ほっけの開きは冷凍できる?解凍しても美味しい?

スポンサードリンク






 

ほっけの開きを、親戚や知人などから一度にたくさんもらっても、

それをすぐに食べきるのは大変。そんな時に冷凍できたら便利だ。

 

そこで今回は、ほっけについてその保存方法と、

保存後も美味しく食べるコツについて紹介する。

 

 

ほっけの開きを冷凍するならコレ!超簡単な裏ワザ!

 

スポンサードリンク

 

調べてみるとほっけの開きを冷凍保存する方法は、

実はとっても簡単であることが分かった。

 

しかも材料2つあればいいので、

誰にでも冷凍保存が出来るのだ。

 

 

では早速ほっけの開きを冷凍する方法を紹介していこう。

 

[材料]

 

・ほっけの開き 1枚

 

・ほっけを包める大きさのラップ 2枚

 

・ビニール袋 1枚

 

 

[作り方]

 

1.ラップにほっけを包む。この時に隙間なく包むのがポイント。

 

 2.さらにラップを重ね、ほっけを包む。

   こうすることで魚の臭みが広がることなく保存ができる。

 

 3.ラストはビニール袋に入れて冷凍。

 

 

材料も作り方もとっても簡単なので、

急な冷凍保存にもすぐに使える方法だ。

 

また冷凍しておくと、

1ヶ月ほど保存しておくことができる。

 

調理する際には、解凍せずに、

冷凍のままグリルで加熱すると、

旨味を逃げ出さずに食べることができる。

 

大量にほっけの開きをもらったときには、

ぜひこの方法を試してもらいたい。

 

 

今回はさらにアレンジの紹介を。

 

どれも基本は先ほど紹介したものと、

ほとんど同じなのですぐに試せるだろう。

 

 

[ほっけのフライ(加熱前)]

 

衣をつけたほっけをラップで隙間なく包む

 

調理の際には冷凍のまま油で揚げる

 

 

[ほっけのフィレ]

 

袋に入れて脱気包装をする。

 

解凍する際には流水解凍をしてから調理する。

 

 

このようにただほっけを冷凍保存するだけでなく、

その後のレシピに役立つこと間違いなしの冷凍方法もある。

 

少しのアレンジで冷凍も彩り豊かになるので、

ぜひ試して見て欲しい。

スポンサードリンク

 

 

ほっけの干物は冷凍で賢く保存!風味もバッチリ!

 

次は、ほっけの干物の冷凍保存について。

 

ほっけの干物は正しく冷凍することで、

味が落ちることなく美味しく食べることができる。

 

これは他の干物の冷凍にも使えるので、

覚えておいて損はないだろう。

 

材料と作り方は先ほどと同様、

いたってシンプルである。

 

用意するのは、

干物を包める大きさのラップと、

アルミホイル、保存用袋だけ。

 

 

[作り方]

 

1.ほっけの干物をラップで隙間なく包む

 

 2.さらにアルミホイルで包む

 

 3.2 を冷凍用保存袋に入れて冷凍する。

  この際に袋に空気が入らないようにして、

  密閉状態になるようにする。

 

 

冷凍した干物の保存期間は、

週間から1ヶ月程度である。

 

また冷凍した干物の旨味をそのままにしておくために、

解凍時に冷蔵庫で解凍しないようにすることがポイントである。

 

 

つまり冷凍した干物は解凍することなく、

調理することで美味しさが保たれるのである。

 

冷凍状態のまま調理する際には、

クッキングシートなどの上に置いてから、

中火くらいで加熱するのが良い。

 

あまり弱火で加熱してしまうと、

旨味や風味が飛んでしまうので注意が必要である。

 

 

ぜひこれを利用してほっけだけではなく、

他の干物にも応用して見て欲しい。

 

このようにたくさんのほっけを貰って、

賢く冷凍保存するだけで美味しく調理することができる。

 

 

まとめ

 

今回ほっけの干物の冷凍方法を調査してみて、

冷凍保存方法は簡単にできるものだと分かった。

 

 

様々な調理法で楽しむことができ、

さらに脂も乗ってとても美味しいほっけ料理が好きな人は多い。

 

 

干物の冷凍保存は、

他の魚の干物にも応用ができるので、

覚えておいて損はないだろう。

 

大量に消費のできない干物は、

冷凍保存で賢く調理するのがオススメである。

 

スポンサードリンク

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)