銀魂のそうしきは問題作?葬式回は何話?何巻。葬式って。神楽。アニメ。

スポンサードリンク
 





第231話でアニメ銀魂で葬式のが終わってない時、

突然、死んだはずの親父が起きあがるのでビックリするのです。

 

銀魂の神楽の葬式回はアニメでは296話です。

 

この葬式編は神楽の誕生日の1日後に放送したのです。

 

山崎の葬式の回は何話?

 

第105話です。謝罪会見やクレーム・人気漫画が原作・その他にも

 

銀魂 そうしきに関する記事を紹介します!

 

 

 

 

スポンサードリンク
 





銀魂 アニメって何期まで・何話から何話までですか?海外の反応!

 

 

 

銀魂(第1期) 〜201話

銀魂’(第2期) 202〜252話 前51話

銀魂’ 第2期延長戦(第253〜265話) 全13話

銀魂゜(第3期)第266〜316話 全51話

銀魂.(4期)第317話~第324話(最新話)

 

 

銀魂見終わったんだけどとても良かった。

 

 

多分二度のこんな作品に出合うことはないと思う。

 

 

 

1人も嫌いなキャラクターが居ない作品は

 

 

初めてかもしれないです。

 

 

銀時は今のジャンプの主人公と比べたら

 

 

間違いなく最高の主人公でもっと見たい!

 

 

また、放送して欲しいですと海外の反応でした。

 

 

 

 

【銀魂】葬式回は何話?神楽や山崎の葬式回のあらすじ!

 

 

 

 

銀魂で初めて葬式回と呼べるちょっとした話のネタは

 

 

『銀魂』の登場人物の

 

 

父親と缶蹴りをする回になります。

 

 

漫画「銀魂」では9巻の第716訓、

 

 

アニメ「銀魂」では48話になっています。

 

 

 

神楽の前に缶蹴りがしたいと言う

 

 

年寄りが出て来ます。

 

 

断る神楽の前になんでも屋と

 

 

『銀魂』に登場する

 

 

飲食店の定員が出て来ます。

 

 

缶蹴りより焼肉に行きたいのですが、

 

 

年寄りはうるさく缶蹴りしたいと言うのです。

 

 

怒ったキャサリンが缶を遠くに蹴ってしまいますが、

 

あっという間に缶を拾ってきた年寄りに驚きます。

 

 

仕方なく缶蹴りをすることにした一人一人ですが、

 

 

早く終わるように計画を立てます。

 

 

 

同じ時刻『銀魂』の登場人物の家の敷地では、

 

 

全蔵の父親の葬式が行われていました。

 

 

 

最初はしかたなく缶蹴りを始めた銀時達でしたが、

 

 

大変優れて能力をもっている動きをする

 

 

年寄り相手に

 

本気で缶切りを楽しんで遊んでいました。

 

 

 

全蔵の家の敷地では亡くなった

 

 

父親が缶蹴りが好きだったと、

 

 

ちょっとした話題です。

 

 

ジャンプを全巻売られて悔しかった

 

 

思い出を全蔵が話ししていました。

 

 

 

遺体を入れて納める箱の中にいる

 

 

全蔵の父親は銀時達と缶けりをしている

 

年寄りと同じ顔をしていました。

 

 

 

姿を変えて出たら

 

遊んでほしいと全蔵は言います。

 

 

 

実は缶蹴りをしている

 

年寄りは幽霊だったという笑い話でした。

 

 

父親の事を悪く言う全蔵が、

 

 

アニメでは悲しいのを

 

都合の悪いことを隠したり、

 

 

相手に分からないようにいる感じなのです。

 

 

銀魂の葬式回では

 

珍しく感動できる話になるのです。

 

 

 

 

銀魂の、神楽お葬式編について!dTV銀魂イッキ見上映会決定!

 

 

 

「愛情が本物なら仮病くらい見抜いてくれる」

 

とは思います。

 

 

実際銀さん達は神楽が声を出すまで

 

仮病とは気付かなかったのです。

 

 

その上、神楽が死んでいなかった事を嬉しがるより、

 

 

葬式に掛かった金の事が心配になり、

 

 

本当に遺骨を墓などに納めようとしました。

 

これって結構酷い最後的な結果です。

 

 

 

映画「銀魂 THE FINAL」の映画館の入場料金収入15億円、

 

 

お客さんの数113万人すごい勢いで大ヒットを記念しました。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

アニメ『銀魂』は、

 

「dアニメストア」「Netflix」

 

「ニコニコチャンネル」「U-NEXT」

 

などで見ることができます。

 

 

考えや行動がやりすぎの激しい表現もあり、

 

記者会見に、

 

本当に見ている人から苦情・クレームがあった『銀魂』。

 

 

 

この作品だけの振り切れた

 

「めちゃくちゃ」度合いは、

 

見ている人を楽しませたり、

 

笑わせたりするのです。

 

 

嫌なことがあった時のストレス発散として、

 

ぜひ映画をご覧ください。

 

 

 

コメント

  1. とあ より:

    みてた

テキストのコピーはできません。