カナダに移住、職業のリストは?50代や40代の失敗と老後の条件、デメリットと後悔、メリットや仕事の方法をブログで

スポンサードリンク
 




 

 

カナダに移住する人の職業の

リストは様々です。

 

そもそも社会人もいれば学生も、

リタイア組もいます。

 

社会人のなかでもカナダに移住する人の

職業などを紹介していきます。

 

 

カナダに移住、職業のリスト!移住するにはieltsなど条件は…仕事の方法と老後のブログ

 

カナダは移民が多く、

移民大国と呼ばれています。

 

日本人も老後に移住する人や、

働き世代も移住する人が多いです。

 

歌手のuaさんもカナダに

移住していることで知られています。

 

市民権をとる条件が割と甘いことが

人気の理由のひとつです。

 

カナダに移住する方法はたくさんあります。

学生の留学もありますし、

仕事の転勤や、老後の移住もあります。

 

 

カナダに移住する人の職種などは様々です。

元々カナダに支社のある仕事に就いて、

転勤で移住してくる人もいます。

 

カナダの職業リストをみて、

現地で仕事を探す人もいます。

 

カナダに移住する人はエンジニアの人も多く、

現地で仕事を見つける場合と

 

会社は日本だけども在宅で済むので

カナダに移住してきたという人などもいます。

 

カナダに移住する人で

看護師などの資格をもって、

現地で就職する人もいます。

 

カナダ現地で仕事を探すなら

移住前からエージェントなど

探しておいたほうがいいでしょう。

 

カナダに移住するなら、

世界的につかえるような資格を

 

持っていると仕事探しに

有利に働くこともあります。

 

そして、カナダに移住するには

それなりの英語力が必要になってきます。

 

エクスプレスエントリーというビザでは、

カナダ政府公認の

IELTSなどのスコアで判断されます。

 

(移住者のブログ名)Canada移民な生活

 

 

カナダに移住、失敗したと後悔…30代・40代・50代のデメリットとメリットなどポイント

 

海外に移住したいと考える人のなかに

カナダが候補に挙がる人は多くいます。

 

カナダに移住する日本人は多く、

メリットもデメリットもたくさんあります。

 

カナダに単身移住や家族で

移住する人それぞれいます。

年代も様々です。

 

 

30代で単身移住の人もいます。

40代で家族ごと移住する人もいます。

 

50代で早期リタイアをして第二の人生を

カナダに移住して過ごす人もいます。

 

 

それぞれの年代で

メリットデメリットは異なるので、

 

後悔しないためにしっかりと

前もって下調べをすることが大事です。

 

移住してから一定数失敗だったと

日本に帰国するひともいます。

 

そうならないために、

ポイントをおさえた下調べが必要です。

 

もし、カナダに移住した知り合いなどいたら

相談してもいいでしょう。

 

その際にメリットだけではなく

デメリットも聞くことが大事です。

 

 

カナダに移住した人がカナダの

おすすめするポイントに治安の良さと

住みやすさがあります。

 

世界の中でもわりと治安が良いので

安心して生活ができます。

 

 

そして、カナダ有数の都市である

バンクーバーなどはバリアフリーが

かなり進んでいます。

 

車いすやベビーカーも移動しやすく

カナダ移住する小さい子連れの

家族連れも安心です。

 

ただし、カナダでは小さい子供を

ひとりきりにしたり、

目を話すのは条例違反になるの要注意です。

 

 

カナダ移住後の生活費は、

日本での生活費と比べると

同じくらいか少しカナダのほうが高いです。

 

カナダ移住後の生活費は

家賃と10万前後かかるとおもっておいたほうが

いいでしょう。

 

カナダに限らず、移住はお金がかかるので

まとまった資金を用意しておいたほうが

いいでしょう。

 

カナダで移住後に仕事を探す場合なども

それなりの貯金があったほうが安心です。

 

 

カナダのソルトスプリング島なども

移住に人気の土地です。

 

現地に移住した日本人による

お祭りなども開かれているので、

移住後も心理的に安心です。

 

 

カナダ移住の職業リストについて

 

カナダはとても治安がよく

住みやすい国です。

 

それでもメリットだけではなく

デメリットもあるので、

 

移住する前にしっかりと

しらべておきたいと思いました。

 

コメント