カンボジアの不動産投資に失敗?実態をブログで公開

スポンサードリンク


 

カンボジアの不動産に投資しようとする

日本人が今もいるが・・・

 

東南アジアに限らず、ちゃんとした情報が

なかなか手に入らないのが海外不動産投資。

 

 

日本人に人気のタイと国境を接する新興国、カンボジア。

 

土地を持てない日本人にとっては核となる

コンドミニアム投資についてプラス面とマイナス面を語り、

現地の家賃相場にも触れてみる。

 

 

スポンサードリンク

カンボジアの不動産投資のリスクとは?横行する詐欺…ブログに書かれない実情

 

 

カンボジアにコンドミニアムを持つメリット

 

日本の平均年齢の半分、そしてまだ人口1,600万人程度で

出生率が高く、東南アジアの中でも勢いがあるカンボジア。

 

首都プノンペンには150万人が住んでいて、コンドミニアム

など不動産の建設ラッシュが続いている。

 

 

国に勢いがあり、不動産価格の上昇と売却時の

キャピタルゲインの大きさに期待できる。まさに俺が

フィリピンのボホールに買ったリゾートホテルに近い感覚。

 

売却時に得た利益に対する個人への

課税がないことも魅力の一つといえる。

 

 

またカンボジアも含め東南アジアのコンドミニアムが

良いのは、プールやジムなどが付いている点。

 

あなた自身が買った物件に住むなら、

物価や人件費との価格差を享受して快適に生活できる。

 

 

所有権の自由度が高いことも魅力。

 

 

さらに、取引などは基本的に米ドル建て

行われるのが通常であり、俺達日本人には分かりやすく便利。

 

 

一部の物件については現地の銀行での住宅ローン

可能だったりするのも、不動産投資ではメリットになる。

 

 

カンボジアにコンドミニアムを持つデメリット

 

まずコンドミニアムを持つための前段階として、とにかく

情報が少なく信憑性がないこと。

 

出回っている情報には詐欺的なものも

かなり混じっていて、情報を正しく

取捨選択できない場合が多い。

 

 

海外の情報については永住権など、コンドミニアムに限らず

デベロッパーが情報弱者をいいように搾取する事態が

横行している。

 

これは俺がフィリピンのクオータビザを取る時も

よく耳にした。

 

そしてカンボジアでは、フィリピンなど

他の発展途上国と比べても

不動産に関する情報が少ないのが問題。

 

 

法整備がしっかりしていないカンボジアで、

官僚や手続きを依頼した弁護士が袖の下

要求してくるようなことがある。

 

現地の言葉(クメール語)が分かる知り合いや

信頼できる通訳を見つけ、契約などでは

常に立ち会ってもらうこと。

 

 

不動産の流動性が低いこと、日本と

租税条約が結ばれていないこともデメリットといえる。

 

 

この国でコンドミニアム投資をうまくいかせるコツとしては、

現地でしっかりしたコネクションをつくること。

 

 

カンボジアの不動産。家賃の相場ってどれくらい?

 

すごくざっくり言えば、カンボジアの家賃相場は

1ルームのコンドミニアムで30,000円から45,000円という感じ。

 

 

プノンペンやシェムリアップを始め、日本人が住む場所でも

カンボジアは相場自体を語るのが、難しいほど家賃はピンキリ。

 

フルファーニッシュ(全家具付き)で10,000円台の物件もあれば、

大して場所もよくないのに50,000円台の部屋も。

 

 

日本やフィリピン辺りと違うのは、一軒家の賃貸物件が多い点。

集合住宅に住みたくないあなたにはカンボジアは魅力と言える。

 

 

カンボジアの不動産投資や不動産購入で失敗しないために

 

カンボジアに不動産を持つメリットとデメリット、

家賃相場について語ってきた。

 

 

和光にいた頃、YouTubeで稲川淳二の

ポル・ポト政権に虐殺された人達の

幽霊の話を聞いて以来(笑)・・・

 

カンボジアへの投資はおろか、

行くことすら考えたことはなかった。

 

 

しかしこのフィリピンに移住して東南アジアでの

コンドミニアム投資の可能性を知ってからは、

期せずしてこの国もその視野に入ってきた。

 

俺が実際に見て回った物件。

窓がない部屋だけは勘弁したい(笑)。

 

 

「カンボジアにコンドミニアム?

あそこってアンコールワットしかないんじゃないの?」

 

東南アジアで日本人の投資が熱いことなど

気にも留めない様子でLINEにコールしてきた、

調布のシゲ(笑)。

 

 

東南アジア自体が暑すぎず寒すぎず、

また親日の人が多く穏やかな性格。

 

日本ほど地震が多くないこと、

生活費が安いこと・・・

こういったことが移住のメリットになる。

 

 

治安面、日本からの近さ、現地での生活の便利さ、

永住権や長期滞在ビザの取得の容易さ、言葉の問題、

またリゾートまで求めるならその充実度・・・

 

こういったことが同じ東南アジアの中でも

具体的な国を選ぶ基準に。

 

俺の場合は、全てのバランスを考えて

埼玉からこのフィリピンに移住を決めたが。

 

 

ちなみに東南アジアでのコンドミニアム投資というと、

よく耳にするのがマレーシアのジョホールバルという都市。

 

治安的な部分、また不動産投資の現在の可能性などを考えると

カンボジアのほうが上になるというのが、投資家仲間の見解。

 

 

実際には、あなたが自ら情報を仕入れて

しっかり検証してみることをおすすめする。

 

スポンサードリンク

海外
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント