語学留学を社会人40代がするなら費用は?おすすめは短期?メリットとデメリット、仕事の休職、北京や韓国へ語学留学する社会人について

スポンサードリンク






 

転職の選択肢を拡げるために、30代40代になってから

語学留学する社会人が増えてきている。

今は50代以上も全く珍しくない。

 

ただ、短期間で結果を出すためには場所選びが大事。

今回は、時間がない社会人におすすめの留学先を紹介する。

 

 

語学留学する社会人40代、費用は?

スポンサードリンク

 

語学留学する社会人にとって、様々なメリットやデメリットがある。

 

 

例えば、社会人としての視点から語学留学ができるので、

語学以外にもビジネスマナーや日本の立ち位置など、

物事を客観的に捉えることができる。

 

ビジネスで使う英語が実践的に学べるので、モチベーションも上がり、

今後の自分のビジネスに役立てることができるのは大きなメリット。

 

 

一方、40代の社会人にとって足りないのは時間や費用

 

語学留学するためには、学校の授業料や現地での生活費

渡航費など、様々な費用がかかってしまう。

 

 

もちろん、留学中は会社の収入は一切入ってこないので、

留学期間や学校選びなどは、慎重に計画を立てる必要がある。

また、長期間の留学は当然仕事のブランクにも繋がる。

 

失敗しないためには、語学留学で自分が何を学ぶのかをはっきりとさせて、

期間を考えることが大事になる。

 

 

社会人の語学留学におすすめの国はフィリピン

中でもセブ島は日本から近いので、社会人にとって

移動の負担が小さい。

 

当然航空券は安く済むし、

短期留学後にリピーターになった場合でも、通いやすさは魅力だ。

 

 

フィリピンのセブにはマニラ以上に

英語を流暢に話す人が多いのでお勧めだ。

 

セブには絵に描いたような美しいリゾート

あるのもうれしいポイント。

 

疲れたときは浜辺でリラックスできる。

 

 

同時通訳を目指すのでない限り、

ネイティブスピーカーのいないセブで英語を学ぶのは

 

コストが抑えられること、スラングが少なく基本的で綺麗な英語を学べること、

発音が高度すぎないことがメリットとなる。

 

 

社会人が北京や韓国に語学留学をして現地で働き、

帰国後も中国語に関わって生活をしている人がいる。

 

特に北京の場合、標準語に近い中国語を学べるメリットがある。

北京言語大学が中国で最も実績のある大学。

外国人留学生の受け入れや教育がしっかりとされている。

スポンサードリンク

 

 

語学留学する社会人におすすめは短期?

 

語学留学する社会人は、休職する必要がある。

その間当然給料は入らないので、いかに短期で成果を

上げるかが重要なポイントとなる。

 

 

語学留学をした社会人が帰国後、

仕事を棒に振るというパターンはよくあること。

 

社会人が留学で失敗するのは、本質的には学生が

留学して英語をモノにできず帰国するのと同じ。

 

海外での心細さから、

他の日本人とつるんでしまうことが原因だ。

 

 

環境を変えて「英語脳」に容易に切り替えられるチャンスなのに、

結局日本人と行動を共にすることでこれが妨げられる

 

だらだらと長い時間をかけずに、

短期集中で語学留学に取り組むことをおすすめしたい。

 

 

その方が語学留学の成果は一段と上がるはずだ。

 

語学留学は短期であれ長期であれ、

一時的に英語漬けの環境に身を置くことによって

あなたの英語脳に負荷がかけられる。

 

しかし留学を終えて帰国すると、

英語を使わない日常に再び戻って、留学の効果は

あっという間に薄れてしまう。

 

 

英語の効果を維持するために、社会人のあなたができるのは

スカイプ英会話の活用だ。

 

幸いなことに、今は月数千円からスマホさえあれば

どこでもインターネットで英語が話せてしまう。

 

帰国後は是非オンラインスカイプ英会話を活用し、

語学力を維持し、さらに伸ばしていく工夫をしてほしい。

 

 

まとめ

 

語学留学する社会人におすすめの国は、

リゾート気分が味わえるフィリピンのセブ島

語学学習で疲れたときは、ビーチの砂浜でリラックスできる。

 

何事も息抜きは肝心だ。

 

 

でも、語学留学を成功させるためには

徹底的に英語を学ぶぐらいの姿勢を持っておいてもらいたい。

 

スポンサードリンク

語学
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)