中国のコンセントはiPhoneでも大丈夫?上海の電圧や変換のプラグ(変換プラグ)、コンセント形状…形状は広州なら?

スポンサードリンク




 

中国へ旅行を考えており、コンセントを使う予定がある

あなたなら、やはり日本とは違う現地の事情が気になる。

 

そこで、中国のコンセントの形状が知りたいというあなたへ向けて

上海や蘇州、大連、広州といった地域別に

コンセント形状などを紹介していく。

 

 

スポンサードリンク

中国のコンセントはiPhoneでも大丈夫?電圧や形状(コンセント形状)…上海や広州、大連のコンセントの形状は?

 

中国のコンセント、蘇州の場合はプラグがA、B、O

すべてに対応している場所もある。

 

場所によっては、主流のB、C、Oタイプや他のタイプを

使用しているところもあるため、念のため

 

日本のコンセントの形状に合わせられるような

変換器を一つでも持っておくと便利だと言える。

 

 

中国のコンセントタイプ(上海)の場合は、電圧220V

パソコン、スマートフォンやデジタルカメラなどの

220Vに対応している製品に関しては変圧器なしで充電することが可能。

 

中国のコンセントについて、上海でiphoneを充電したいという場合にも

充電器が220Vの電圧に対応していれば、

そのまま挿入して充電することができる。

 

 

中国・上海ではコンセントプラグが、

2種類に対応する形状になっているため

 

そのまま使用できることが多いが、古い製品に関しては

変圧器が必要になるものもあるため、変圧器の準備が必要になる。

 

中国・北京の電圧とコンセント事情については、

電圧は220Vで上海と同じく何種類かのコンセント形状に

対応した形となっている。

 

 

しかし場所によってはO型のタイプしか

使えないということも考えられるため、

心配な方はマルチタイプの変換器を用意して旅行へ行くのが最適だ。

 

中国のコンセント形状・大連でも同じように、

日本のコンセントがそのまま挿入できることが多い。

 

もし「電化製品が古くて心配だ」というときには、

変圧器を持っていくと良い。

 

また、中国のコンセント形状については、

汕尾市・広州についても上記と同様であると言える。

 

 

中国のコンセントの変換のプラグ(変換プラグ、コンセントプラグ)、タイプ(コンセントタイプ)と形状は?ダイソーでも買える?

 

中国でコンセントを使えるといっても、

場合によっては電圧変換器が必要になることもある。

 

最近の機器であればほぼ100-240Vに対応しているが、

古い機械であればあるほど、

対応電圧が220Vに対応していないという場合もある。

 

その際には、電圧変換器を使用して

コンセントを使うということが必要になってくる。

 

 

中国コンセントプラグ形状種類については6種類ほどあり、

中国のコンセントのプラグタイプは

日本のものと比べて多様な種類が存在する。

 

中国コンセントの形状タイプは例を挙げると、

中国コンセントプラグseタイプやAタイプ、BFタイプ、

Bタイプ、B3タイプ、OタイプやCタイプなど様々である。

 

さて、それでは中国のコンセントプラグの形状に合わせて、

中国のコンセントプラグを変換するのは

必要かという問いについては、ほぼ必要ないと言える。

 

なぜなら中国・上海のホテルのコンセントや

中国国内のホテルのコンセントプラグのほとんどが、

 

日本の使用するAタイプも差し込むことができる

コンセントプラグの種類が中国には用意されているためだ。

 

電圧に関しては日本と異なるため変圧器が必要だが、

変換器については持って行っても

使うことがなかったということも多々見受けられる。

 

もし、中国のコンセントに関して

心配なので変換器が欲しいという場合には

ダイソーで入手するというのも一つの手段だ。

 

簡易型のため品質はあまり期待はできないが、

特にあまり海外に行かない方にはおすすめ。

 

 

まとめ

 

中国旅行に行くときに、特に観光地では

どんな場所であってもコンセントが日本のAタイプも

差し込めるというのは本当に便利である。

 

ただ、電圧が対応していない機器に関しては

故障の恐れもあるため、念のため変圧器を

持っていくというような配慮が必要だ。

 

 

自分は遠出をする際には念には念をととても心配性なため、

変換器も変圧器も持って行ってしまいそうだ。

 

コメント