衣替えの時期はいつ?学校の決まりを調べてみました

 

衣替え年2回行いますが、明確な時期については

予定が組まれている学校行事と違い、

ちゃんとした決まりがないのが現状。

 

いつ頃から衣替えをするか、定義があいまいですよね。

また、他の人は制服をどう管理しているのか?

気になります。

 

 

ここでは衣替え時期や、

ちょっとしたテクニックを見てみましょう。

 

 

衣替えの時期っていつ?学校によって違う?

 

 

衣替え年2回が一般的です。

 

学校の規則によってまちまちですが、

 

から衣替え6月1日

から10月1日が、

一般的な学校の衣替え期間です。

 

大体の学校では、

気温に合わせて冬服夏服を着てよい期間として、

 

移行期間が設けられている学校ありますが、

こちらも学校によってまちまちです。

 

衣替え移行期間の例としては、

GW明けから6月1日が一般的なようです。

 

 

日付で衣替え目安を決めてしまうと、

突然気温が変わって寒かったり暑かったりで、

お子さんの体調を崩す事もあります。

 

また、地域によって寒暖もあるので、

一概に決められない事があると思います。

 

その場合は、気温で判断することを、

お勧めします。

 

目安としては、

20℃前後衣替えに適した気温と言われていますので、

ご自身の地域の気温と比較してみてはいかがでしょうか。

 

 

衣替えでダニを撃退!このタイミングで徹底退治!

 

 

衣替え後に衣類を着ていると、

ダニによるかゆみが出てしまうと、

衣替えして気分が一新したのに気分が台無しですね。

 

ここではダニについてみてみましょう。

 

 

まず、衣替えで衣類を出し入れする場合、

必ず洗濯しましょう。

 

服についているダニを洗い流すと共に、

皮脂汚れフケなどを落とすためです。

 

 

ダニは、人間のたんぱく質を主なエサとしているので、

あらかじめ汚れを落としておくと良いでしょう。

 

また、ダニは湿気が多いと繁殖率が多くなるので、

半乾きの状態で保管すると、

一気にダニが増えてしまいます。

 

しっかり乾燥させましょう。

 

洗濯する時間が無い、といった方の為に、

もっと簡単なダニ退治方法です。

 

 

ダニは日光が当たる程度の温度では退治できませんが、

70℃~100℃であれば退治できますので、

コインランドリーの乾燥機に掛ければ退治が出来ます。

 

ただし高温で乾燥させると、

衣類を痛めてしまうものもあるので、

タグ必ず確認してください。

 

また、一般的人市販されている乾燥機は、

60℃程度なので効果はあると思いますが、

ダニを退治しきれません。

 

 

衣替え時のコツ!ダンボールに収納するのはOK?

 

 

スーパー100均などで手軽に入手できますし、

引っ越しなどで大量に余ったりする段ボール

 

これを衣類の保管に使っている方もいると思いますが、

段ボールは衣類の保管に向いていません

 

段ボール湿気を吸収する性質があり、

湿気が溜まっている状態が続きます。

 

適度な湿気ダニ大好物なので、

大繁殖します。

 

 

また、衣類のみならず、

周囲もダニまみれにするので、

アレルギーにつながることも。

 

衣類の事はもとより、健康の為にも、

段ボール管理はお勧めできません。

 

圧縮袋など密閉できるものを、

利用することをお勧めします。

 

 

まとめ

 

 

衣替えの時期からダニ対策まで見てみましたが、

いかがでしょう?

 

この記事で時期の目安が分かる事で、

事前に準備が出来るだけでなく、

 

気温により夏服冬服の切り替えも、

イメージしやすくなったと思います。

 

 

衣類の保管方法としては、

衣替えの前後で必ず洗濯する事。

 

きちんと乾燥させることで、

衣類を長持ちさせるだけでなく、

ダニの予防にもなります。

 

 

また、ダニの特性を見てきたことで、

段ボールでの保管は絶対NGという事や、

 

乾燥機を使うメリットも見ていきましたので、

ダニの対策はに役立ててください。

 

何とかと判断に迷う衣替えの判断材料として、

参照頂ければ幸いです。

 

日常
海外移住者のつぶやき(先人の知恵を最大限に活用したいあなたへ)