icloudの使い方。初心者に。パソコン、mac、ipad、iphoneでは?動画、写真の保存は?

スポンサードリンク






icloudとは、端的にいうとapple社が提供するクラウドサービスの名称。

iphone、ipad、ipod touchを使っている人を

ターゲットにしていて、

icloud上に写真やデータを保存することができます。

また、apple IDを持っていれば、

macbookやimacといった

pcで使うこともできます。

 

とはいえ、初めてiphoneやmacbookを

手にした人は使い方がわからないのが現状。

今回は、

• Icloudとは?

• icloudの使い方

• icloudにおける便利な機能

• windowsで使うことはできないのか?

について初心者にもわかりやすいように説明していきます。

 

 

スポンサードリンク






 icloudとは?写真や動画について

 

 

icloudを使えば、

 

メッセージや写真、

 

動画の保存、

 

音楽のダウンロードを

 

メインにすることができ、

 

他にもデータのバックアップや

 

予定の同期などといったことが

 

できるようになります。

 

 

このような便利な機能は、

 

Apple idを持っている人であれば

 

だれでも使うことができます。

 

 

icloudは、

 

5GBまで無料で使うことができます。

 

しかし、

 

写真の保存枚数が多い、

 

音楽や本のダウンロードが多い、

 

 

と言った人には、

 

有料で容量の枠を広げることができます。

 

50GBまでなら月額130円、

 

200GBまでなら月額400円、

 

2TBまでなら月額1300円

 

で使うことができます。

 

 

また、ファミリー共有を使えば

 

一人が200GB又は

 

2TBのプランを購入することで、

 

家族5人まで共有することができます。

Icloud上に保存したコンテンツを

 

家族で共有することが可能になります。

 

ただ、一つのデバイスにつき

 

音楽、映画、本については

 

1つのアカウントにつき

 

最大10台、

 

パソコンだと

 

最大5台までしか

 

ダウンロードできないので

 

気を付けてください。

 

 

基本的にApple製品を持っている人であれば

 

だれでも利用でき、

 

またwindowsを使っている人でも、

 

apple idを作れば使うことができます。

 

 

icloudの設定・使い方

 

 

まず設定画面を開きます。

 

そしてapple idと

 

パスワードの画面が表示されるので、

 

入力してサインインします。

 

Icloudの登録はこれで完了です。

 

 

後はicloudのサービスを

 

思う存分使用することが可能です。

 

パスワードやidは忘れないようにしておきましょう。

 

 

 

icloudにおける便利な機能。ダウンロードしたものを保存

 

 

 

(1) バックアップと復元

 

Icloudでは、写真や動画、音楽などの

 

ダウンロードしたもの、

 

また今のiphoneで

 

何のアプリを

 

ダウンロードしておいたのか

 

という情報を

 

バックアップとして

 

保存することができます。

 

 

主に機種変更や

 

修理期間中の

 

代替携帯使用といったときに

 

役に立ちます。

 

設定の画面から

 

icloudバックアップの箇所を

 

オンにするだけで

 

自動的にバックアップをしてくれます。

 

 

バックアップしたデータを

 

復元するときは、

 

全てのコンテンツと設定の消去

 

という箇所から初期化し、

 

wifiを繋ぐことで

 

復元を行うことができます。

 

 

 

 

(2) メモや連絡先などの同期

 

icloud上では、

 

メモ、

 

予定、

 

連絡先、

 

お財布(wallet)、

 

メールを

 

同期させることができます。

 

apple idさえ持っていれば、

 

どのデバイスからでも

 

上記の保存された情報を出すことができます。

 

 

 

(3) 追跡機能

 

Icloudには追跡機能があります。

自分の持っていた

 

iphoneやipad等を

 

なくしてしまったときに

 

探せる機能です。

 

この時自分のiphoneやipadはないので、

 

今手元にある

 

パソコン等から

 

icloudにログインします。

 

そこで

 

「探す」と書かれた

 

アプリをタップすると、

 

紛失したデバイスの

 

現在地を突き止めることができます。

 

これは便利な機能ですね。

 

 

 

(4) 写真や動画、音楽等の管理

 

Icloud写真と呼ばれるものに、

 

写真や動画を保存することができます。

 

そうすることで、

 

Icloud写真上に保存した

 

写真や動画は

 

他の端末からも

 

見れることができるようになります。

 

特別な設定は必要ありません。

 

また、容量に応じて

 

最適化を選択すると

 

写真や動画は

 

小さいサイズで

 

保存することができるようになります。

 

 

 

また、icloudミュージックライブラリを利用すると、

 

音楽の管理も可能になります。

 

Apple musicから

 

自分の好きな曲をダウンロードすることで、

 

自分の好きな時に

 

好きな曲を流せるようになります。

 

 

 

 Icloudをwindowsで使うことはできないのか?

 

 

icloudは、ブラウザからも

 

利用できるので

 

windowsからでも使うことは可能です。

 

しかし、Apple社は、

 

windows用icloudとして

 

windows10専用のアプリを

 

提供してるので

 

それ以外のバージョンからは、

 

icloudを使うことはできません。

 

 

Windows用icloudでは、

 

icloud写真と共有アルバム、

 

icloud driveの機能を使うことができます。

 

Windowsのパソコンから、

 

写真や動画をアップロードすれば、

 

iPhone、iPad、macからも

 

閲覧することができ、

 

さらにiPhoneやiPadなどで

 

撮った写真も

 

Windowsのパソコンで見れるようになります。

 

また、Safariのパスワードを

 

Google chromeに自動入力ができる他、

 

Windowsコンピュータの

 

webブラウザから

 

Safariのブックマークを表示することもできます。

 

さらに、

 

windowsにある

 

Microsoft Outlookから

 

icloudのメールアドレスを登録すると、

 

@icloudで終わる

 

メールアドレスに送られてくる

 

メールを確認できます。

 

 

Appleのホームページに

 

windows用icloudのダウンロード用リンクがありますので、

 

そこからダウンロードをします。

 

ダウンロードが完了したら

 

icloud driveと写真に適用のチェックを入れます。

 

 

そうすると、

 

 

写真オプションメニューの

 

画面が出てくるので

 

icloudライブラリー、

 

新しい写真およびビデオを

 

自分のpcにダウンロード、アップロードにチェック。

 

そしてicloud写真共有に

 

チェックを入れれば完了です。

 

このように

 

windows用icloudの同期方法は極めて簡単です。

 

 

 

 icloudはおすすめ

 

写真や動画等の保存はもちろん、

 

それを自動でやってくれる機能があるのは

 

手間が省けていいですね。

 

またおすすめは紛失した時に、

 

他のデバイスから突き止めることができるのも、

 

他にはないicloud上の特別なサービスであり、

 

かなり便利な機能だと思います。

 

Windowsからも使うことができるので、

 

apple製品を持っていない人でも

気軽に始められます。

 

便利な機能が盛りだくさんな

 

icloudは利用する価値は大いにあります。

 

今回はicloudについての説明と使える機能について解説してきました。