ひな祭りの年齢、いつまでお祝いすればいい?その常識正しい?

スポンサードリンク






 

3月3日、女の子のお祝いの日であるひな祭りについては、

「何歳まで祝うの?」  「ひな人形はいつまで飾るの?」

といった、ひな祭りで祝う年齢に関する疑問を抱えていますよね。

 

そこでこの記事では、ひな祭りの正しい期間

さらに知っておいた方が良い知識をお届けします。

 

 

ひな祭りのお祝い、年齢のギモン。いつまで?

 

スポンサードリンク

 

結論からいうと、

ひな祭りに年齢制限はなく、

何歳でも祝っても良い行事です。

 

個人的には、多くの人がそれぞれのタイミングで、

ひな祭りのお祝いをやめてしまうので、

どこかに年齢制限がある行事だと勘違いしていました。

 

いくつになっても、

女性の幸せを願う気持ちは変わらないと思います。

 

これからでも、

ご家庭にしまったままになったひな人形を飾って、

家族で祝ってみてはどうでしょう?

 

 

比べてみました!ひな祭りの習慣は地方によって違うらしい

 

 

実は、ひな祭りの習慣は地方によって異なるのです。

 

今回は、全国のひな祭りの習慣について、

いくつかご紹介します。

 

 

ひな祭りでは、一般的に、

ひな壇にひなあられやひしもちを供えます。

 

しかし、さまざまなひな祭りのご当地お菓子がある

ということを知っていましたか?

 

・引千切(ひちぎり)

京都府の上生菓子で、

よもぎ餅を引きちぎった形になっており、

その上に赤や白の餡、きんとんが乗せられています。

 

・おこしもの

愛知県で供えられる和菓子です。

米粉を練った生地を鯛や扇などの木型に入れて、

蒸したもので、とてもシンプルです。

 

できたてのものをきなこや砂糖醤油につけて、

食べられる方が多いそうです。

 

・桃カステラ

長崎県では、

桃を不老長寿の果実とし、桃を使った長寿を願う

という中国の風習と、

 

長崎の伝統的なお菓子であるカステラが融合し、

桃カステラが誕生しました。

 

この他にも実際、全国には

まだまだたくさんのひな祭りのご当地お菓子があります。

 

みなさん、沖縄県で行われている

浜下り(はまうり)」という行事を知っていますか?

スポンサードリンク

 

沖縄県では、旧暦に基づき年中行事が行われ、

4月14日は旧暦の3月3日にあたり、

沖縄県のひな祭りとして知られる「浜下り」の日です。

 

女性は浜に行き、砂を踏むことで身を清めます。

 

またそこでごちそうを食べたり、

潮干狩りなどの浜遊びを楽しむ方も多いそうです。

 

地方によって違った習慣があるのも

ひな祭りの1つの魅力ですね。

 

 

ひな祭りは中国からやってきた!その風雅な始まり

 

ひな祭りの始まりは、

漢の時代の中国までさかのぼります。

 

昔、中国で上巳の節句(3月3日)に

曲水の宴」という行事が行われていました。

 

これは小川の上流から盃を流し、

それが目の前を通り過ぎる前に詩歌を詠み、

その盃を飲むという風雅な風習でした。

 

これが平安時代の日本に伝わり、

 

自分の身の上に起こる災難と、

生年月日を書いた紙で作られた人形(ひとがた)を、

川に流し捨てた行事である「巳の日の祓」が行われるようになりました。

 

また、中国の次のような話が、

「巳の日の祓」の起源であるともいわれています。

 

昔、徐ちょうという男性は3人の女の子を授かったが、

3日も経たないうちに、3人全員が死んでしまいました。

 

その際に徐ちょうの悲しんでいる姿を見た村の住人たちが、

酒を持ち、3人の女の子の死体を清めて水葬しました。

 

「巳の日の祓」で使われた紙の人形が、

現在の華やかなひな人形になったとされています。

 

 

まとめ。いくつになっても・・・

 

ひな祭りは、

年に一度の女の子の幸せと健やかな成長を願う

素敵な行事

 

お子さんが女の子の家庭では、家で華やかなひな人形を飾り

ちらし寿司やひなあられを食べて、

毎年ひな祭りを楽しむと思います。

  

 

確かに、ひな祭りで祝う年齢については、

中学に上がる前まで、または結婚して家を出るまで、

といったように、さまざまな意見があります。

 

自分の場合は、ひな人形を飾るのが大変に感じ、

子供も興味が次第になくなってしまったので(笑)

小学生までしか祝っていませんでした。

 

それ以来、ひな人形を見ていません。

 

 

しかしお伝えしたように、

ひな祭りで祝う年齢に制限はなく、

いつまでも祝っても良い行事です。

 

 

そもそも、最近ではひな祭りについてよく知らず

興味がない方も増えてきたのではないでしょうか。

 

この記事を通じて、

ひな祭りについての新たな発見があり、

これからも祝いたいなと思ってもらえたら幸いです。

 

スポンサードリンク

国内
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)