだろうし、

人それぞれの個性。

 

 

3.自分が結婚に向いていないタイプだと思うから

 

前述のように、一人でいる方が性に合っている人、

というのは一定数いる。

 

結婚して家庭を持つと一人の時間は取りにくいし、

そういう人は結婚に向いていない。

 

その理由でも、自分は結婚に向いていない、

という人に結婚を強要できない。

 

 

…「結婚願望のない人」から挙がった理由は、

要するに「時間とお金を自分の自由に使いたい

というものが大多数。

 

まあ、自分の人生ですから自分のために生きるのは正しいが、

スポンサードリンク

だったら最初から女性と付き合うな!

と言いたくなってしまう。

 

付き合っている彼女から結婚を迫られたとき、

こういう男性は問題を先送りにしたり、

酷い人は一方的に彼女を振ってしまう、なんて人も。

 

そんなことされたら、女性は当然怒るし傷つく

 

今付き合っている人を傷つけてまで、

結婚を拒否したいだろうか?

 

 

結婚しない男って何?そんな男性の割合が増加する中…男女の恋愛と責任について、女たちの本音トーク!

 

では、結婚しない男性が、

女性にどう見られているか、

という実際の声をピックアップしてみよう。

 

 

「結婚できないのはやはり、人格的に何か問題ありな人」

 

「人付き合いができない社会生活不適合な人」

 

「アニメとか二次元好きで、本物の女性を愛せない人」

 

「自分しか愛せない、自己愛の塊のような人」

 

「ギャンブル大好物だったり浪費癖がひどい人」

 

「家族を守る甲斐性のない無責任な人」

 

 

…どれも辛辣

 

結婚以外の幸せの形があるといっても、

まだまだ、結婚しない男に対する女性の目は厳しい様子。

 

やはり「無責任、ずるい」と見られてしまうのだろう。

 

まだ日本人が「人は結婚すべき」

という固定観念に縛られているのが分かる。

 

30代ならまだ周りを納得させられるが、

年齢が上がるにつれ、

女性の見る目も厳しくなっていく

 

あなたは、そんな周りの評価に耐えられるだろうか?

 

 

結婚しない男は40代で何パーセント?将来結婚する可能性はある?

 

結婚しない男は40代でどれくらいいるか

知っているだろうか。

 

国勢調査の結果によると

40代男性の未婚率は27%ほどである。

 

この中で結婚する気がないとしている男性は

実に7割にものぼるのだ。

 

 

ちなみに40代男性の生涯未婚率は20%。

 

つまり40代で未婚の男性は

そのまま独身でいる可能性はそれなりに高いのである。

 

このような男性を結婚したいという意識に向けさせるのは

なかなか難しいことであるだろう。

 

 

ガイアの夜明け「結婚しない男たち」はテレビで話題に…本でも読める?「結婚しない男」のドラマも動画でチェック

 

テレ東系ガイアの夜明けで

「結婚しない男たち~30代前半 未婚率42%の理由~」

が放送されたのが10年前。

 

 

30代前半の未婚率は10年前から5ポイント上昇しており、

2015年現在で47.1%に達している。より「2人に1人は未婚

に近づいてきた。

 

「結婚しない男たち」で検索してみると荒川和久の書もヒットする。

 

 

本書のサブタイトルは

「結婚しない男たち 増え続ける未婚男性『ソロ男』のリアル」。

この「結婚しない男たち」の書評を見ると、

 

“「結婚に幻想が持てない、だから覚悟を決められない」

というのはそのとおり”

“独身男性の消費の原動力に納得

 

というようなものもあるが、基本マーケティングの本ということで、

結婚しない男たちの心持を探りえるような内容ではないようだ。

 

 

結婚しない男子を描いたドラマとしては2006年に

フジテレビ系列で放映された「結婚できない男」が有名。

 

結婚しない男の心理をコミカルに描いたドラマで、

キャストは主演・阿部寛、相手役を夏川結衣がつとめた。

 

結婚しない男性のドラマは数あれど、

この「結婚できない男」は平均視聴率17%強

アラフォー独身男性が一時社会的ブームにもなった。

 

韓国でもリメイクされ、今年続編が13年ぶりに放送されるという。

 

「結婚できない男(2006)」は

「Amazonプライム・ビデオ」で全話配信中だ。

Amazonプライム・ビデオ

 

 

結婚しない男と言えば、ドラマで知られる阿部寛(あべひろし)。実際の私生活は?高橋一生も有名?

 

結婚しない男を描いたドラマといえば高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が

AK男子(あえて結婚しない男子)を演じる

「東京独身男子」(テレビ朝日系)も放送中だ。

 

こういうドラマで演じると演者を独身だと思い込みがちだが、

阿部寛、滝藤賢一は既婚。高橋一生と斎藤工は未婚だ。

 

他にも結婚しない男性芸能人は多い

有名どころでは中居正広、坂上忍、岡村隆史…などなど。

 

 

「AERA」記事に「結婚しない男急増は「やせ我慢」が理由?」とある。

このコラムの中で結婚しない男が急増している原因は

束縛されず自由に過ごしたい」

 

一人で過ごす時間を確保したい」

「誰かに頼らず生きていける」という男が多いからと分析している。

 

ここから垣間見える結婚しない男性の考えはとにかく

一人を大事にしたい」ということ。

社会保障制度などを考えるとそれはずるい!となるかもしれないが、

 

人生の選択は人それぞれなので、

自らを大切にするライフスタイルはある意味賢いともいえる。

 

 

結婚しない男性が急増中ということは、イコール女性も結婚しない。

すなわち結婚しない男女の増加傾向を意味する。

 

30代女性の未婚率も1970年の7.2%から

2015年には34.6%に急増している。

 

 

ただしこの統計には続きもある。

結婚しない男性も40代になると寂しくなるのか、

40代前半の未婚率は30%、40代後半では25.9%と漸減する。

 

また40代前半の女性も同じく19.3%、

40代後半になると16.1%と低下する。

 

最近どこぞの大臣経験者が女性に

「子供を3人産むように」という発言をしてたたかれているが、

 

発言の是非はさておき、人口減社会というのは社会構造として

大きな問題であり、少子化対策が急務である事実は変わらない。

 

 

女性がお産マシーンでないことは事実だが、

結婚しない男性(女性)が多いということは一義的には

 

少子化が改善しないことの証でもある。

(無論未婚の出産もあるにはあるが)このことは看過できない。

 

 

まとめ

 

 

結婚しない男にスポットを当ててご紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

自分は24歳の時に結婚し、現在子供も高校1年生と中学2年生。

周りの親を見ると相当若いほうに属し、

人口減少に歯止めをかけるのにはひと役買っている。

 

無論子育ての苦労は多いが、それが面倒だから子供を産まない、

自分の時間が惜しいから子供は要らない、

というのはある意味あまりにも身勝手な論理

 

もちろん社会全体を一人一人の力が支えるという思いが

先に立ち子供を産む人はないだろう。

 

要は伴侶とともに子供を産み、

育てることに希望を感じる社会にするためにはどうしたらよいのか。

難しい課題である。

 

 

結婚しない男にも色々と考えがあるようだ。

 

 

なかなか結婚しない男性を結婚したいと思わせるのは

至難の業だと感じるが、

 

どうしてもそのような男性と結婚したい場合は

自分自身に結婚したいと思わせる魅力を

身に付けるしかないのではないだろうか。

 

 

それも難しい場合には

結婚に前向きな男性を新しく探すのが賢明である。

 

まさに、後輩のマキがスタンスを切り替えて

婚活パーティに出まくったように(笑)。

 

スポンサードリンク

恋愛・結婚
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)