東川町に移住し失敗?旭川への移住の後悔とデメリット…札幌に老後に移住、旭川市など北海道に移住して後悔、失敗の理由とデメリットは?

スポンサードリンク
 




 

 

「東川町への移住は失敗だった」との声は

少なくありません。

 

北海道旭川市の隣に位置する

東川町という町。

 

空港からのアクセスも良く

人気の町ですがなぜ”失敗”と言われるのか

まとめてみました。

 

 

東川町に移住して失敗?デメリットは…後悔の理由

 

みなさんは北海道というと

どのようなイメージを持たれるでしょうか。

 

自然豊かで食べ物が美味しくて広くて…と

都会ではあまりない光景を

イメージすると思います。

 

その”都会っぽくない”環境を求めて

老後は北海道に移住を

考える人が多くいます。

 

やはり便利さを求めて札幌に

老後移住する方は多いですね。

 

空港までのアクセスの良さもあるので

札幌移住は芸能人にも人気です。

 

ですが札幌への移住はアクセスの良さや

利便性というメリットがある代わりに

 

”北海道っぽさはあまり感じない”というのが

札幌移住のデメリットです。

 

自分の知り合いに

北海道出身の方がいるのですが、

 

”東京”といっても街並みの様子は

札幌とさほど変わらないと驚いていました。

 

札幌はまだ歴史的にも新しい街ですから

開発がガンガン進む本当の都心は別として、

 

それ以外の都市との比較だとなんだったら

札幌の方が発展しているとのことです。

 

そのことを知らずに札幌移住すると失敗、

後悔してしまいますね。

 

 

では札幌移住のような失敗を

しないためには、

どうすればいいのでしょうか?

 

それはズバリ、札幌からは離れて

地方の小さな町に移住をすることです。

そこで今注目されているのが東川町移住です。

 

 

東川町は北海道のほぼ中心に位置する

人口8000人ほどの町です。

 

羽田空港からも毎日直行便が出ている

旭川空港から車で20~30分程と

空港からのアクセスの良さも魅力。

 

そしてなんといっても自然が豊かです。

町の面積の70%が森林で構成されていて、

 

東部には北海道最高峰の「旭岳」を有する

日本国内最大の山岳公園、

「大雪山国立公園」があります。

 

そのような自然環境から

観光客にも人気の町で、

 

別荘を構えるのに

東川町を選ぶ芸能人もいるほどです。

 

そんな魅力たっぷりの

東川町への移住ですが東川町への移住を

後悔しているという声は少なくありません。

 

その大きな理由は仕事の面です。

東川町へ移住して仕事を探すとなると

本当に苦労します。

 

人口8000人の町ですので、

そもそも求人が少ないからですね。

 

東川町で働きたいとなれば

やはり農業などの仕事になりますが、

 

新規で事業をしようとなると

現在空いている土地が

あまりないので難しいです。

 

同じような理由で北海道北部の

中川町でも移住したけど

仕事が無いということがあります。

 

さらに、中川町への移住で

失敗や後悔があるように

東川町と同じ上川郡にある東神楽町や

 

上川町でも移住して後悔した、

上川町への移住は

失敗だったという声があります。

 

 

旭川市という北海道で

2番目に人口の多い市の

 

近隣の町であっても東神楽町や

上川町への移住には厳しい現実があるのです。

 

北海道の南部に位置する

ししゃもの産地として有名な

 

むかわ町への移住にも

そのような現実があります。

 

人間が生活していく上で

切り離すことのできない”労働”。

 

その環境が整えられないとなると

やはり移住は難しいですし、

 

ただでさえ地方の物価が

高くなる傾向のある北海道ですから、

 

老後移住をすると資金繰りに苦労して

失敗してしまうケースは珍しくないです。

 

 

老後のために2,000万貯めろなんて話が

2chでも日々騒がれています。

 

もし貯められるなら、北海道の地方で

のんびりした生活が送れるでしょうけど、

 

実際それを実現できる人なんて

一握りですよね。

 

それでも北海道での暮らしをしたい!

という方はまず実際に暮らしぶりを

見てみるのがいいと思います。

 

東川町はじめ地方の町では、

移住を体験させてくれる

取り組みがあります。

 

実際に建っている家を借りて

住んでみるプランなので

 

より実践的な体験をすることができます。

ぜひ利用してみてください。

 

 

旭川に移住して後悔?旭川市など北海道に移住し後悔の声

 

北海道移住にはデメリットがあり、

その現実を知らないと

 

失敗や後悔をしてしまうことが

あることがわかりました。

 

北海道への移住のデメリットと言えば

先述した通り地方だと

仕事がほとんどないことが挙げられますが、

 

ある程度栄えた場所でも

北海道への移住で失敗、後悔をした、

厳しい現実があったと言われます。

 

その例として

旭川市への移住を見ていきます。

 

 

旭川の話題を2chで見てみると、

コロナのクラスターが発生した

老人ホームのことや

 

2021年3月に起きたいじめが原因で

命を絶った旭川の女子中学生のことなど

ネガティブな内容が多いです。

 

2ch内では最近、

旭川はあまりいいイメージを

持たれていませんね。

 

ですがそんな旭川への移住、

とても人気があることを知っていますか?

 

旭川は北海道の中央に位置する

北海道で2番目に人口の多い都市です。

 

とはいっても札幌と比べると

かなり落ち着いた雰囲気ですので

 

”札幌は都会っぽくて

嫌だけど利便性は欲しい…”

という北海道移住者には人気の都市です。

 

人口が多くて道北の経済の

中心地なだけあって

 

旭川市への移住では仕事の面で

困ることはありません。

 

 

そんな魅力的な旭川移住ですが、

もちろん旭川ならではの問題点もあります。

 

盆地に位置する旭川は、

夏は暑く冬は寒いです。

 

北海道で冬が寒いということはつまり、

雪が降る日数が長くなるということ。

 

北海道出身の知り合い曰く、

雪自体の量は少ないのですが

 

底冷えする寒さで

雪かきの時が地獄だそうです…。

 

北海道移住して老後も

暮らしていこうとなると、

 

1年を通した寒暖差の大きさや

冬の雪かきの大変さは

相当ネックとなりますね。

 

雪が降ると当然

外出も大変になりますから、

 

北海道での老後移住先を選ぶ場合は

冬の環境も視野に入れるようにしましょう。

 

旭川市の移住で後悔しないように、

旭川でも移住を支援してくれたり

 

体験させてくれたりするツアーが

ありますから興味のある方は

調べてみてくださいね。

 

 

東川町の移住での後悔について

 

北海道の移住について

まとめていきましたが、

 

結論どの地域でもメリットもあるし

デメリットもあります。

 

 

そんな中でもやはり北海道は

都会の喧騒から離れたい人にとって

魅力的と言えます。

 

東京では見られない一面の雪景色や

冬のキンと冷えた澄んだ空気。

 

道路を走っていれば

鹿に遭遇したりするような

 

豊かな自然とその自然の恩恵による

美味しい食事。

まだまだ語りつくせない魅力があります。

 

東川町はそんな北海道ならではの

魅力がたっぷり詰まった町です。

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

コメント