バングラデシュの人口はなぜ多い?人口ピラミッドや人口増加率(人口推移)、人柄など…人種の密度や人件費、人質事件についても紹介

スポンサードリンク




 

バングラデシュの人口増加率は年々上昇している。

人口密度が非常に高いのが特徴で、様々な問題を抱えている。

 

一方で、フレンドリーな性格をしているバングラデシュの人たち。

 

 

今回はバングラデシュの人口推移や人柄を

一歩踏み込んで紹介する。

 

 

スポンサードリンク

バングラデシュの人口はなぜ多い?ピラミッド(人口ピラミッド)や人種の密度(人口密度)、人口推移や人口増加率など

 

 

2018年度における、バングラデシュの人口密度ランキングは7位

バングラデシュの首都、ダッカの人口密度は世界一と言われている。

 

バングラデシュの都市部への人口過密は様々な問題点を抱えている。

都市部の渋滞のせいで、バスの平均時速が下がり経済損失に繋がっている。

 

 

バングラデシュのダッカは人口が多すぎて、タクシーが捕まらない

そのため、CNGと呼ばれるオート三輪や人力車が交通手段となる。

 

バングラデシュは人口密度における交通渋滞の緩和のために

日本に協力を仰ぎ、大気汚染などの問題点も解消しようと努めている。

 

 

バングラデシュの人口増加率は世界一で、人口推移によると

2030年には人口が2億人を超えると予測されている。

 

バングラデシュの人々の6割は農業に従事している。

バングラデシュの人口が多い理由は、農業で人手を必要とするため

と言われている。

 

バングラデシュの人口ピラミッドは、

理想的できれいなピラミッドの形をしている。

 

若い世代の人たちが多くいるので、経済発展もさらに期待ができる。

 

 

バングラデシュの人種は98%がベンガル人で、チャクマ族やマルマ族、

トンチョンギャ族、トリプラ族なども少数だが存在する。

 

 

バングラデシュ人あれこれ…人柄や人名、人件費など。人質事件…バングラデシュ人民共和国、大使館の対応は?

 

バングラデシュ人民共和国大使館は、

東京都千代田区紀尾井町にある。

 

カルチャー&ツーリズムセミナーが行われるなど、

様々なイベントも開催される。

 

 

2016年7月1日、バングラデシュのダッカでイスラム過激派による

レストラン襲撃事件が起きた。

この事件に日本人7人が巻き込まれ、22人が犠牲となった。

 

テロ事件を起こした過激派組織の7人には死刑判決が下された。

 

アジアでのテロ事件はその後も続いており、

バングラデシュ人民共和国大使館では

人質事件に関する注意喚起などを呼びかけている。

 

 

バングラデシュ人の人柄は、とにかくフレンドリー

初対面の人にも積極的に笑顔で話しかけていく。

日本人にとっては、逆に距離感が近すぎて疲れてしまう場合もある。

 

愛国心が強いのも特徴で、街中では国旗が売られているほど。

ちなみにバングラデシュの国旗は、日本の国旗を真似して作られている。

 

バングラデシュの人たちは、日本人のことが大好きで、

日本語を学んでいる人が多い。

 

 

バングラデシュの人件費は機械よりも安い

アジアで最貧国とも呼ばれたバングラデシュだが、

人件費の安さと人口の多さを活かしてアパレル産業を発展させてきた。

 

 

一方で、労働環境が疎かになり、ダッカにある

「ラナ・プラザ」縫製工場ビルが強度を失い、

崩壊するなどの事件も起きた。

 

労働者の安全を保障する環境づくりが今後の問題点となる。

 

 

バングラデシュ人の人名には、

名字(姓)が付かない場合がほとんど。

 

名前の後には、独身を意味する「アクタ」や、

既婚を意味する「ベゴム」が付く。

 

 

また、自分が信仰している宗教の名前を付ける場合もある。

ちなみに一番多い名前は「islam」で、男女共に人気のある名前。

 

 

まとめ

 

人口増加や人口密度の高さが原因で、交通渋滞が起きるなどの問題もあるが、

一方でアパレル産業が発達してきた側面もある。

 

若い人たちが多いおかげで、

これからの経済発展もさらに期待ができる。

 

 

バングラデシュの人たちは、皆友好的で日本人のことが大好き

温厚で優しい性格の彼らには親近感が持てる。

 

あなたもバングラデシュの人たちについて、

さらに詳しく調べてみるのはどうだろうか。

 

コメント