ドラえもん夢幻三剣士のラストは怖い?トラウマ、トリホー、ドラえもん映画、失敗作?

スポンサードリンク






夢幻三剣士は長編より長いドラえもんシリーズ、

ドラえもん映画化15周年記念して作った作品です。

 

 

『ドラえもん、夢幻三剣士』で調べると

 

人気のある怖いシーンもある映画作品ですが、

 

本当に怖いのか?気になる、

 

あらすじ・ネタバレを紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク






トリホーの正体。あらすじ・ネタバレ!

 

 

 

トリホーは夢幻三剣士の動作前にのび太の前に現れたときは

 

人間に近い姿で、夢幻三剣士の中では鳥の姿をしています。

 

 

そしてトリホーは夢幻三剣士のカセット配送を

 

早くするように

 

 

要求を

 

未来デパートに対して

 

 

本当の世界ののび太の家の屋根で行っていたから、

 

 

本当の未来世界と電話できるだけの

 

 

技術をもっているということになります。

 

 

 

夢の世界の存在なら

 

現実世界で本当の姿をもてないです。

 

 

 

 

ユミルメ国の文化は一度くらいの基準の高さですから、

 

 

トリホーはユミルメ出身の国ではないと思います。

 

 

 

のび太に授けた知恵の木の実についても

 

 

 

夢幻三剣士の文化の程度ではなく

 

 

これから来る世界の階段にあります。

 

 

 

 

トリホーが夢世界に住んでいる人なら

 

 

 

ゲーム外に出られないと思っていたのですが、

 

 

 

トリホーはゲーム外に出ることができているのです。

 

 

 

 

 

 

【あらすじ】

 

 

のび太は、夢の中で謎のヒーロー

 

 

「黄金ハット」になって

 

 

 

 

ジャイアンとスネ夫を助け、

 

 

しずかちゃんを怪物から助け出します。

 

 

 

 

そしてのび太は、

 

 

 

「黄金ハット」の本当の姿は自分だと、

 

みんなに知らせるため

 

 

マスクを取ろうとするのですが、

 

 

 

 

そこで夢から覚めてしまうのです。

 

 

 

 

【ネタバレ】

 

眠りから起きたのび太とドラえもんは

 

 

夢見る機を未来デパートに

 

引き取ってもらう事にしたのです。

 

 

 

 

アンテナを取り戻しに向かうのび太は、

 

 

 

 

 

ジャイアンとスネ夫から

 

 

アンテナを取り戻す事ができたが、

 

 

 

しずかからは回収出来なかったのです。

 

 

 

 

 

 

のび太は一度死亡していた!?『ドラえもん』映画のトラウマシーン。

 

 

 

1999年公開の映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』を

 

 

同じ作品のトラウマシーンといえば、

 

 

幻惑の星での出来事を想像する人が多いです。

 

 

 

 

同じ作品は“夢幻三剣士”という夢の世界が物語の舞台に!

 

 

 

 

 

これから妖霊大帝オドロームを倒す旅に出るのですが、

 

 

 

 

オドロームのしなやかで強い力には

 

 

 

 

白銀の剣とかぶとを

 

 

手に入れたのび太でさえ手も足も出ないのです。

 

 

 

 

妖霊大帝オドロームの攻撃によって

 

 

“塵となったのび太=のび太の死”は

 

 

テレビを見る人に大きなショックを与えました。

 

 

 

 

 

夢幻三剣士は怖い失敗作だった!

 

 

 

『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』(1994)という映画ですが、

 

 

決して出来のいい作品ではないです。

 

 

 

 

漫画家である藤子が作った作品を

 

 

 

 

映画ドラえもんのもとの作品の漫画としては

 

 

 

同じ種類の「失敗作」とはっきりと話していて、

 

 

書いていくうちに性格が自分の考えと関係なく動き始め。

 

 

 

 

 

話の筋が思う事と関係の無い違う方向へと

 

 

広がってしまった夢幻三剣士のラスト

 

 

は大はずれの恐ろしくて

 

 

怖い一つの例としているのです。

 

 

 

 

 

作品は物語の細かい部分の繋がりは、

 

 

はっきりしないのです。

 

 

 

 

はっきりしない事が理由、

 

 

今でもファンの人気を呼び続けてもいる作品でもあるのです。

 

 

 

 

 

ドラえもんのび太の夢幻三剣士

 

 

 

ABEMAプレミアムの無料期間を利用すると、

 

 

 

 

映画「ドラえもんのび太の夢幻三剣士」の

 

無料動画や歌を聞いたり、

 

見る事が出来ます!

 

 

 

考察すると楽しく面白い映画ですが、

 

 

中にはトラウマ級に怖い!場面もあります。

 

 

 

 

1998年に劇場公開された映画『ドラえもん のび太の南海大冒険』も、

 

海賊姿のドラえもんが活躍する映画だったのです。

 

 

当時は学生で学校でこの話題になった人もいるでしょう。

 

 

 

 

作者の藤子本人は本作を映画ドラえもん原作の漫画としては

 

 

「一種の失敗作」と話しています。