福岡への移住と補助金!独身が失敗して後悔しないために…芸能人やおすすめの仕事、支援(移住支援)など…移住したい人が多い人気の理由をブログで紹介

スポンサードリンク


 

九州で最も都会である福岡は、移住したい地域の上位に入っているが・・・

実際に福岡に移住した人はイメージどおりで満足しているのか気になる。

 

 

後悔や失敗したと感じているなら、

何を後悔しているのだろうか、仕事であろうか?

 

移住するための支援や補助金はどうなのか?

 

この記事では、おすすめや人気の場所もご紹介しよう。

 

 

スポンサードリンク

福岡に移住して後悔するのは仕事?失敗の理由をブログで

 

福岡の糸島に移住し、仕事をしている方の

ブログから失敗の理由を見てみよう。

 

2016年に糸島市に移住。

糸島市は外国人観光客が多く、都会すぎないというのが決めた理由。

 

事前調査は1度旅行で訪れただけで、

住む部屋はネットで最初に載っていたのに決めた。

完全に勢いだけで移住した。

 

糸島は住みたい街のランキング1位で、

市内からすぐ近くの海沿いの田舎町。

海沿いのおしゃれなレストランと絶景、とてもイメージがいい。

 

移住して、仕事を探してみると、求人はあるが、

仕事内容の幅が狭く、同じ仕事を選ぶと収入は下がるが

生活にかかる費用はそれほど変わらない。

 

 

住宅費は東京に比べ、半額か3分の2位で圧倒的に安いが、

食費はそれほど変わらない。

 

 

交通費に関しては、車を持ってないと生活ができないので、

ガソリン代、駐車場代がすごくかかる。

 

収入が減り、生活費があまり変わらないので、

福岡で同じ仕事で田舎暮らしを楽しめると思ったら、後悔する。

 

 

このブログから、田舎は物価が安く、

暮らしやすいと思い込んでいるところがあるが、

田舎だからこその必要経費もあるということがわかる。

 

注意点は、イメージや思い込みで決めるのではなく、

事前調査をしっかりと行う必要があるということだ。

 

 

福岡の移住支援ってどんなもの?移住したい人向けの補助金による支援

 

福岡県へ移住を考えているけれど、住まいは、

仕事はと不安材料がいっぱいあるだろう。

 

福岡移住の支援はどんなものがあるのか、

求人の情報はどうであろう。各市町村別に見てみよう。

 

 

糸島市は、住宅取得補助、空き家バンク制度、

マイホーム取得奨励金、

九大生向け生活応援補助など補助金がたくさんがある。

 

筑後市は、夫婦の年齢が合計80歳未満であることが条件で、

新婚世帯家賃支援制度がある。

賃貸住宅の家賃を1ヶ月1万円を最長36ヶ月を上限に補助してくれる。

 

久留米市は、転入ファミリー定住奨励補助金として、

市外から転入した人に基本額10万円と

加算額20万円の合計30万円が定住奨励補助金が交付される。

 

また、交付対象世帯で福岡市等へ電車等の

通勤定期券を利用する場合は、

1世帯1名に通勤定期代の1部を補助してくれる。

 

このように、支援は市町村により

支援内容も金額も様々である。

 

 

注意点は、情報収集をして

自分の生活スタイルに適した地域かメリット、

デメリットを検討し、慎重に決めることだ。

 

 

福岡に移住するならおすすめのエリアは?独身や家族に人気なのは

 

福岡の移住先なら博多区がおすすめ。

アジアの玄関口と言われているように、

福岡空港に近く、交通機関が充実している。

 

都心部は都会であるが、地域が広く、

都会と田舎が共存しているのが博多区である。

 

そんな魅力あふれる福岡は、

移住先として先進地でありながら田舎の雰囲気も残している。

 

独身であれば、中央区薬院は穴場。

都心に近いので家賃は高めだが、

通勤のアクセスが良いので交通費が安く済む。

 

おしゃれなカフェがあり、スーパーマーケット、

ファストフードも充実している。

 

姪浜は福岡のベットタウンと言われている。

都心から少し離れているので、家賃が安い。

 

海が近い。スーパーマーケットも多い。

居住者に転勤族が多いので、閉塞感がない。

独身にも家族がある人にもおすすめ。

 

 

子供がいる家族におすすめは、

子育てしやすい街として注目されている新宮である。

 

交通の便がよく、スーパーマーケット、病院も充実している。

天神から2駅の平尾は治安がいいので、家族向きである。

 

 

福岡に移住した芸能人って誰?

 

福岡空港のある福岡は、東京への交通のアクセスが良いので、

福岡に移住する芸能人もたくさんいる。

 

元モーニング娘の中澤裕子さんが2014年頃に福岡に移住した。

結婚、出産ののちにご主人の仕事の都合が理由で移住した。

現在はテレビ4本、ラジオ2本のレギュラー番組を持ち大活躍している。

 

 

おすぎさんは2010年に移住。

移住の理由は、札幌と福岡を比較して、

温暖な気候の福岡を選んだと言っている。

 

嘉麻市の観光大使に任命されている。

 

他にも、お笑いコンビのパラシュート部隊さんや

結婚を機に移住した谷桃子さんらが、活躍している。

 

 

福岡移住計画。流行らせたのは須賀さん?求人も?

 

福岡移住計画とは、「自分らしく生きる」をテーマに、

福岡への移住サポートや福岡のコミュニティ情報を発信している。

 

福岡移住計画のイベントとして、

2014年に「ぼくらの福岡移住計画2014inTokyo」が開催された。

同年11月に「Aibnb×福岡移住計画」を開催。

 

また、京都、札幌、福岡等々、

東京から各地へ移住した人、したい人の交流、

生活面から求人などの情報交換イベントを開催している。

 

ママと子どもの良い暮らしは、福岡移住計画とママリボンの共同企画である。

 

福岡移住計画の主催者の須賀大介さんは、

自らも福岡への移住者で、2013年に、

自らの体験を基に福岡移住者をサポートする福岡移住計画を立ち上げた。

 

 

まとめ…福岡など九州に限らず、例えば札幌に移住して失敗したと後悔する独身も。福岡はやはりいい?

 

福岡空港が近く、東京へのアクセスが良いし、海があり

風光明媚な福岡。

 

福岡の中心部は商業施設も交通機関も充実している。

 

 

福岡は、公的な移住支援のほかに、

「福岡移住計画」が〝自分らしく生きる″を

コンセプトに移住したい人と移住する人に向けて情報を発信している。

 

「ママリボン」という団体は

普通に親子でどこでも行けて、

どこにも親子がいるのが日常風景″の街づくりを目指して活動している。

 

移住して、思い描いた生活、

自分らしい暮らし方を実現するための情報はたくさんある。

 

事前に情報収集をしっかりして、

後悔のない納得できる移住をしよう。

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント