エアコンの1時間あたりの電気代の比較。冷房、暖房。など紹介

スポンサードリンク
 





エアコンにかかる電気代や冷房と暖房を使った時の

 

比較などを紹介します。

 

 

またエアコンの電気代を

 

 

節約するコツも紹介するので

 

参考にして下さい。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 





1時間あたりにかかる電気代はいくら?古いエアコンは?

 

 

 

 

冷房と暖房を1時間あたり、

 

どのくらいの電気代がかかるのか比較してみましょう。

 

 

まず1時間あたりの電気代の計算式ですが

 

 

 

 

 

電気代(円)=消費電力(kw×27(電気料金目安単価:円)

 

 

 

 

家庭用のエアコン6畳タイプと

 

 

業務用20畳タイプの

 

 

1時間あたりの電気代の比較をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

<ダイキンエアコン>

 

 

 

 

家庭用

 

 

 

 

 

冷房:0.5kw(定格消費電力)、105920kw(最小~最大消費電力)、27円(電気料金目安単価)

 

 

・暖房:0.5kw (定格消費電力)、1101840kw(最小~最大消費電力)、27円(電気料金目安単価)

 

 

 

 

 

 

業務用

 

 

・冷房:3.26kw(定格消費電力)、176銭(夏季電力料金)

 

 

・暖房:3.42kw (定格消費電力)、1551銭(その他季節電力料金)

 

 

 

 

 

 

冷房 暖房
家庭用(6畳) 13.5

(定格消費電力時)

24.8

(最大消費電力時)

業務用(20畳) 56 53

 

 

 

 

家庭用の冷房は定格消費電力時、

 

暖房は最大消費電力時で計算しています。

 

 

 

 

暖房使用時の方が消費電力が掛かります。

 

 

 

目安の金額です。エアコンの機種や設定温度などで変わってきます。

Advertisements

 

 

 

 

 

気になるのが古いエアコンの電気代ですが、

 

こちらも見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

8畳タイプのエアコンの場合(1時間当たり)

 

 

 

 

 

消費電力 電気代
最新エアコン 605kw 16.34
10年前のエアコン 755kw 20.39
15年前のエアコン 1080kw 29.16

 

 

 

 

 

古いエアコンは、

 

 

安定運転するまでに時間が掛かるので

 

 

電気代が高くなる傾向です。

 

 

 

 

エアコンが古くなると消費電力が上がり、

 

 

 

電気代がかかってしまいます。

 

 

電気代が高く感じる場合は、

 

 

買い替えた方が良いかも知れませんね。

 

 

 

 

 

エアコンを夏につけっぱなしにするとどうなる?

 

 

 

 

エアコンをつけっぱなしにした時の

 

メリットとデメリツトを紹介します。

 

 

 

 

 

 

<メリット>

 

 

不快な思いを軽減

 

 

 

 

一番のメリットは、

 

 

不快感の軽減です。

 

 

 

例えば真夏の暑い日に、

 

 

クーラーをつけっぱなしにすると

 

 

 

 

部屋は冷えているのでとても快適です。

 

 

 

 

 

 

消し忘れのストレスがない

 

 

 

 

節約したいと思うほど、

 

 

Advertisements

エアコンの稼働が気になります。

 

 

しかしつけっぱなしの習慣だと

 

 

消し忘れることはありません。

 

 

 

 

つけっぱなしなので

 

 

消し忘れによるストレスはないでしょう。

 

 

 

 

 

 

睡眠の質を低下させずに済む

 

 

 

エアコンにはタイマーがあり、

 

 

 

就寝中でも停止することが出来ます。

 

 

しかし停止した後暑さや

 

 

 

 

寒さによって目が覚めることがあります。

 

 

 

つけっぱなしにしておけば

 

 

温度変化によって目を覚ますことが

 

 

 

 

無いので睡眠の質を低下させずに済みます。

 

 

 

 

 

 

 

<デメリット>

 

 

 

 

体調不良になりやすい

 

 

 

エアコンをつけっぱなしにすると

 

 

体調不良に陥る場合があります。

 

 

 

睡眠中は体温を放熱しやすく、

 

 

 

 

 

必要以上に体温が低下するので

 

 

 

倦怠感が生じると考えられます。

 

 

 

また空気が乾燥するので肌の乾燥や

 

 

 

 

のどの痛みなども感じるかもしれません。

 

 

 

 

 

火災のトラブル

 

 

 

就寝中や外出の時につけっぱなしにすると

 

 

火災の恐れがあります。

 

 

 

火災の主な原因は、

 

 

コンセントと

 

 

プラグの間の

 

 

 

ホコリが溜まってしまう事が挙げられます。

 

 

 

 

 

エアコンの電気代を節約するコツ

 

 

 

 

エアコンの電気代を

 

 

節約したいと考えている方も多いと思います。

 

 

 

電気代の節約するコツを紹介します。

 

 

 

 

 

 

扇風機の併用

 

 

 

 

クーラーの冷たい空気は部屋の下、

 

 

暖房の暖かい空気は

 

 

部屋の上の方に溜まってきます。

 

 

 

 

エアコンは上に付けられていることが多く、

 

 

 

 

クーラー起動時は部屋の温度が高いと判断し、

 

大きい力で冷やそうとします。

 

 

 

そこで扇風機などで

 

 

空気を循環させることで

 

 

部屋の温度が均一化され電気代が節約できます。

 

 

 

 

 

 

自動運転モードを利用

 

 

 

電気代を節約しようと

 

 

微風や弱運転に設定してしまいがちです。

 

 

そこでおススメなのが自動運転モードです。

 

 

 

部屋が冷えるまで強風で、

 

 

 

部屋が冷えると

 

 

微風に切り替えてくれます。

 

 

 

節約したい場合は、

 

 

 

むやみに設定をいじるのではなく、

 

 

自動運転を利用するようにしましょう。

 

 

 

 

 

室内機のフィルターの掃除

 

 

 

 

エアコンのフィルターに

 

 

ほこりなどが溜まると

 

 

 

運転効率が低下し、

 

 

余分な電気を必要とします。

 

 

 

 

定期的にフィルターの掃除をすることで

 

 

510%の省エネ効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

冷房や暖房などで1年中使っているエアコンですが、

 

 

 

電気代はどのくらいかかっているのか。

 

 

 

正直気になるものです。

 

 

 

また夏の冷房と冬の暖房は

 

どちらが電気代がかかるか。

 

 

 

 

エアコンの電気代を減らしたいけど色々な情報があり、

 

 

 

正しい節電方法や省エネエアコンの選び方が

 

 

 

分からないという悩みがあると思います。

 

 

 

北海道などは

 

 

セントラルヒーティングの普及がありますが

 

こちらも料金が気になります。

 

 

 

暖房と冷房の比較をして

 

 

 

冷房と暖房を1時間あたり、

 

 

どのくらいの電気代がかかるのか比較してみました。

 

 

家庭用に関しては

 

 

 

暖房の方が電気代がかかっています。

 

 

 

業務用エアコンに関しては

 

 

あまり変わらない様でした。

 

 

 

古いエアコンの電気代も調べてみましたが、

 

 

 

 

古くなるほど電気代がかかってしまいます。

 

 

これはエアコンが

 

 

安定運転するまでに時間が掛かるからです。

 

 

 

 

 

エアコンをつけっぱなしにした時の

 

 

メリットとデメリットを紹介しました。

 

 

つけっぱなしにすると快適に

 

 

過ごせますが、

 

 

 

デメリットとして火災のリスクがあります。

 

 

 

 

就寝中や外出する時は消すことをおすすめします。

 

 

 

 

Advertisements

電気代を節約する方法をいくつか紹介しましたが、

 

 

 

一番効果が期待できるのが

 

 

フィルターのこまめな掃除です。

 

 

 

 

定期的にフィルターの掃除をすることで

 

 

510%の省エネ効果が

 

期待できるので実施してみましょう。

 

 

 

 

 

今回はエアコン1時間にかかる電気代などを紹介しました。

 

 

メーカーや設定温度などで電気代は変わってきますが、

 

 

やはり暖房を使用した方が電気代がかかります。

 

 

 

電気代の節約のコツを紹介しているので試してみて下さい。

 

 

 

コメント

  1. ひへ より:

    電気代って高い

テキストのコピーはできません。