あざの色の変化。色の違い。経過でわかることなど紹介

スポンサードリンク
 





色によってあざの状態が分かります。

 

あざをよく見てみると、

 

赤や青や紫、緑や黄などの違いがあります。

 

 

色の違いによって、

 

皮膚のどの部分に出来たあざなのか、

 

 

出来たばかりのあざなのか、

 

治りかけなのかが分かります。

 

 

あざは一般的に障害物に

 

 

ぶつけてアザが出来ることが多く、

 

予防法はぶつけないように注意することです。

 

 

またあざの種類によっては

 

病気の可能性があるので注意が必要です。

 

 

そこで今回は

 

 

・あざの種類と状態

 

・あざの色の変化と色の違い

 

・あざが出来る原因

 

 

について紹介します。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 





あざの種類と状態

 

 

 

 

1.あざの種類

 

 

 

あざにも色々な種類があります。

 

 

赤あざ

 

黒あざ

 

茶あざ

 

青あざ

 

 

 

主にこの4種類のあざがあります

 

 

 

 

 

2.あざの状態

Advertisements

 

 

 

赤あざ

 

 

赤あざは生まれつき皮膚の血管が異常に増殖拡張したものです。

 

 

 

・単純性血管腫

 

・いちご状血管腫

 

・ポートワイン母斑

 

・サーモンパッチ

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

黒あざ

 

 

濃い黒色のあざの場合は母斑細胞の密集で「黒子」と言われるものです。

 

 

極小さい物はレーザー処置も可能ですが、大半は切除することが多いです。

 

 

・色素性母斑

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

茶あざ

 

 

茶あざの多くは、薄茶色で平坦です。

 

 

生まれつき存在するものもありますが、

 

 

思春期に発生するものも

 

 

あります。

 

 

 

 

 

・扁平母斑

 

・カフェオレ斑

 

・ベッカー母斑

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

青あざ

 

 

メラニン色素を持つ細胞が皮膚の深部にあるため

 

 

青く見えるものです。

 

Advertisements

日本人には蒙古斑がありますが、

 

 

これもあざの仲間です。

 

 

 

・太田母斑

 

・蒙古斑

 

・異所性蒙古斑

 

・伊藤母斑

 

・青色母斑

 

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

3.あざの治療法

 

 

あざを消したい場合

 

 

「ダイレーザー」と

 

Qスイッチレーザー」の

 

 

2種類の処置方法があります。

 

 

 

 

これ以外の

 

処置方法は切除する場合があります。

 

 

 

 

 

ダイレーザー

 

 

ダイレーザーは色素レーザーとも呼ばれ、

 

 

赤みに吸収されやすい特徴があります。

 

 

異常のある血管のみ

 

選択的に反応し、

 

 

正常組織の損傷は

 

 

最小限になるようになっています。

 

 

主に赤あざに効果が有るようです。

 

 

 

 

 

 

②Qスイッチレーザー

 

 

異常な色素だけに反応し、

 

 

周囲の組織を傷つけることなく治療が出来ます。

 

 

低出力~高出力まで

 

 

調整できるので薄いあざ~濃いあざまで

 

 

幅広く効果を得ることが出来ます。

 

 

また

 

あざができるだけでなく、

 

 

シミやそばかすを消すのにも効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あざの色の経過。変化と色の違い

 

 

 

 

 

1.あざの色の変化と色の違い

 

 

 

あざの色は、皮膚の浅い部分に

 

出来た場合は

 

 

「赤」や「青っぽい」色をしており、

 

 

皮膚の深い部分に出来た

 

 

あざは黒っぽいのが特徴で

 

 

先程紹介したように、

 

それぞれ違いがあります。

 

 

 

 

 

 

あざは治るにつれて色が変化

 

 

赤や青や黒っぽい色から治るにつれて、

 

 

緑色に変化し、

 

 

少しずつ黄色に変化する順番で治ってきます。

 

 

 

そして時間が経過すると、

 

 

あざが目立たなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.危険なあざの見分け方

 

 

 

ぶつけた覚えのないあざで、

 

 

今までより急に痣あちこちに見られたり、

 

治りが遅かったり、

 

 

痣が大きくなる場合は

 

 

病気が隠れている可能性があります。

 

 

この時の症状は、

 

 

腫れや熱感、痛みを伴います。

 

 

 

この考えられる原因は

 

 

・動脈性出血

 

・血管の異常

 

・貧血

 

・癌や白血病

 

 

などです。

 

 

その他にも

 

 

気になる症状がある場合は

 

 

早めに病院に行くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

あざが出来る原因

 

 

 

 

あざには、ぶつけてできる

 

 

「覚えのあるあざ」と

 

 

 

つけてないのに出来る

 

 

「身に覚えのないあざ」が

 

 

あります。

 

 

 

 

<覚えのあるあざ>

 

 

転んだり、ぶつけたりすることで出来る

 

「赤あざ」や「青あざ」は、

 

 

内出血をして時間が経過するごとに

 

 

治ってきます。

 

 

 

ただし、皮膚の奥深く損傷したり

 

加齢や糖尿病などの

 

合併症があると、

 

 

あざが消えにくくなることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<身に覚えのないあざ>

 

身に覚えのないあざの中には

 

病気が原因で

 

引き起こされているものがあります。

 

 

 

 

 

 

血管や臓器の病気

 

・老人性紫斑

 

・アレルギー性紫斑病

 

・肝機能障害

 

 

 

 

血液の病気

 

・血小板減少性紫斑病

 

・白血病

 

・播種性血管内凝固症候群

 

・血友病

 

 

身に覚えのないあざがある場合は

 

病気の可能性があるので、

 

 

直ぐに病院に行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

あざの色の変化と経過

 

 

 

 

色によってあざの状態が分かります。

 

 

 

あざの種類では

 

・赤あざ

 

Advertisements

・黒あざ

 

・茶あざ

 

・青あざ

 

 

 

 

 

4種類があり、それぞれ状態が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事でのポイントは「危険なあざの見分け方」です。

 

 

身に覚えのないあざで、

 

あちこちに痣が出来る場合は、

 

病気が隠れている可能性があります。

,

 

この様な場合は、

 

 

 

 

 

 

早めに病院で診察してもらいましょう。

 

 

コメント

  1. ゆう より:

    あざも甘くみないほうがよさそうだ

  2. もなか より:

    もなかもなか

テキストのコピーはできません。