Amazonでのdポイントの使い方。ドコモ以外、pc、dポイントモール、反映、設定、期間限定、キャンペーン

スポンサードリンク
 





Amazond払いを利用する時に、dポイントを使うことが出来ます。

支払いの時にdポイントを使うには、

 

事前に設定をしておく必要があります。

 

Amazondポイントを利用した場合、

 

アマゾンからドコモに

購入情報が到着した時点で

 

dポイントが使用されます。

 

商品の配送がある場合は、

 

商品発送手続きが完了してからdポイントが使われます。

 

 

そこで今回は

Amazond払いを使う条件とメリット

d払いとdポイントのメリットとデメリット

・お得に溜まるキャンペーンを利用しよう!

dポイントについてよくある質問

・まとめ Amazonとdポイント

 

など紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク
 





Amazonでd払いを使う条件とメリット

 

 

d払いを使う条件>

 

Amazond払いを使うにはいくつか条件があります

 

支払う方法は

 

「電話料金合算払い」

 

のみが対象です。

 

 

これを選べるのは、

 

ドコモ回線を持っている

 

spモード契約者」です。

 

 

ドコモ回線を持ってない方は

Advertisements

 

Amazond払いが使えないです。

 

 

事前に「充当方法の設定画面」でdポイントを使うように設定しておく必要があります。

 

 

 

<メリット>

 

①dポイントの還元率が1

 

「町などの実店舗での買い物」と「ネットで買い物」では

 

d払いによる

 

還元率は異なります。

 

 

 ・実店舗の場合:200円(税込)につき1ポイントが溜まり、還元率が0.5%です。

 

 

 ・ネットで買い物の場合:100円(税込)につき1ポイントが溜まり、還元率が1%です。

 

 

 

期間や用途限定ポイントも利用可能

 

 

dポイントには、一般的な

 

dポイント」と「dポイント(期間や用途限定)」

 

2種類があります。

 

 

 

 ・一般なdポイント:有効期限はポイント獲得月から48か月後の月末で用途を問いません。

           

 ・dポイント(期間や用途限定):獲得サービスによって異なり、用途も限られます。

 

 

※支払いにdポイントが不足している場合や

 

更にポイントが貯めたい場合は

 

ポイントサイトの利用がおすすめです。

 

 

 

 

pcAmazonの商品購入してd払い>

 

pcAmazonの商品購入した場合、

 

支払いはd払いが出来ます。

 

 

やり方は

 

Amazonにアクセス

 

・画面右上の「アカウント&リスト」から「お支払方法」を選択する。

 

 

 

d払いとdポイントのメリットとデメリット

 

 

商品を購入する時に

 

d払いとdポイントで

 

購入する方法があります。

 

 

d払いとdカードのどっちが得なのか

 

メリットとデメリットで見てみましょう。

 

 

 

◎d払い

 

 

<メリット>

 

dポイントの三重取りが出来る

 

d払いのポイント高倍率還元キャンペーンがある

 

dポイント支払いに使える

 

・電話料金合算払いが出来る

 

・ドコモ以外でも使える

 

・使えるお店が多い

 

・決済が簡単

 

 

 

<デメリット>

 

・アプリをダウンロードする必要がある

 

電話料金合算払いは限度額が低め

 

・クレジットカード登録時に本人認証が必要

 

 

※dポイントにも期間限定のポイントがあります。

 

早めにポイント使わないと

有効期限が過ぎ

使えなくなります。

 

 

 

 

◎dカード

 

<メリット>

 

 

・ドコモ以外でもdポイントモール、特約店でポイント倍増

 

dポイントクラブのステージアップで優待サービスが受けられる

 

・「dポイントGOLD]ならドコモ携帯料金の10%がポイント還元

 

 

<デメリット>

 

 

dポイントをメインで貯めている方でないと

 

メリットを感じない

 

という事だけです。

 

d払い dカード どっちが得なのかは、

 

それぞれ使いかたで

 

変わってくるのではないでしょうか。

 

 

 

お得にdポイントを貯めるキャンペーンを利用しよう!

 

 

Advertisements

期間限定など問わず

 

Amazondポイントをお得に貯めることができる

 

キャンペーンが実施されています。

 

 

<いつでもdポイント3倍還元>

 

NTTドコモ主催の期間限定キャンペーンです。

 

ギガホやギガライト契約者で

 

「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」

 

の申し込み者が対象です。

 

ドコモ以外は出来ません。

 

 

エントリー後に

 

Amazond払いを利用すると

 

普段の3倍のdポイントが還元されます。

 

普段貰える

 

100円につき1ポイント」に加え

 

「キャンペーンポイント2ポイント」

 

を追加獲得できます。

 

 

 

d払いお買い物ラリー参加でポイントアップ>

 

 

毎月開催されるキャンペーンで、

 

一定条件を満たすと

 

ポイントを獲得できます。

 

レシートに記載された

 

「ご利用日」がキャンペーン期間内であれば、

 

加盟店1店の利用で10%、

 

2店以上の利用で

 

最大30%還元されます。

 

 

 

<毎週金曜、土曜日は最大+5%還元>

 

 

「毎週おトクなd曜日」では、

 

毎週金、土曜日に

 

最大+5%還元を受けられます。

 

エントリーして対象サイトで

 

d払いすると

 

2%分のキャンペーンポイントを追加で獲得できます。

 

さらに3サイト以上でd払い合計

 

5%分のキャンペーンポイントを追加で貰えます。

 

 

<注意点>

 

Amazondポイントを使う方法として

 

知られているのが

 

d払い」ですが、

 

使えないものがあります。

 

それは「Amazonギフト券」です。

 

 

各キャリアの「携帯決済」を利用した

 

Amazonギフト券」の購入は

 

できないルールになっています。

 

 

 

d払い獲得ポイント反映時期>

 

 

・通常に場合:決済完了と同時

 

・キャンペーン利用の場合:一般的に利用してから12か月程度かかる

 

 

 

dポイントについてよくある質問

 

 

Amazond払いとクレジットカード払いはどちらが得?

 

dポイントを貯めている

 

ドコモユーザーもしくは

 

dカード利用者の場合は、

 

確実にd払いがお得です。

 

それ以外の方は

 

クレジットカードで良いです。

 

 

dばらい残高とは何ですか?

 

ドコモ口座にチャージした残高です。

 

これは銀行口座や

 

セブン銀行ATMコンビニの

 

マルチメディア端末から

 

チャージ可能です。

 

 

d払いの不足分は現金で支払うのは可能?

 

d払いの場合ポイントのみの支払いなので

 

不足分を現金で支払うことは出来ません。

 

 

 

まとめ Amazonとdポイント

 

 

Amazond払いを利用する時に、

dポイントを使うことが出来ます

 

支払いの時にdポイントを使うには、

 

事前に設定をしておく必要があります。

 

Amazond払いを使うにはいくつか条件があります。

 

知恵袋にもdポイントについての記述がありますが

 

先程紹介したように

 

メリットも合わせて参考にして下さい。

 

dポイントの使い方のポイントとしては

d払い」です。

 

ポイントを貯めることで

 

Advertisements

色々な商品などが

 

d払い」で購入することが出来ます。

 

ここで注意しないといけないのは

 

dポイント不足時に不足分は

 

現金で払えないことです。

 

今回お伝えした

 

「お得に溜まるキャンペーンを利用しよう!」

 

dポイントについてよくある質問」

 

を参考にしてみて下さい。

 

そうすれば、

効率よくポイントが貯められ、

d払いでのショッピングが楽しくなります。

 

テキストのコピーはできません。