移住

移住

松本(長野県)移住して後悔?長野市など長野移住失敗…独身の評価(転職と長野)。移住失敗の軽井沢など移住の後悔

長野県は移住先としてとても人気が高い。ただ、松本をはじめ、各地域では、移住して後悔している人も多く、評判どおりの満足を得られていない側面もある。ここでは、松本市や長野市、軽井沢など、長野県のいくつかの都市について、移住先としての失敗例や後悔について紹介する。
移住

スウェーデンに移住し看護師に?スウェーデン移住の後悔、デメリットは?移住するには…条件や50歳、40代の仕事、方法で失敗しないために

北欧の国スウェーデンへの移住をしたいが・・・ 仕事はどうすればいいのかなど、悩みは尽きない。 具体的に、どうすれば失敗せずスウェーデンに移住できるのか? 一緒に見ていこう。
移住

マレーシアに移住…40代がマレーシアで働くことは可能?50歳(50代)の海外移住とマレーシア移住の仕事(求人40代・50代)、子連れなど

以前は老後にマレーシアへ移住するのが人気だったが、 現在は若い人も増えている。 生活しやすいと言われているマレーシア、 移住してよかったという人もいるが、失敗したと後悔している人も。 その理由は何なのか・・・看護師の求人もあるようだが やはり仕事? 特にあなたが40代や50代なら、ちゃんと仕事があるのか気になる。 家族で移住するならなおさらだ。 ボンビーガールでは海外移住のデメリットも 語られていた。この記事で紹介しよう。
移住

マレーシア移住!50歳でも仕事ある?40代の求人と家族での移住、マレーシアで働く、仕事をする50代…海外移住するなら仕事は?

海外の移住先として日本人から人気のマレーシア。 年間を通して過ごしやすい気候や安い物価、治安の良さに取得しやすいビザなど、魅力を挙げていけばきりがない。 そんなマレーシアに移住した場合の費用や住むための条件、仕事探しについて紹介する。
移住

台湾に移住して後悔?老後の生活費や条件(移住条件)で失敗…移住するにはビザや50歳の仕事が必須?デメリットもブログで紹介

台湾といえば、日本人が比較的イメージしやすい近隣の国だ。海外への移住を考えている人にとって、隣国というだけでハードルが下がることも珍しくない。旅行としていく場合と、実際移住する場合では大きく違ってくる。旅行で台湾を訪れた際は、とにかく食事が自分の口にあい楽しい思いをした。最もそれは、食事をメインと捉え旅行先に選んだからである。移住となると毎日の生活、文化の違い、言語の壁などがダイレクトに影響する。若いうちは勢いと体力でどうにかできるかもしれない。しかし体力も次第に衰え始めると、勢いまでつかなくなってしまう。移住して後悔してしまわないためにも、老後のことまで考えておくべきである。
移住

台湾に移住!生活費や条件(移住条件)は?老後に失敗したと後悔せず移住するには…移住方法(仕事や住むためのビザ)、暮らしをブログで紹介

台湾に移住したい方に必見。生活費や台湾に移住条件、生活費や税金、暮らしについても移住者のブログをおすすめしながら紹介していく。
移住

ポーランドに移住、50歳の仕事は?ビザの方法をブログで紹介!条件や投資のメリット・デメリット、生活費やポーランド移住税金…失敗したと後悔しないために

ポーランドに移住したら、食費が日本の半分になるのか。他国にも行き放題になるのか。ポーランド移住は思ったよりもお金がかからないのか。親日国家である国“ポーランド”での快適で楽しい生活を送るための条件や必要費用を公開。
移住

マレーシアに移住、仕事は50歳以上でもある?仕事をする50代や40代、30代の看護師…家族(子連れ)での移住に必要な条件(移住条件)は?仕事は日本語だけでも求人はある?費用(初期費用)や海外移住(マレーシア向け)のサポート、メリットやデメリット、税金や老後の病院、コンドミニアムなど物件やビザなど失敗したと後悔しないための情報をブログで紹介!

マレーシアへ移住する人が若い世代でも増えている。 しかし、仕事は何があるのか、日本語だけでも大丈夫なのか、 移住する際に必要な書類をどのように準備するのかなどを どのくらい知っているだろうか。それらをここで...
雑記

日本脱出?2chで仕事や若者の準備が話題…失敗と2chの「脱出したい?脱出だよね」。方法や脱出ゲーム、脱出先、計画(日本脱出計画)など

日本を脱出したいと考えている若者が急増している。2017年時点で、日本人口の1%以上の人が海外移住しているデータも。若者が日本を脱出しようとする背景や、日本脱出の方法を紹介する。
移住

中国への移住手続きと条件など移住方法は?仕事や政策(移住政策、銀川)を日本人のブログで紹介…求人や計画について

海外に移住するのにいいのはどこの国だろうか。例えば中国。中国人は反日感情があるイメージがどうしてもある。実際はどうなのか。日本人が中国に行った時の中国人の印象だ。モラルのない人が多いのは世界的に有名。列に平気で割込みしてくる(笑)。ホームでも平気でタバコを吸う。列車内で騒がしいのも日本との違いだ。 ただ、ちゃんと話してみると実は親切で穏やかなのが多くの中国人。中国は日本に近いし漢字の国だ。また文化的な建物や世界遺産が多く、見て周るところに困らないのも魅力。日本に一時帰国しやすいのもいい。交通インフラの発展や時間の正確さ、意外なほど親日な人が多いこと。このような話を聞くと、海外に移住する国の候補に中国を考えてみたくなる。中国の移住手続きや条件について調べてみよう。