部屋の乾燥でのどの痛みや咳…原因は?濡れタオルやコップで対策しても湿度は上がらない?

スポンサードリンク


 

冬場になるとお部屋の乾燥が気になりますよね。

その対策としてお水を入れたコップ話題になりました。

 

乾燥対策にはやっぱり加湿器!!

 

でも、置き場所もとるしお手入れも面倒。

良いものだとそれなりにお値段もしますよね。

 

 

できれば買わずにすませたい。

そして手軽にできるものがいい。

 

加湿器を使わずに乾燥対策するには

どんな方法があるのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

部屋の乾燥対策のコップでは防ぐことができない?のどの痛みや咳に…乾燥させる原因と湿度

 

 

よく聞く部屋の乾燥対策のひとつとして、

水を入れたコップを置いておくというのがあります。

 

でも、これって本当に効果があるの?

試してみてもあまり効果を感じられない。

そう思ったことはありませんか?

 

確かに、コップに水というのも一つの方法です。

 

コップによる乾燥対策は、コップの中の水の

蒸発によって空気の湿度を上げていきます。

 

この水の蒸発の量は、空気に触れる

表面積によって変わってきます。

 

部屋の乾燥への対策には多くの水の

蒸発の量が必要となります。

 

しかし、コップに入れた水の表面積は

部屋の空気をうるおすにはとても少ないのです。

 

なんとか蒸発して潤った空気も、部屋の隙間や

ドアの開け閉めの換気ですぐにリセットされてしまいます。

 

 

そのため、コップを置いても

乾燥への改善が実感できないのです。

 

部屋の乾燥に追いついていないので、

お部屋全体を加湿するのは難しいでしょう。

 

 

乾燥対策としてはもう少し工夫が

必要かもしれません。

 

・コップではなく、ボウルや洗面器などの広口のものにする。

・水ではなく、お湯を使う。

・タオルやキッチンペーパーなどをいれる。

 

 (三分の一くらいを水につけて、水分を

吸わせるようにし残りは容器の外に出します。

下に必ず水漏れ防止用の受け皿を置きましょう)

 

 

このように、少し工夫をするだけで

蒸発する量が増え加湿効果も高まります。

 

 

そもそも、のどが痛かったり咳が出るのは

部屋の湿度が低いことでのどの粘膜が乾燥し、

外敵を防御できず炎症を起こしているから。

 

だからこそ、湿度をしっかり保つ工夫をしましょう。

 

 

部屋の乾燥、対策をコップ以外で。濡れたタオルがあればグッズはいらない。加湿器以外なら霧吹き?

 

他にも、手軽に試せる乾燥対策が

いろいろとあります。

 

1.濡れタオルを部屋に干したり回す

  

  適度に絞ったタオルを部屋に干しておくだけ。

  簡単ですね。バスタオルならより効果的です。

 

  フェイスタオルを数か所に分けて干すのもいいでしょう。

  コップよりも空気に触れる表面積が多く、

  より空気をうるおすことができます。

 

 

  また、ぬらしたタオルを電子レンジで温めて干すと

  より効果が実感できるのでぜひ行ってください。

 

 

2.洗濯物を部屋干しする

  

  タオルを干すのと同様です。

  エアコンやヒーターを使用していると

  室内でもよく乾きます。

 

  洗濯物が乾き、部屋の乾燥対策にもなって効率的です。

  また、洗濯物の枚数が多いほど効果も上がりますので

  洗濯へのモチベーションにもつながります。

  

  ただし、洗濯物の量が多すぎると乾くのに

  時間がかかってしまい部屋干し臭が

  してしまうこともあります。

 

  部屋干し用の洗剤を使ったり、間隔を

  広げて干したりと少し工夫をすると

  いいですね。

 

 

3.浴室のドアを開けておく

  

  水分を多く含んだ湿度の高い浴室の空気を

  乾燥した部屋へと利用する方法です。

 

 

  乾燥対策をしたい部屋と浴室の位置が近い場合での

  方法ですが、特に何か道具を用意する必要もなく

  ドアを開けておくだけと簡単な方法なのでおススメです。

 

  浴室は湿気たっぷりです。

  お風呂上りにドアをあけておくことで、

  お部屋も加湿されます。

 

  また、浴室の湿気も拡散されて

  一石二鳥です。

 

 

4.観葉植物を置く

  

  植物の蒸散によって空気をうるおす方法です。

  乾燥対策にもなりおしゃれなインテリアとなる

 

  1番見栄えのいい方法と言えます。

  植物は、根から水分を吸い上げ葉っぱから

  蒸発させています。

 

 

    ですから観葉植物を

  置いておくだけでも加湿効果があるんです。

  

  葉の大きなものを選ぶとより効果的です。

  ポトスやサンスベリアという種類が初心者でも育てやすく

  おススメです。

 

 

5.霧吹きでスプレーする

  

  霧吹きを使用し、一気に部屋の湿度を上げる方法です。

  自然にゆったりとした湿度の上昇となるこれまでの方法に対し、

  直接的に手っ取り早く空気をうるおすことが可能です。

 

  霧吹きに水を入れて、お部屋に

  スプレーするだけ。簡単ですね。

 

 

  しかし、空気をうるおしたいがために

  使用しすぎると床がびしょびしょになってしまうので

  注意しましょう。

 

  また、すぐに蒸発してしまうので

  カーテンなどに多めに吹きかけておくといいでしょう。

 

  お好みのエッセンシャルオイル

  少量まぜると、お部屋全体がいい香りになり

  リラックス効果も期待できますね。

 

 

6.床を水拭きする

  

  お部屋がフローリングの場合は、床を水拭き

  するだけで加湿効果があります。

 

  少し手間はかかりますが、お部屋の掃除もできちゃいます。

 

 

    それ以外にも、番外編として・・・

 

    1 コーヒー好きにはお勧め

 

    使用したコーヒーフィルターを口の広いお皿にまとめると、

    なんと簡単な乾燥対策になるんです。

    クルッと丸めて並べると可愛らしくなりますよ。

 

    2 石油ストーブを使う

 

    エアコンは乾燥してしまうから使いたくない。

    そんな人にはお勧めですが、見かけなくなりましたよね…

 

    私も田舎の祖母の家にしかないので、

    石油ストーブをみると正月を連想します。

 

    ストーブの上でお餅を焼いて、黒豆と食べる。

    私の定番です。

 

    3 マスクをする

 

    もうこれは定番かと思います。

    喉だけでも防ぎたい?そんな時はマスクが一番!

 

 

まとめ。部屋の乾燥対策はコップ以外にもいろいろ

 

部屋の乾燥対策として、加湿器を使わない方法

意外と簡単にできる方法がたくさんありますよね。

 

    自分のお部屋に合わせていくつか

    組み合わせてみてもいいかもいれません。

 

 

    寒い日にはエアコンなどの暖房器具が

    欠かせません。でも、暖房器具を使うことによって

    お部屋はますます乾燥してしまいます。

 

    冬場に限らず、夏場でもエアコンをつけていると

    思いのほか乾燥していますよね。

 

    乾燥した部屋で過ごしていると、

    喉の粘膜が乾燥し免疫力も低下してしまいます。

 

    そうすると風邪やインフルエンザにもかかりやすく

    なってしまいます。その上、お肌もカサカサ、

    パリパリといいとこなしです。

 

    うならないためにも、適度な湿度で

    快適に過ごしたいですよね。

 

 

    乾燥対策は、美容面や健康面の

    様々な問題の予防になります。

 

 

    今回お伝えした方法以外にも、アイデア次第で

    いろいろな方法がありそうですね。

 

    少しの工夫で乾燥に負けない快適な空間で

    過ごすことができそうです。

 

    みなさんも、ぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント