2月が如月?意味と由来を調べました!如月って何月?そもそも読み方は?

スポンサードリンク






 

2月は如月と言いますが、その理由や意味

知っている人って少ないですよね。

 

社会人なら知っておきたい常識。

 

なぜ如月なのか

その他月にまつわる豆知識を紹介します。

 

 

如月って何月?2月=如月?その意味と由来は?社会人なら知っておくべき常識!

スポンサードリンク

 

2月=「如月」など日本古来の各月の呼び名を、

和風月名」と呼ぶ。

 

1月は睦月(むつき)、3月は弥生(やよい)と呼ぶ言い方。

 

こうした言い方は古くからあり、

奈良時代に書かれた「日本書紀」に、

「如月」や「弥生」などの言い方が記載されているのだ。

 

和風月名に風情を感じるのは、

その月にふさわしい呼び名だからこそである。

 

また「睦月」「如月」「弥生」…

と呼ぶ言い方は「異名」・「異称」とも言う。

 

 

2月について改めて知ろう!如月の意味

 

2月=「如月」

 

さて。何故「如月」と言うのか。

様々な説がある。

 

■「着更着(きさらぎ)」

寒さで着物をさらに重ねて着ることから

↑この説が一番有力とされる。

 

■「気更来(きさらぎ)」「息更来(きさらぎ)」

気候が陽気になる季節であるから…

 

■ 「生更木(きさらぎ)」

草木が生え始める月であるから…

 

■「草木張り月(くさきはりづき)」が転じた。

草木の芽が張り出す月であるから…

 

と様々である。

 

 

今さら聞けない!?如月の読み方

 

自分も若い頃は…何って読むの?

 

にょげつ??」「じょげつ??

 

なんて思っていたけど…

読み方は「きさらぎ」である。

 

「如月」という漢字があてられたのは、そう、

中国の2月の異名「にょげつ」が由来しているそう。

 

「如月(にょげつ)」には、

寒い冬を終え春に向かって、

万物が次第に動き始めるという意味がある。

 

 

<2月「如月」以外の異名>

 

 ・卯の月(うのつき)

 

 ・初花月(はつはなづき)

 

 ・大壮月(たいそうづき)

 

 ・殷春(いんしゅん)

スポンサードリンク

 

 ・梅見月(うめみづき)

 

 ・建卯月(けんうづき)

 

 ・仲春(ちゅうしゅん)

 

 ・仲の春(なかのはる)

 

 ・分月(ふんげつ)

 

 ・小草生月(おぐさおいづき)

 

 ・初花月(はつはなつき)

 

 ・衣更着(きさらぎ・きぬさらぎ)

 

 ・木芽月(このめづき)

 

 ・雪消月(ゆききえつき)

 

 ・雪消月(ゆきげしづき)

 

 ・麗月(れいげつ)

 

 ・桃華(とうか)

 

 ・小草生月(をぐさおひつき)

 

 ・開氷(かいひょう)

 

 

と様々な呼び方がある2月。

他にもまだある様…

 

長くなりそうなのでこの辺で…笑

 

その中で「如月」が一般的な読み方である。

 

 

<別の月の和風月名>

 

1月:睦月(むつき)

 

2月:如月(きさらぎ)

 

3月:弥生(やよい)

 

4月:卯月(うづき)

 

5月:皐月(さつき)

 

6月:水無月(みなづき)

 

7月:文月(ふみづき)

 

8月:葉月(はづき)

 

9月:長月(ながつき)

 

10月:神無月(かんなづき)

 

11月:霜月(しもづき)

 

12月:師走(しわす)

  

 

2月は如月、3月は…?知っていくと楽しい

 

「如月」って、昔からある呼び名という事以外に

沢山の意味を含んでいるんだな、と調べていて自分も

勉強になった。

 

「如月」と聞いただけでは何月?と言った感じですが、

由来や意味を知ると、

 

寒い時期、春に向かっている時期なんだな、と

思い浮かべられますね。

 

 

完全に感想になりますが、私は「如月」と聞くと、

あの永井豪の代表作を思い出します(笑)

 

如月ハニー」でしたよね。

 

 

因みに気になって、

名字が「如月さん」はいるのかな?と調べたら、

全国合わせて数人いるみたいです。

 

かっこいいですね、「如月さん」って。

 

2月産まれ予定の子は、

お名前を「如月くん」「如月ちゃん」にするか、

考える人もいるみたいですね。

 

 

と話はズレましたが…

 

「如月」について紹介してきました。

 

 

進化も大事ですが、昔からある和風月名を使うのは、

とても美しいな…と感じますね。

 

 

皆さんも少し興味が沸いたでしょうか?

 

 

「1月・2月・3月…」と言うのではなく、これからは

睦月・如月・弥生…」と言ってみてもいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

国内
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)