海外のドラマで英語を学習!初心者に海外ドラマでおすすめなのは?効果はある?スクリプトつきで無料のおすすめを紹介

スポンサードリンク






 

英語の学習に海外ドラマが役に立つのはよく知られているが・・・

やみくもに選んでも、特に初心者には効果が薄くなる。

 

そこでこの記事では、初心者におすすめの

海外ドラマを紹介する。

 

 

英語の学習に選んだのは海外のドラマ。英語学習への効果は?

スポンサードリンク

 

俺の知る限り、正しいノウハウを学んだうえでシャドーイングを

続けることが、日本人英語の発音の癖を直すのにベストな方法。

 

そしてこのシャドーイングはもちろん、リスニング練習や

定番フレーズのピックアップに使えるのは、やはり海外ドラマ

 

 

インドでの起業が決まってから、付け焼刃とは知りながらも

急いで英会話を学ぶ必要に迫られた数年前。

 

恵比寿在住のトニーを始め、日本人より外国人の友達が多かった

俺だが・・・彼らに会いに行って短時間だけ英語の相手をしてもらう

よりも、自分でできる英語学習法を選んだ。

 

海外のような非日常が好きな俺は、英語学習とはいいながらも、

映画と同様に海外ドラマの内容自体にも興味を持てたから、この

ワークは楽しく続けることができた。

 

川越は岸町の、あの線路沿いのマンションに愛猫のサリーと

引きこもっていた日々が懐かしい(笑)。

 

 

海外ドラマが英語学習に役立つ理由と、海外ドラマ(スクリプトつきで無料)で初心者におすすめのシットコム

a young woman talking to herself on the tin can phone

 

海外ドラマを英語学習に勧めるのは、映画よりも短く、さらに

英語圏のネイティブの日常にある自然な会話が交わされているから。

 

特にいわゆるシチュエーションコメディ(シットコム)では、

この傾向が顕著だ。

 

シットコムは基本的に毎回同じメンバーが登場し、珍事件が

起きたりとシチュエーションだけが変わるスタイルで、大体1話が

30分程度で終わることが多い。

 

リスニングにチャレンジすると分かるが、彼らが日常使う自然な

会話なだけに、聴解は意外と難しい。それこそ慣用表現やスラングの

応酬(笑)。

スポンサードリンク

 

ただし俺の知る限り、留学なしでバイリンガルになった周りにいる

日本人のほとんどは、ほぼ全員がシットコムでトレーニングを積んだ

経験を持っているほど、英語学習に力を発揮する。

 

有名どころでいえば・・・

 

「Friends」

シットコムの定番であると同時に、英語学習でも王道的存在。

聞き取りは意外と難しい。

 

「Full House」

「Friends」の聞き取りが難しすぎるという場合はこちらを。

どちらかというと初心者向き。

 

「Two and a Half Men」

 

チャーリー・シーン出演。個人的には好きだし、英語学習に

使っている人も意外に多い作品。

 

「The Suite Life of Zack & Cody」

毎回、レギュラーメンバーとゲストを迎えるスタイル。

これら以外にも「Sabrina, the Teenage Witch」「Growing Pains」

など、アメリカのシットコムは豊富。

 

youtubeでもアップされているし、DVDでも様々なものが

レンタルできるので、自分に合う作品を見つけて是非活用したい。

 

 

子供にお勧めの英語学習法

 

仲間の主婦、四国に住む克子さんから、

 

「3歳の娘に英語を勉強させたいのですが、どうしたら

いいでしょうか?」

 

という質問をメールでもらった。

そんなに早くから学べる娘さんが羨ましかった(笑)。

 

 

彼女にお勧めしたのは、ディズニーやピクサーなどの海外アニメ

特にピクサーは英語が綺麗なので、学習に向いている。

 

これは大人も同様だが、順序としてはまず日本語で内容を把握

してから、英語音声で視聴すること。内容的にも面白いので、興味を

持って観ているうちに、子供なら自然に英語を覚えてしまう。

 

 

将来のために子供が小さい頃から英語を学ばせるのは大いに

結構なことだが、英語に偏りすぎず、まず日本語をきっちり教える

ことを忘れないようにしたい。

 

バイリンガルの間では、英会話の上手な人は日本語で話しても

面白い、というのが常識。

 

日本人である以上、正しい日本語のベースがあるのは当然だし、

コミュニケーション能力のない英語オタクには育ってほしくない(笑)。

 

スポンサードリンク

語学
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)