青あざが治る期間。過程。目の周り。消えないのは病気?

スポンサードリンク
 





赤ちゃんの目の周りや顔などに出来るサーモンパッチは

 

レーザーを当てる必要があり

 

治療が終わるまでに時間かかります。

 

紫色で顔のあざ殴られたように

 

目の周り腫れ早く治すための食事があるのです。

 

 

個人差はありますが、

 

青あざの治る過程は1~2週間かかります。

 

 

赤あざや青あざの中でも、

 

子供が転んだり、

 

ぶつけたりといった

 

 

打撲が原因で起こるあざは

 

時間が過ぎると薄くなるので

 

病気ではないので、

 

消えないと思わないで下さい。

 

転んでアザができるまでの時間は

 

 

時間がたつと出来ます。

 

治し方は病院で処方された湿布を使うと

 

2~3日で治ります。

 

 

 

スポンサードリンク
 





子供の青あざ・赤あざアザ消えないのは病気?

 

 

青いあざ、赤いあざ、茶色のあざなどがあり、

 

青いあざには

 

普通のシミより

 

 

皮膚の深いところにあるシミ、

 

 

赤ちゃんのお尻にとてもよく見られる

 

 

青いアザですが、

 

お尻以外の皮膚にも

 

できることがあります。

 

 

お尻や腰部などにみられる

 

 

青色のあざは自然に消えることが多いのですが、

 

 

この場所以外にあるアザは

 

 

濃さによっては大人になっても

 

 

消えないことがあります。

 

 

 

 

レーザー治療は

 

 

乳児期から始めるのが効果的です。

 

生後3か月ぐらいから治療を始めて

 

子供が小学校に入学する前までに、

 

 

 

早く治し、

 

 

または薄くしてあげるといいです。

 

 

 

殴られた目の腫れを湿布で処置

 

 

 

殴られた目の腫れは冷やしたタオル、

 

 

タオルに巻いた保冷剤を使って

 

 

傷のある部分を冷やし、

 

 

無理に動かさないようにして下さい。

 

 

 

 

市販の湿布では、

 

子供は使っていけない成分が

 

 

いろいろ組み合わせられている場合もあるので、

 

 

薬剤師に確認をしてください。

 

 

 

治る期間は4,5日ですので、

 

 

腫れも落ち着けば

 

 

冷やす必要ないのです。

 

 

傷を温めると

 

 

腫れや痛みが強くなりますので、

 

 

2~3日はシャワーにして下さい。

 

 

ゴシゴシ擦って洗わないように、

 

 

 

ぬるめのお湯にしてください。

 

 

 

青あざができてから少し時間が経ち、

 

 

腫れがおさまって、

 

 

あざだけが残っている時は、

 

 

温めるようにしてください。

 

温めることで血のめぐりが良くなるように

 

 

 

治癒を早めることが期待出来ます。

 

 

 

36~37度の体温に近いお湯に

 

 

タオルをつけて、

 

 

絞ってから

 

傷のある部分に

 

当てるようにしてください。

 

 

 

温度が下がったら

 

 

タオルを交換して、

 

 

面倒な繰り返しですが、

 

何度も行うことで

 

 

青あざの色がとても良くなります。

 

 

青あざの解消!早く治すための食事

 

 

 

少しぶつけただけでもできてしまう

 

「青あざ」は食事に気をつける事で

 

 

出来るだけ早く治すのです。

 

 

 

青あざができてしまったら

 

 

「ビタミンC」と「鉄分」をとり、

 

 

普段の食事でとるようにしてください。

 

 

食事で足りない人は

 

サプリメントでとる方法もあります。

 

 

青あざがやりやすい人の多くは、

 

 

ビタミンCと鉄分が足りないので、

 

 

青あざ予防にもなります。

 

 

気が付かないうちに

 

 

青あざができてしまうという人は、

 

 

早く治す事をして

 

次回以降は予防として

 

 

これらのビタミンCと鉄分を取るようにしてください。

 

 

 

青あざが治る過程

 

 

 

青あざができる時は、

 

 

外から見えるところから強く打った時なので、

 

 

ぶつけた所は

 

 

腫れて痛みを感じたり

 

 

熱をもったりします。

 

 

最初は赤あざの色みたいのが、

 

 

だんだんと青あざの色みたいに変わるのです。

 

 

 

傷を受けた所を手入れするための

 

 

「食事」、

 

「運動」、

 

「呼吸」、

 

「心」

 

が大切です。

 

 

ぶつけてすぐは、

 

 

体の中で出血が起こる

 

血液の色が透けて見え

 

赤く見えますが、

 

少しすると

 

青くなり青あざになります。

 

 

 

少しずつ皮膚の下でおきた

 

 

内出血の血液は

 

組織に吸い取られていき、

 

普通の皮膚の色に戻っていきます。

 

 

いつまでも

 

 

皮膚の内部出血が残っている場合は

 

 

他の病気の可能性も考えて、

 

一度病院を受診すると安心です。

 

 

 

赤ちゃん・子供の赤あざ・青あざ

 

 

 

皮膚の体の中をめぐる

 

血液通る管が範囲を大きく広げたりしたり

 

 

増えたりしてできるあざです。

 

 

赤ちゃんや乳幼児の

 

 

生まれつきあるアザ、

 

子どもなど生後病気の症状が現れるあざ、

 

 

 

大きさが変化するもの、

 

 

 

変化しないもの、

 

 

薄くなっていくのです。

 

 

症状も、

 

 

表面が平らになっているタイプと

 

 

高くもりあがるタイプのものなど色々です。

 

 

 

赤アザ専用の色素レーザーが

 

 

良い方向に進んでいくため

 

 

赤アザの治療も大きく良い方向に進んでいます。

 

 

青あざは肌、

 

守るために働く

 

 

大切な細胞が

 

 

皮膚の奥深くの

 

コラーゲンにあるため

 

 

青灰色~青~黒っぽく見えるあざです。

 

 

 

生まれつきある、

 

赤ちゃん、

 

乳幼児など

 

 

生後数週間で現れでるもの、

 

 

中学生・高校生など

 

 

思春期以降に出るものがあります。

 

 

症状も少しずつ薄くなっていくアザ、

 

 

消えないアザとこの2つで分かれます。

 

 

子供・赤ちゃん

 

 

 

子供の時は転んで

 

 

顔の目の周りが紫色になり

 

 

殴られたような

 

 

青あざ目の腫れは

 

顔のあざが消えないと

 

 

病気なのか心配する人も少なくないです。

 

 

アザが出来るまでの時間は

 

 

個人差があります。

 

早く治すために、

 

過程には湿布などで冷やしたりしますが、

 

 

 

治る期間は人それぞれです。

 

知恵袋でもこの種のことがありますが。

 

 

赤あざは体の中で出血が起こるその他、

 

 

体内をめぐる血液が通る管が

 

正常でなく増えたもので赤あざや、

 

生まれつき血管の形が

 

正常ではない血管が

 

正常ではなく集まっているのです。

 

 

コメント

  1. けいこ より:

    あざのも種類がありますものね。

テキストのコピーはできません。