AIは人間を超えられるのか?藤井聡太棋士から考える。AI越えの一手。AIが人間を超える日。

スポンサードリンク
 





AIとは英語で『Artiricial(人工的な) Intelligence(知能)』

 

の頭文字をとってそうよばれています。

 

 

現代社会で目まぐるしい活躍を見せているAI。

 

 

自動車の自動運転システムや

 

Google翻訳などにも使われていますね。

 

 

そんな必要不可欠になったAIは

 

果たして人間の知能を上まってしまうのでしょうか。

 

 

 

また人間を超える日はやってくるのでしょうか。

 

人間を超えるのはいつなのか結論から言いますと、

 

 

2045年に人間を完全に超えてしまうと

 

予想はされていますが

 

現段階ではまだ人間を超えられません。

 

 

というよりも

 

 

人間がAIを作っているあいだは

 

超えられないでしょう。

 

 

また、AIが人間を超えられないと

 

証明した出来事が最近ありました。

 

 

そうです。

 

 

2020年に流行語大賞になった”AI超え”の一件です。

 

 

ではAI超えとは何なのか簡単に説明していきます。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 





話題になったAI超えとは、歴史に刻んだ棋聖戦

 

 

将棋AIはその都度形勢判断をし、

 

 

最善手を指していくプログラムです。

 

 

 

この将棋AIの精度は非常に高く、

 

 

 

プロ棋士相手に勝ち越すなど

 

様々な勝利を収めてきました。

 

 

最近では将棋電王戦というものが行われるようになり、

 

将棋界でのAIは注目の的でした。

 

 

 

しかしこのAIですら

 

手を焼いた対局をAIよりも

 

早く答えをだし、

 

 

 

Ai超えといわれ流行語大賞のもなった人がいます。

 

 

 

皆さんもご存じでしょう。

 

藤井聡太棋士です。

 

 

 

 

 

AI超えとは棋聖戦五番勝負第2局、

 

渡辺明棋聖に挑んだ

 

藤井聡太七段が指した

 

58手目・31銀の一手のことです。

 

 

 

 

対局AIが6億手を読んで出した

 

 

 

この最善手を藤井七段は

 

 

 

わずか23分で導き出したことから

 

AI超えの一手と呼ばれるようになります。

 

 

 

 

この方は上記の一局だけでは終わりません。

 

トレンド入りを果たした

 

 

“41銀”というワードをご存じでしょうか。

 

 

 

竜王戦、藤井聡太二冠と松尾歩八段の

 

 

対局中終盤のできごとです。

 

 

 

 

『人類には指せない手』として

 

 

AIが導き出した棋譜がまさしく41銀。

 

 

 

人間ならば誰しもが

 

 

 

 

84飛とするところを

 

 

藤井二冠はAIと同じく41銀と打ち、

 

勝敗を決める神の一手となりました。

 

 

 

 

 

AI優位とされていた

 

認識を覆す一件になったのです。

 

 

 

 

まだ見ていない方がいましたら

 

part1、part2、part3とわかれている

 

動画もあがっているのでぜひ見てみてください。

 

 

 

 

 

進化していく知能

 

 

 

 

AIは1956年に発表されてから

 

今日まで目まぐるしい進化を果たしてきました。

 

 

日々進化をしていき

 

人間との共存を育んできています。

 

 

 

 

 

AIはおおきくわけて2パターンあります。

 

 

 

1つは自動選別AIです。

 

 

主に物体などを仕分ける際に

 

使われるプログラムです。

 

 

農家や漁業、工場などで

 

使用され商品を選別します。

 

 

 

 

もう一つは自立型自動学習AIです。

 

こちらはこれからの世の中を

 

大きく変えるものとなるでしょう。

 

 

 

現在人が作っている

 

プログラムを自動化したり

 

先ほどの将棋AIのように

 

自動で解析、

 

分析したりと

 

幅広い活躍をしています。

 

 

 

 

皆さんが指し示すAIはどちらかというと

 

後者のほうをさすのではないでしょうか。

 

 

 

 

AIとは突き詰めれば

 

突き詰めるほど

 

 

 

利便性と倫理性に話が入っていきます。

 

 

 

 

人間に近づくほど

 

 

倫理観というものを

 

提唱し利便性を求めるだけの

 

機械ではなくなっていくのです。

 

 

 

 

人間が作り出したAIはまだ欠点だらけです。

 

 

 

声が嫌いなんて意見もあがっています。

 

 

 

皆が夢見るAIとははたしてどのようなのでしょうか。

 

 

かの有名な猫型ロボットのように

 

時空を超え、

 

次元を超え

 

人に愛を伝えにくる存在でしょうか。

 

 

 

今世の中は躍起になって

 

 

このAIを人間に近づけようとしています。

 

そこである一つの問題が生じました。

 

 

そうです。2045年問題です。

 

 

 

 

 

AIが人間を超える日。2045年問題とは。

 

 

 

現代の文化ではまだまだ人間が主役です。

 

 

しかし将来、AIが人間を超越し

 

 

文化の主役になると

 

 

予想されるようになりました。

 

 

 

皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

2045年に人工知能の性能が

 

人類の知能を超える、

 

aiが人間を超える日と予測され、

 

技術的特異点とよばれていることを。

 

 

 

この可能性を提唱したのは

 

 

1990年頃のアメリカ人レイ・カーツワイル氏です。

 

 

 

当時彼は“インターネットの普及”、

 

“コンピューターがチェスの試合で勝利”

 

 

 

といった未来のAI技術の発展を的中させており、

 

 

 

 

この技術的特異点の提唱は

 

現実味をおびました。

 

 

 

そうしてAIが人間を超えてしまうと危惧し

 

この技術的特異点を

 

2045年問題と呼ぶようになったわけです。

 

 

 

 

 

2045年問題が実際におきた場合、

 

 

どのような変化があるのでしょう。

 

 

 

一番おおきな問題とされているのは

 

仕事がなくなるということ。

 

 

AIの発達により

 

 

 

人類が働くことがなくなり

 

 

 

映画のような世界にかわってしまうと考えられています。

 

 

しかし本当に仕事がなくなってしまうのでしょうか。

 

仕事がなくなるのではなく

 

変わっていくとかんがえます。

 

 

 

働くという意味を理解し

 

 

常に発展してきたのは人間です。

 

 

大丈夫です。

 

仕事の内容が変わっていくことはあっても、

 

なくなることはゼロに近いでしょう。

 

 

AIが進化していくのと

 

同様に人類の仕事も進化していくのです。

 

 

様々な研究所で

 

 

これからなくなる仕事、

 

残っていく仕事の研究結果も発表されています。

 

 

詳しく知りたい方は

 

調べてみるのもおもしろそうですね。

 

 

 

 

aiが人間を超える日

 

 

 

人間の生活には欠かせなくなったAI。

 

 

AIが進化していき

 

 

人類を超えるといわている技術的特異点。

 

 

 

色々と議論されている中でも

 

 

藤井七段のように

 

AIにはまだ負けないと

 

証明してくれていることもあります。

 

 

またAIを作るのは人間です。

人間を超えないのが基本です。

 

 

しかし内容次第ではAIが人間を超える日が来ます。

 

 

AIとともに共存するために

 

 

人間の生活のあり方も変わっていくと考えています。

 

 

AIが道具ではなく

 

人類と同じように並んで生活する日も

 

 

そう遠くない未来に訪れるかもしれませんね。

 

 

テキストのコピーはできません。