外付けHDDが認識しない(mac、Windows10、11)の復旧、対処法

スポンサードリンク
 





普段使っているパソコンWindows10の外付けHDDが突然認識しない!

認識しなくなった時に

考えられる原因と対策方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク
 





外付けHDDがエクスプローラーに表示されない。

 

 

外付けHDDが Windows10のファイルエクスプローラーや

ディスクの管理に表示されない、

 

マイコンピュータで認識しないという問題の

解決方法について紹介します。

 

 

症状1:Windows10で外付けHDDを認識しない

外付けHDDは大容量なので

常にデータの保存や

バックアップ用に使用されます。

 

 

通常外付けHDDは、

コンピューターに接続した後に

自動的に表示されます。

 

ただし外付けHDDが

ファイルエクスプローラー

 

またはマイコンピュータに接続されない場合が有ります。

 

この場合は

「ディスク管理」を開き、

 

外付けHDDが「ディスク管理」に

表示されないか確認します。

 

 

 

修復方法1

①外付けHDDにドライブ文字を割り当てる

Windows10で外付けHDDの

ドライブ文字が表示されないと、

 

その外付けHDDがファイル

エクスプローラーに表示されないのです。

 

この場合HDDに

ドライブ文字を割り当てる必要があります。

 

②「ディスク管理」を初期化する

外付けHDDが初期化されておらず、

未割当の領域として表示したり、

ディスク容量が表示されなかったりすると

外付けHDDの初期化をする様にしましょう。

 

 

 

③データ損失なしでMBR(マスター・ブート・レコード)を修復する

 

MBRは、HDDに不可欠な物であり、

ウイルスや不適切な操作で

壊れてしまった場合は、

 

その外付けHDDは

 

「ディスク管理」不明と

 

見初期化の状態と表示される場合が有ります。

 

この場合は、

信頼性の高いソフトを使い

 

MBRを修復することが出来ます。

 

④外付けHDDをNTFSまたはFAT32でフォーマットする

 

外付けHDDが

Windows10で認識しない

ファイルシステムでフォーマットされていると、

ファイルエクスプローラー正しく表示されません。

 

この場合、

 

外付けHDDをWindowsシステムと

互換性のあるファイルシステムで

フォーマットする必要があります。

 

 

症状2:Windows10・外付けHDDがマイコンピューターに表示されない

 

Windows10で外付けHDDが認識しないし

「ディスク管理」に表示されないなら

USBポートや

Windowsドライバに

問題がある可能性があります。

 

 

修復方法2

 

①Windowsデバイスマネージャーでデバイスドライバに関する問題を確認

Windows10で外付けHDDが

「ディスク管理」

に一覧に表示がない場合は、

デバイスマネージャーを使用して

ドライバに問題があるか確認します。

 

②USBポートを確認し、BIOSでUSBデバイスを有効にする

BIOSで外付けHDDが見つからないのは、

インターフェイスが無効になっている場合があります。

なのでBIOSに入って

USBデバイスを有効にして

コンピューターを再起動し

問題を解決します。

それでもBIOSでドライブが見えない時は

USBポートの状態を確認しましょう。

 

・外付けHDDを取り外し、別のUSBポートに差し込み、動作確認をします。

・USBハブ経由でドライブに接続出来たらコンピューター本体に接続します。

・外付けHDDが「ディスク管理」に表示され、マイコンピューターに表示されます。

 

 

③外付けHDDを診断する

外付けHDDがWindows10

「ディスク管理」

に表示されないことが

解決できない場合は、

 

ディスク診断ソフトを利用して、

 

外付けHDDを交換する必要があるか確認します。

 

Macが外付けHDDを認識しない。

 

Macが外付けHDDを認識せずアクセスできない

原因はいくつかあります。

その原因と対処法について紹介します。

 

<原因>

 

①マウントされない

Macと外付けHDDを接続しているのに

マウント解除の状態になっている時は

外付けHDDにアクセスできません。

 

②非表示になっている

「Finder環境設定」では、

デスクトップに何を表示するか設定できます。

 

外付けHDDが

デスクトップに表示する項目から

外れている為に

表示していない様に

見える場合があります。

 

③外付けHDDのケーブルが損傷

Macや外付けHDDではなく、

接続ケーブルが損傷している場合も

外付けHDDを認識することは出来ません。

 

また電源ケーブルやコンセントなどに

不具合があると

 

電源供給をしないので

外付けHDDを認識しない場合があります。

 

④フォーマットの形式が異なる

Windowsで使用していた外付けHDDを

Macに接続する時は、

フォーマット形式の違いにより

外付けHDDが認識できない場合があります。

 

外付けHDDの初期設定フォーマットは、

Windowsでしか使用できない

NTFSである場合が多く、

 

そのままMacに接続しても

認識できません。

 

 

⑤外付けHDDの故障

外付けHDDの電源がきちんとされていて、

 

電源がオンになっているのに

アクセスランプが点灯しない場合は、

 

外付けHDDの故障の可能性があります。

 

HDDが動作する時に

内部のディスクが高速回転しますが、

 

全く音がしない場合や

異音がする場合も

故障の可能性があります。

 

⑥Macのソフトウェアの不具合

外付けHDDに異常が無く

Mac側のソフトウェアの不具合で

外付けHDDが認識しない状態に

なることがあります。

 

 

<対処法>

 

①再接続や再起動をする

Macと外付けHDDとの接続不良の場合は、

ケーブルを抜いて再接続し、

再起動するだけで解消する場合があります。

 

またケーブルを接続する時に、

 

接続部分の端子に

ホコリなどが溜まっている時は

取り除きましょう。

 

②Finder環境設定を確認

外付けHDDは正しく接続されているものの、

デスクトップに表示する設定になっているか確認します。

Finder環境設定の

「一般」

タブ内にある

 

「デスクトップに表示する項目」で

 

「外部デバイス」に

チェックが入っていない場合は、

チェックをしましょう。

 

 

③ケーブルを変更

外付けHDDケーブルが損傷している場合が有るので

新しいケーブルに好感してみましょう。

 

見た目では

分からなくても

内部で断線している事もあります。

 

④他のポートに差し込んでみる

 

外付けHDDやケーブル、

 

Mac本体に異常が無くても

 

USBポートの端子部分が

損傷している事で

認識できないことがあります。

この場合、

 

別のポートに

外付けHDDを接続することで

復旧することがあります。

 

 

⑤Macのソフトウェアをアップデート

Macのソフトウェアの不具合が

外付けHDDを認識しない原因と

思われる場合は、

 

システム環境設定から

「ソフトウェアアップデート」

 

をクリックし

 

アップデートが無いか確認します。

 

ある場合は、

最新バージョンにアップデートしましょう。

 

⑥フォーマットする

フォーマットが異なる

外付けHDDにデータを書き込む場合は、

Macで再フォーマットする

必要があります。

 

外付けHDDをフォーマットすると

Macのフォーマット形式で

認識する様になりますが

HDDに保存されているデータは

全て消失します。

 

⑦ディスクユーティリティで動作確認

ユーティリティから

「ディスクユーティリティ」を選択し、

 

外付けHDDマウントできていれば、

画面に外付けHDDの名前が表示されます。

 

外付けHDDあマウントできない場合は

 

「マウントされていません」

と表示が出ます。

この場合は、

 

「マウント」

 

をクリックして

 

外付けHDDをマウントします。

 

⑧First Aidで簡易修復

ディスクのフォーマットや

ディレクトリ構造に関するエラーが

外付けHDDを認識しない

原因と思われる場合は、

ディスクユーティリティで

修理や復旧できることがあります。

 

⑨セーフモードで起動

①~⑧までの対処法をしても

外付けHDDを認識しない場合は、

Macをセーフモードで起動してみると

復旧することがあります。

 

バッファローの復旧サービス。

 

Macが外付けHDDを認識せずアクセスできない原因は

いくつかあります。

その原因と対処法について紹介します。

<原因>

①物理障害が発生

何らかの影響でHDDに衝撃を与えたしまった場合です。

例えば落としてしまったり、

叩いた場合などです。

 

また水没や熱暴走なども物理障害です。

 

②倫理障害が発生

・フォーマットを促すエラー表示

・フォルダやファイルが開かない

・ファイル枚が変わった

・外付けHDDを安全な取り外し方法以外で取り外しダメージが加わった

 

倫理障害はデータの復旧がしやすいと

言われていますが

 

程度に寄るので注意しましょう。

 

③USBケーブルやACアダプタの故障

USBケーブルを抜き差しすることで

 

接触不良や基盤の劣化による

 

故障が発生することがあります。

 

ACアダプタも劣化により

電力供給が出来なくなり

動作が安定しないことがあります。

 

※バッファロー製品の場合、「付属品購入の利用ガイド」から付属品が購入できるので確認してみて下さい。

 

 

<対処法>

①外付けHDDの電源やUSBケーブルの確認

機器のランプが点灯しているかで通電している確認できます。

もし通電してない場合は、

USBハブを経由せずに

パソコンに接続し確認してください。

もう一台パソコンを持っている場合、

別のUSBポートに機器をつなぐことで

パソコン側の問題か、

機器の問題かを

確認する事が出来ます。

 

②デバイスドライバが認識されているか確認

デバイスが認識されているが

フォルダやファイルが開かない場合、

データが破損している可能性があります。

 

この場合は一般的に

 

対処は難しくなり

 

データ復旧は専門の業者に依頼する方が安全です。

バッファロー製品の場合は

「バッファローデータ復旧サービス」の相談すると

対応やアドバイスをして貰えます。

 

 

外付けhddを使ってテレビの替わりにする。

 

テレビを処分して

映像はインターネットで見る。

その場合に動画を外付けhddにいれておくことで

便利になります

 

HDDは大きく分けて

「外付けHDD」と「内臓HDD」

の2種類があります。

 

<外付けHDD>

設置方法は簡単で、

 

外付けHDDに付属している

USBケーブルにパソコンをつなぐだけで

自動的に認識してくれます。

 

外付けHDDは、

パソコンに接続して使う機器なので、

どうしてもHDDのサイズ分や

デスクスペースあ必要になってしまう

デメリットがあります。

 

選び方は

 

「据置型」と「ポータブル型」

 

の2種類があります。

 

・据置型

 

メリット:

容量当たりの単価が安く、

大容量モデルも多数あります。

 

デメリット:

本体サイズが大きいので

設置スペースが必要な事で、

ほとんどがACアダプタが必要です。

 

 

・ポータブル型

 

メリット:

サイズが小型なので狭いスペースで設置出来たり、

ノートパソコンと一緒に持ち歩いたりすることが出来ます。

ACアダプタが不要で

USBケーブルで電源供給が出来ます。

 

デメリット:

 

HDDの読み書きが遅い事です。

 

また容量当たりの単価が悪だ勝ちなっている様です。

ポイントとして据置型は

デスクトップ向きで、

ポータブル型はノートパソコン向きと

言えるでしょう。

 

 

外付けのHDDが認識しないときに無難なのは

 

外付けHDDが突然認識しなくなったら、

メーカーに相談する前に

簡単な原因証左と対処法を実践してみましょう。

ちょっとしたことで解決するかもしれません。

 

対処法を実施しても効果がない時は、

メーカーに相談しましょう。

外付けHDDが認識しなくなっても

 

慌てず冷静になりましょう。

 

パソコンは精密機械なので

やってはいけないことが有ります。

 

やってしまうと大事なデータが消えたり破損したりし、

 

復旧できなくなる可能性があります。

 

修理に出す前にバッファローのサポート情報の確認をしましょう。

 

外付けHDDが認識しなくなったら、

まずは冷静に対処し、

無理に自分で修理しようと思わず

メーカーに相談する様にしましょう。

 

 

コメント

  1. てる より:

    さんこうにしました

テキストのコピーはできません。