中国への移住手続きと条件など移住方法は?仕事や政策(移住政策、銀川)を日本人のブログで紹介…求人や計画について

スポンサードリンク


 

中国に移住したいという声ががあるが、

リアルな体験談が意外と少ない。

 

アメリカの次に日本人移住者が多い国のはずなのに・・・

 

 

そこで、中国の移住手続きや条件について調べてみよう。

 

 

スポンサードリンク

中国に移住して成功する人の条件とは?ブログはこう使え!移住方法や計画を立てる際のコツを紹介

 

中国で移住して成功している人の条件を調べてみよう。

 

 

中国に移住方法には、5つある。

 

日本企業の駐在員・結婚・外資系企業と契約を結ぶ・

フリーで働く・お金を貯めて移住するなどだ。

 

 

中国の移住で成功している人のブログを読んでみると参考になるので、

読んでみよう。中国に移住する計画を立てる場合、

どうすればいいのだろうか。まず中国の事を知っておく必要がある。

 

 

まず生活面からだ。

 

海外移住では日々の食べ物が口に合うかとても重要。

自分にあうかどうか考えてみよう。

 

 

あと言葉の問題がある。

大人は特に英語が通じないというコミュニケーションの部分がある。

 

現地人とコミュニケーションができるには、基本的な中国語

移住を考えているなら、中国語が出来るようにしておこう。

 

 

中国も住む場所によって得られるメリットが大きく異なるのが特徴。

 

上海や大連など対日関係によくないところ。

長期で滞在するなら場所を選ぶ必要がある。

 

中国で仕事を探そうとしている場合だ。

 

現地にコネがなければ、求人サイトで探したり

中国に強いエージェントに依頼するのが確実。その事を覚えておこう。

 

 

中国に滞在して3ヶ年いる人のサイトを見ると、

中国移住のメリットとデメリットを紹介してくれている。

 

中国移住という決断をする前に、

メリットとデメリットを知ってから判断しよう。

 

 

中国の移住政策が仕事にどう影響する?銀川に住む日本人が求人事情をブログで紹介

 

中国に移住しようと考えているなら、

日本人の求人情報を集める必要がある。上海はどうだろうか。

 

上海の求人情報を見てみる。住むにはいいエリアだ。

 

 

上海は交通インフラが発達や時間の正確さ、

意外なほど親日な人が多いこと。

 

日本人が住んでいても違和感がないどころか、

キャッシュレスが日本より進んでいる。

 

 

ところで他のエリアはどうなのだろうか。

 

中国は広い。銀川というところがある。

中国の銀川とはどのようなところか、まず調べてみよう。

 

銀川市は観光地。西夏王陵など有名な観光スポットが多くある。

 

日本から観光でこの地に訪れる人も多い。

 

この地域に住んでいる人の中には、

干ばつなどで生活が苦しめる地域から移住してきた人がいる

エリアでもある。

 

 

中国の移住政策が銀川での仕事にどのように影響するのだろうか。

 

銀川に住んでいる日本人のブログを読むと、

銀川とはどんなエリアが分かる。

 

 

銀川で日本人が仕事をする事が出来るか調べてみる。

 

求人の情報を探してみたら、

銀川でも日本人を採用したがっているところがあった。

 

銀川に興味があるなら、求人情報で調べておこう。

 

 

中国に移住する際の手続きは?移住方法や政策、移住計画に必要なことを具体的に解説

 

中国に移住しようと計画している人は、

知っておかなければならない事が多い。

 

中国と日本は違うので

中国の政策を知っておく必要がある。

 

 

まず中国へ移住するには、

どのような手続きをすればいいのか知っておこう。

 

 

具体的に解説する。

 

中国の移住方法として、まず中国ビザの準備をしなければならない。

 

観光の場合はビザが必要ないが、長期滞在の場合はビザが必要になる。

 

ビザにも種類があり、自分の目的にあったビザを選ぶ必要がある。

選び方を間違えないようにしよう。

 

 

住む場所を決めるには、日系の不動産仲介会社

現地不動産仲介会社を利用する。中国語に自信がない人は、

日系の不動産仲介会社を利用しよう。

 

 

中国に行く前にしておかなければならないのは、

日本の戸籍謄本・在職証明書や退職証明書・所得証明書だ。

 

 

カードで支払いたい場合がある。

 

中国でクレジットカードを使って物を買ったりサービスを受けるなら

ユニオンペイ、銀聯カードを持っておきたい。

 

 

中国に着いたら最初にしなければならない手続きがある。

 

公安に行って住居登録をしなければならない。

 

住居登録証明は、外国人にとって重要な書類になる。

必ず登録しておこう。銀行の口座を作らなければならない。

 

中国銀行や中国工商銀行で開設すると便利だ。

 

 

銀行と言えばお金だ。

中国のお金の使い方を知っておかなければならない。

 

中国で流通しているお金は人民元、カジノ天国マカオのパタカ

そして金融都市・香港の香港ドル

 

ただし、中国本土で使えるのは人民元だけ。

 

 

逆に香港では香港ドルだけで、

マカオではパタカと香港ドル両方のお金が利用可能。

 

他の国と同様に、空港やホテルで両替はできるもののレートは悪め

中国でお金を手にする際は注意しよう。

 

 

この中国で気をつけたいのは、大量に出回っている偽札

 

特に一番大きな100元札には偽札がよく混ざっているので、

現地でお金を使う時には注意したい。

 

怪しい場所で両替するのも避けよう。

 

 

中国には健康保険証がない事を知っておこう。

 

 

まとめ

 

海外に移住するのにいいのはどこの国だろうか。

 

この中国・・・中国人は反日感情があるイメージがどうしてもある。

実際はどうなのか。日本人が中国に行った時の中国人の印象だ。

 

 

モラルのない人が多いのは世界的に有名。列に平気で割込みしてくる(笑)。

ホームでも平気でタバコを吸う。列車内で騒がしいのも日本との違いだ。

 

 

ただ、ちゃんと話してみると実は親切で穏やかなのが多くの中国人。

 

中国は日本に近いし漢字の国だ。

また文化的な建物や世界遺産が多く、見て周るところに困らないのも魅力。

日本に一時帰国しやすいのもいい。

 

交通インフラの発展や時間の正確さ、意外なほど親日な人が多いこと。

 

このような話を聞くと、海外に移住する国の候補に

中国を考えてみたくなる。

 

 

ただ中国に移住しようと計画しているなら、

よく中国の事について調べておく必要がある。

 

移住する前にしておかなければならない事・

自分が該当するビザの取得・中国に移住してからの収入など

しなければならない事が多くある。

 

 

特に気を付けておきたいのは中国のキャッシュレス化

この中国のキャッシュレス化の勢いはすごい。

 

ユニオンペイのデビットカードもそうだが、

何しろ10億人を超える人達が一気にその流れに向かっているとすれば、

その影響力は計り知れない。

 

 

ちなみに、中国人のスマートフォン利用者の90パーセント以上が

使っていると言われる微信(WeChat)

 

これの電子マネーがカード以上に使われている

 

 

自分が中国に住んでいかれるかどうか、よく考えてみよう。

 

スポンサードリンク

移住
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)

コメント