話すのが苦手なのは脳の障害?「人前で話す、人と話すのが苦手で疲れる」を克服したい…仕事や恋愛、結婚でも。書くのは得意なのに、人と話すとどもるのはどうすれば?セミナーや児童支援、本についても紹介

スポンサードリンク






 

人と話すのが苦手という人は多い。

 

最近ではスマホやLINEなどの

コミュニケーションツールが便利で、

ますます人と話す機会が減っている

 

 

今回は、人と楽しく話せる方法話題のネタ選びなどを紹介する。

話すのが苦手という人の手助けになれば幸いだ。

 

 

人前で話すこと、人と話すのが苦手・・・どう克服すればいい?仕事で困らないために

スポンサードリンク

 

話すのが苦手だと、どうしても恋愛はうまくいかない。

恋愛では相手とのコミュニケーションが基本なので、

楽しい会話が続かないと相手もつまらなく思うだろう。

 

そんな場合は、楽しい話題を考えて無理して話をするよりも、

相手の目をしっかりと見て

 

話をよく聞いてあげることをおすすめする。

それによって自信が伝わるし、あなたの誠実さが相手に届く。

 

 

話を聞くときは、表情を明るくすることを意識し、

少し高めのテンションで。

 

自分が聞き上手になると、相手も色々な話題を話してくれるので

自分が話をするときの参考にもなる。

 

人と話すのが苦手で疲れるという人でも、

結婚して幸せに暮らしている人もいる。

 

 

例えば多くの男性は、

彼女にハイレベルな対人スキルを求めていない

話すのが苦手だからといって、結婚が出来ないというわけではないのだ。

 

 

人と話すのが苦手だと、仕事にも影響が出てきてしまう。

でもどんな人の場合でも、初対面の人や大勢の人が

集まる場所では多かれ少なかれ緊張してしまうもの

 

それぞれ自分なりに工夫をして克服しているのだ。

 

 

話すのが苦手な人におすすめなのが、

上手な話し方を学べるセミナー

 

人前での緊張を和らげる具体的な方法や、

仕事に役立つ話し方などを学べる。

 

気がついた頃には苦手意識がなくなり

上手な話し方ができるようになる。

 

 

話すのが苦手な児童を支える支援の場もある。

 

場面緘黙(かんもく)という症状があるのだが、

家では普通に話ができるのに、保育園や学校などの

特定の状況下では声を出して話ができないというもの。

 

未だに原因などがはっきりとしていないが、

スクールカウンセラーや発達障害に詳しい医者や心理カウンセラー

 

こどもクリニックなど

スポンサードリンク

様々な支援を受けられる場所があることを覚えておいてほしい。

何よりも、家族の温かい支えが一番大切だ。

 

 

話すのが苦手なのは脳の障害ではなく、訓練が足りないから?

 

話すのが苦手でどもる症状を一般的に「吃音」と言い、

主に小児期に発症する神経発達症群に分類されている。

 

大人になると症状が和らいでいくことが多いが、

大人になってから発症するケースもある。

 

原因としては、脳の障害や幼少期の環境などと言われることが多いが、

はっきりとした原因は分かってはいない。

 

でも、こういった症状は訓練をすることで改善できる場合もある。

 

一番大事なことは、

リラックスをして少しずつ話せるようにしていくこと。

 

「うまく話さなきゃいけない」という気持ちが強くあると、

余計にリラックスして話すことができなくなるからだ。

 

 

毎日の人との会話の中で、

「自分が少しずつでも話せるようになってきた」という

プラスの気持ちを働かせることがとても重要。

 

人と話をする前には深呼吸をするのがおすすめ。

緊張した体のこわばりをほぐしてくれるからだ。

 

話すのが苦手な人はいっそのこと「書く」ことを学び、

得意なものにするのはどうだろうか。

 

今の時代はインターネットを利用して、

ブログや在宅Webライターなど様々な仕事ができるので、

そういった手もあるということを覚えておこう。

 

 

まとめ

 

話すのが苦手なままだと、いつまでたっても苦手なまま。

 

ちょっと工夫をして、訓練することで克服することだってできる。

まずは人と話すときは相手の話をよく聞いてあげること。

 

自分が話をするときは、

楽しい話題や感情の乗る話題をするようにしよう。

 

愚痴などは長く続くと良くないが、

時には職場の不満などを聞いてあげると、

相手も感謝を覚えてくれる。

 

スポンサードリンク

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)